プルートゥ面白い?PLUTO漫画アニメおすすめ?感想や評価評判!作者・浦沢直樹

おすすめスマホアプリ

 

人気マンガプルートゥ(PLUTO)

 

そんな『プルートゥ(PLUTO)』は本当に面白いのか?オススメで買う価値があるのか?などについてまとめました!

オススメ漫画アプリ

集英社が運営する漫画アプリヤンジャンマンガMeeが特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • ヒロイン失格
  • ハニーレモンソーダ
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • 俺物語
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • ごくせん
  • アシガール
  • 椿町ロンリープラネット
  • NANA
  • アオハライド
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • 乙女椿は笑わない
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • これは経費で落ちません
  • ハル×キヨ
  • 悪魔とラブソング
  • 雛鳥のワルツ
  • きょうは会社休みます
  • ストロボエッジ
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • ママレード・ボーイ
  • 菜の花の彼-ナノカノカレ-
  • 花より男子
  • 消えた初恋
  • 銀魂
  • 宇宙を駆けるよだか

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は使ってみてはいかがでしょうか?

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『プルートゥ(PLUTO)』のあらすじ紹介!

漫画「プルートゥ」は、浦沢直樹によるSFアクション漫画です。

 

舞台は、ロボットと人間が共存している近未来の地球です。

 

ある日、世界最高水準のロボット7体のうちの1体である「モンブラン」が、バラバラに破壊されているのが発見されます。

 

同じ頃、ロボット法擁護団体の幹部である人間が殺害され、捜査に当たる刑事ロボットのゲジヒトは、この2つの事件が同一犯の仕業だと推測します。

 

ゲジヒトの捜査により、犯人は「プルートゥ」と呼ばれる謎のロボットであることが判明します。

 

プルートゥは、植物学者の青年ロボット・サハドが、品種改良を重ねた新種のチューリップから生まれたロボットでした。

 

しかし、プルートゥは自身の力を恐れたサハドによって封印されていたのです。

 

ゲジヒトはプルートゥの行方を追い、ついにその姿を捉えます。

 

しかし、プルートゥはゲジヒトを圧倒する力を持っていました。

 

そこで、ゲジヒトは少年ロボット・アトムの協力を求めます。

 

アトムとプルートゥの戦いは、激しさを増していきます。

 

そして、ついにアトムはプルートゥを倒すことに成功します。

 

しかし、プルートゥは最後の言葉として、ロボットと人間の共存の未来をアトムに託します。

 

この事件をきっかけに、ロボットと人間の関係は大きく変化していきます。

 

ロボットと人間が互いを認め合う、新たな時代が始まるのです。

 

「プルートゥ」は、ロボットと人間の共存をテーマにした作品です。

 

ロボットと人間の葛藤や、未来への希望を描いた、深いメッセージ性を持つ作品です。

 

漫画アニメ『プルートゥ(PLUTO)』は面白い?おすすめ?見どころ紹介!

先に結論、『プルートゥ(PLUTO)』は全巻読む価値アリに面白いです!

 

『プルートゥ(PLUTO)』の見どころを5つご紹介いたします!

面白い理由① 緻密なストーリーテリングとサスペンス

事件の謎解きは登場人物たちの過去や人間関係、個々の信念と深く結びついています。

 

謎解きのプロセスが単なる推理だけでなく、登場人物たちの内面や葛藤を浮き彫りにし、読者に感情移入を促します。

 

登場人物たちが直面する選択や苦悩は、物語の進行に一層のドラマを与えています。

面白い理由② SFの要素と人間ドラマの融合

未来の社会が科学技術の進歩によって描かれつつも、それに伴う人間の喜怒哀楽が丁寧に描かれています。

 

ロボットたちが抱える感情や個々のストーリーは、読者に現代社会の問題や倫理的なテーマを考えさせます。

 

この融合が作品に深い奥行きとリアリティを与えています。

 

面白い理由③ 主人公たちの探求心と成長

ゲジヒトとアトムの成長は物語全体を通して緻密に描かれています。

 

彼らの過去や内面への深い洞察が、彼らが抱える謎の解明と相まって読者に強い感銘を与えます。

 

登場人物たちが自らの課題に立ち向かい、変化していく姿勢は、読者に共感と感動をもたらします。

面白い理由④ 道徳的・倫理的テーマの掘り下げ

人間とロボットの関係性、人工知能の進化による社会的な課題に対する作者の深い洞察が現れています。

 

登場人物たちが直面する道徳的ジレンマや、人間社会がロボットに対してどのように反応するかという描写が、読者に未来社会の可能性やリスクについて考えさせます。

面白い理由⑤ 手塚治虫の巧みなアートワーク

手塚治虫のアートは、キャラクターデザインのみならず、コマ割りや表現技法においても独自性を放っています。

 

キャラクターたちの微細な表情や背景の細部までに込められた情熱が、読者に没入感をもたらします。

 

アートワークは作品の雰囲気やテーマ性を一層引き立て、手塚治虫の優れた表現力が「プルートゥ」を印象的な作品に仕立て上げています。

 

『プルートゥ(PLUTO)』登場人物紹介!

『プルートゥ(PLUTO)』の登場人物を紹介します。

ゲジヒト

 

物語の主人公、ゲジヒトは、平和維持軍として活躍し、ユーロポール特別捜査官ロボットとして難事件を解決しており、その一方で過去の記憶改竄によって悪夢やフラッシュバックに悩む複雑なキャラクターです。

 

人間型の彼は特殊な武器と機能を備えており、捜査中にはダリウス14世やアブラー博士との接触、ホフマン博士の身柄を保障する葛藤が描かれています。

 

彼のボディは特殊合金“ゼロニウム”ででき、電磁波や熱線を無効化する耐性を持っています。

 

ゲジヒトは「人殺し」としての過去、息子ロビタへの深い愛情、喪失感と向き合い、その中で自らの存在理由を模索しています。

 

プルートゥとの戦いでは、彼が元は心優しい青年ロボットのサハドだと見抜き、破壊命令を拒否してホフマンとの人質交換で見逃す場面も印象的です。

 

最終的には、息子アリに自らの結論を託し、憎悪が何も生まないことを理解しました。

 

ゲジヒトの内面の葛藤と成長が、物語に深みを与えています。

 

アトム

 

世界最高水準のロボットで、第39次中央アジア紛争では平和維持軍として活躍し、「平和の使者」として戦地で歓迎されました。

 

現在は日本のトーキョーシティーで家族と共に生活し、小学校に通っています。

 

アトムは世界最高水準のロボットの中で、トップクラスの人工知能を搭載しており、人間の感情を理解するように成長しました。

 

アトムの人工頭脳は次第に進化し、感情を自制し、人間に近い存在となっています。

モンブラン

 

世界最高水準のロボットの一員で、第39次中央アジア紛争では平和維持軍としてブランドやヘラクレスと共にペルシア軍のロボットを駆逐しました。

 

戦後はスイス林野庁に所属し、森林保護官としての役割を果たしつつ、山岳ガイドや遭難者の救助も行います。

 

戦争を嫌う姿勢や詩や歌を愛する温厚な性格から愛された存在でしたが、一連の事件で最初の犠牲者となり、その死は人間とロボットの両方に大きな影響を与えました。

 

特に戦友のブランドは彼の死を動機にプルートゥとの戦いに挑みます。

 

見た目は原作のものとあまり変わらない唯一のロボットでした。

 

ノース2号

 

ブリテン軍の総司令官アンドリュー・ダグラス将軍は、第39次中央アジア紛争後、音楽家ポール・ダンカンの執事として隠居。

 