パプリカ面白い?つまらない?やばい?怖い?おすすめ映画?評価評判は?ネタバレなしのあらすじや無料動画配信サイト紹介!

おすすめスマホアプリ

 

2006年に公開され話題となった映画パプリカ』。

 

そんな『パプリカ』は本当に面白いのか?オススメで観る価値があるのか?などについてまとめました!

 

また『パプリカ』を無料で視聴する方法も併せてご紹介していきます。

Contents

映画『パプリカ』を無料で見る方法は?無料動画配信サイトはある?

悩んでいる人
『パプリカ』を無料で見たい。

 

そんな方もいると思います。

 

調べたところ、動画配信サービス『U-NEXT』にて『パプリカ』が配信されていることが判明しました。

 

※『U-NEXT』には、無料体験期間があるので、無料で視聴することが可能です。

 

配信サービス配信状況無料期間

U-NEXT

配信中!31日間

Hulu

×14日間
WATCHA×31日間
FOD×14日間
Paravi×14日間

 

『U-NEXT31日間無料体験』は新作マンガや新作映画の購入に使用できる600円分のポイントを登録時にタダ貰えるので、特にオススメです!『パプリカ』は見放題作品ですので、ポイントは不要です。

 

安心、安全、そして高画質で『パプリカ』を無料視聴したい方は、『U-NEXT』一択です。

 

 

映画以外のエンタメ紹介!

映画もいいですが、漫画も面白いですよ!

 

昨今、各出版社が漫画アプリに力を入れており、連載中のマンガでも漫画アプリを通して無料で読むことができます。

 

例えば小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンが特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • うしおととら
  • 双亡亭壊すべし
  • マギ
  • 烈火の炎
  • ARMS
  • スプリガン
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 天野めぐみはスキだらけ!
  • くノ一ツバキの胸の内
  • 結界師
  • チ。地球の運動について
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • MIX
  • クロスゲーム
  • KATSU
  • ラフ
  • ジャガーン
  • トニカクカワイイ
  • 古見さんはコニュ症です
  • ダンスダンスダンスール
  • 九条の大罪
  • 土竜の唄
  • 魔王城でおやすみ
  • アオアシ

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • アフロ田中
  • 土竜の唄
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • 青のオーケストラ
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • バトルグラウンドワーカーズ
  • 出会って5秒でバトル
  • チ。地球の運動について
  • モブサイコ100
  • 教え子がAV女優、監督がボク。
  • 釣りバカ日誌
  • ゾン100
  • 裏バイト逃亡禁止
  • 美味しんぼ
  • 医龍
  • イキガミ
  • 闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説
  • 九条の大罪

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方はダウンロードしてみてはいかがでしょうか?(ダウンロードする際もお金は一切かかりません)

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

映画『パプリカ』あらすじ紹介!ネタバレなし

2006年に公開された本作は、同名のSF長編小説「パプリカ」が原作のアニメーション映画です。

 

天才科学者の時田が発明した画期的なテクノロジー「DCミニ」。

 

他人の夢を共有できるというその装置は、神経症などに悩む人の夢に入り込んで原因を解決するサイコセラピーに使われていました。

 

夢に入り込んで夢を分析、治療するのは、夢の女「パプリカ」。

 

ところがある日、何者かによりDCミニが3機盗まれるという事態が。

 

そしてDCミニが盗まれたことをきっかけに、おかしな言動をする人が現れたり、現実世界が奇妙なイメージに侵食される現象が発生します。

 

はたしてパプリカは、現実と夢のような虚構が入り混じったカオスの世界の秩序を取り戻すことができるのでしょうか?

 

サブタイトルは、「夢が犯されていく」。

 

本作は、世界3大映画祭であるベネチア国際映画祭に選出される快挙を果たしました。

『パプリカ』は面白い?つまらない?やばい?怖い?おすすめ?見どころ紹介!

先に結論、『パプリカ』は面白いです!

 

つまらないと感じる方も多少はいるのかと思いますが、個人的には好きな映画で、やばい映画でもあります!

 

そんな『パプリカ』の見どころを5つご紹介いたします!

見どころ① フロイトとユングの「夢」に関する研究

学術書に出てきそうな言葉を知っておく必要はなくても、フロイトとユングの夢に関する研究について前情報があると、本作「パプリカ」がより面白く感じるかもしれません。

 

夢を題材にした本作を読み解くうえで知っておきたいのが2人の世界的精神科医、フロイトとユングの夢に関する研究です。

 

フロイトは著書「夢診断」で、「人間の心には個人の記憶や体験から生まれた無意識の領域があり、その無意識の領域にこそ人間の本質がある。」と発表しています。

 

夢は個人の願望や欲望の表出であるとしたフロイトに対しユングは夢には人類共通のイメージがあるとしました。

 

ユングは、「人が無意識状態で見る夢は、個人の記憶や体験に拠らないイメージも存在している。無意識は個人の記憶だけで作られるものではなく、人類が共有している脈々と受け継いできたイメージも含まれている」と考えたのです。

 

ここでポイントになるのは、映画パプリカにおいても、個人の精神治療の域をでることはないだろうという考えと、共有するイメージが存在しているというふたつの考えがあり、フロイトとユングの議論に基づいた映画になっているということです。

 

「個人的無意識」のフロイトと「集合的無意識」のユング。

 

物語のアイデアやイメージは、そういった夢の解釈から作り上げられています。

見どころ② ギリシャ神話から紐解くメッセージ

DCミニの’’DC’’の由来は諸説ありますが、一説にはD=ダイダロス、C=コレクターではないかと言われています。

 

ダイダロスはギリシャ神話に登場する発明家でラビリンス(迷宮)を作った人としても知られているため、夢をラビリンスに例えたのかもしれません。

 

物語の中盤でもオイディプスとスフィンクスの絵画が複数回出てくるあたり、本作はギリシャ神話をフィーチャーしていることがうかがえます。

 

オイディプス王のお話は古代ギリシャ三大悲劇として知られていますが、

「ひとが自身を知ることや知性が何かを解き明かすことは果たして幸福なのだろうか?」

 

というメッセージとして使用されているのではないでしょうか。

 

オイディプスがスフィンクスのなぞなぞを解いている場面の絵画は、知性による文明にはトラップがある。というひとつの啓蒙(けいもう)の代表格とも言えるでしょう。

 

古代神話にはアダムとイブにもみられるように、人が知恵を得ると災いをうむという考えかたがあるようですね。

見どころ③ 夢の混入と夢の集合体

 

物語序盤の早い段階から、現実との境目が分からないままいつの間にか「夢と現実が混ざりあってしまう」シーンが見るひとを混乱させますが、

 

私たちは、触れていなくてもすべすべの赤ちゃん肌を触っている感覚がわかるように、目の前の海を見てください。と言ったら多くの人は現実にない海を目の前に見ることができるように、脳の認知の仕組みを考えるとあり得ないことではないように思えてきます。

 

装置をつけている人の夢を共有できるというDCミニですが、他人の意識に入り込んで、その人の思考や行動を変えることができるという恐ろしい一面を兼ね備えています。

 

接触を受けた人の夢はつぎつぎに飲み込まれ増殖しながら巨大な妄想になりました。

 

不気味な人形たちの行進やカオスのように渾々としたイメージの世界観は、よく分からないし怖いと感じる理由のひとつではないでしょうか。

 

ところが21世紀に生きる私たちは、すでに現実と虚構イメージの混じり合った、例えばARやVRのような技術を体験することも珍しくありません。

 

現代において現実と虚構はハッキリと区別できるようなものではなく、等価のものとして混在している。そんな世界を先取りして描いたのが本作です。

 

そう考えると「他人が頭の中に描いたイメージや、他人が考えた意識が、混雑した世界に生きている。」というのを渾々とした不気味なイメージで描いた本作に、なんとなく妙に納得した感覚をおぼえるかもしれません。

 

『パプリカ』登場人物紹介!

千葉 敦子(ちば あつこ)

精神医療総合研究所で働く研究員。

 

DCミニの開発に携わり、真面目で才色兼備な性格です。

 

また、普段の性格とは相反して明るく社交的な性格で、患者の夢に現れてはサイコセラピー治療をする夢探偵「パプリカ」としての一面も持っています。

 

天才科学者と称される時田とは同僚で、唯一気を許している存在。

パプリカ

DCミニをつかって他人が夢で見ている世界に入り込むことで、精神の治療を行う夢探偵。

 

夢の女とも言われるパプリカは千葉敦子のもうひとつの姿ですが、言動や見た目も敦子とはうってかわって親しみやすく明るい性格の女の子。

 

夢の中で自由に姿を変えることができます。

 

DCミニがまだ開発段階で未認可の医療装置であることに加えて、「夢という聖域に踏み込むこと自体が冒涜的」だとする理事長の乾は、DCミニの精神治療をあまり快く思っていないため、パプリカも表だった行動ができずにいます。

時田 浩作(ときた こうさく)

精神医療総合研究所で働く研究員で、天才科学者。

 

天才肌で子供の心のまま大人になった科学オタク。

 

夢を共有する装置DCミニの開発者です。

 

「友達と同じ夢を一緒にみられるのすてきだよね。」と純粋な気持ちで自身の開発を語ります。

 

敦子の同僚で、「あっちゃん」と呼ぶ仲の敦子に辛辣なことを言われても受け止められるほどお互い気を許している存在です。

島 虎太郎(しま とらたろう)

精神医療総合研究所の所長。

 

DCミニ開発担当責任者で、2年前にパプリカに抑うつ症を治してもらった過去があります。

 

DCミニが盗難にあったと発覚したその日、何者かによるDCミニの悪用が原因で不可解な事を口走りながら研究所から飛び降りて大怪我を負ってしまいます。

 

粉川警部とは大学の同級生で当時から仲が良く、今も交流があります。

粉川 利美(こながわ としみ)

島所長と同級生で現役の警察官。

 

原因不明の不安神経症を患っており、島所長を通じてパプリカのサイコセラピーを秘密裏に受けています。

 

DCミニ盗難に伴い渾々とした夢の世界に巻き込まれてしまいますが、事件を通して不安神経症とトラウマの原因を次第に突き止めて克服していきます。

乾 精次郎(いぬい せいじろう)

精神医療総合研究所の理事長。

 

車椅子に座った風貌からもマインドを操作することで知られているプロフェッサーXを彷佛させます。

 

小山内と氷室をつかってDCミニを盗み出した今回の事件の黒幕。

 

「不祥事の背後にあるのはおごりと怠慢」という自身の言葉のとおり、夢の世界の秩序を保つという大義のもと、誇大妄想患者の夢という惨事を引き起こしてしまいます。

氷室 啓(ひむろ てつ)

精神医療総合研究所の職員で時田の助手。

 

DCミニを盗難した犯人のひとりですが、普段は実直で研究に熱中する時田とよく似た性格だと言われています。

 

一人暮らしのマンションの一室は、氷室が作った人形が部屋を覆い尽くしており同性愛者の雑誌が置かれていたりと異様な雰囲気。

 

時田と共にDCミニの開発に携わっていましたが、時田の才能に嫉妬し盗難事件をおこした後、共有された夢に侵されて昏睡状態になります。

小山内 守雄(おさない もりお)

精神医療総合研究所の研究員。

 

敦子に好意を抱く一方で、自分はいくら頑張ってもかなわないので敦子や時田が憎いと思ってしまうことがあると打ち明ける場面も。

 

DCミニを盗難した犯人のひとりで、理事長の駒としていいように使われています。

 

力ずくで敦子を自分のものにしようとしますが、理事長が敦子の首を絞め殺そうとすると、必死に抵抗して敦子を守り抜こうとします。

映画『パプリカ』キャスト紹介!

原作:筒井康隆(つつい やすたか)

1934年9月24日生まれの「時をかける少女」などで知られる小作家。

 

SF御三家作家のひとりとしても称されています。

監督:今敏(こん さとし)

1963年10月12日生まれの日本のアニメ監督・漫画家。

 

大友克洋のアシスタントとして働いていた過去も。

 

日本国内だけでなく、その功績は海外からも高い評価があり世界中に数多くのファンを持ちます。

声優:林原めぐみ(ちば あつこ・パプリカ役)

1967年3月30日生まれの女性声優。

 

人気声優として多彩な分野で活躍しており、第3次声優ブームの代表的な人物です。

声優:古谷徹(ときた こうさく役)

1953年7月31日生まれの男性声優。

 

代表作は、「巨人の星」「機動戦士ガンダム」「ドラゴンボール」「聖闘士聖矢」「美少女戦士セーラームーン」などがあります。

声優:堀勝之裕(しま とらたろう役)

1941年8月1日生まれの俳優・男性声優。

 

渋みのあるかっこいいハイバリトン声質の男役として知られています、

声優:大塚明夫(こながわ としみ役)

1959年11月24日生まれの男性声優。

 

洋画の吹き替えにおいて数多くの作品に出演しており、お父さんは役者で声優の大塚周夫。

声優:江守徹(いぬい せいじろう役)

1944年1月25日生まれの俳優・男性声優。

 

タレントやナレーター、劇作家、演出家としても活躍。

声優:坂口大助(ひむろ てつ役)

1973年10月11日生まれの男性声優。

 

代表作は、「創聖のアクエリオン」「機動戦士Vガンダム」「銀魂」などがあります。

声優:山寺宏一(おさない もりお役)

1961年6月17日生まれの男性声優。

 

タレントやナレーター、ラジオパーソナリティとしても活躍。

 

映画『パプリカ』の感想!世間の評価評判は?

『パプリカ』を見るとトラウマになる?

不可解で不気味な渾々とした夢の世界が題材の本作は、意味不明で気味が悪いと感じることもたしかにあるでしょう。

 

一方で、ストーリーの内容や解説の視点で本作を見直すと、普段私たちが夢で見る奇妙な世界観がいかにうまく描かれているのかに気付かされます。

 

のちの2010年に公開された映画「インセプション」もパプリカに発想を得たように、サイエンスフィクションとしての設定など、科学がさまざまな領域に踏み入ろうとしている現代に生きる人たちへのメッセージとしてみると、新しい発見がありそうです。

『パプリカ』地上波放送はあるのか?

直近の地上波放送の予定は見当たらないものの、2022年前半の2月には日本テレビで深夜放送されました。

おすすめ記事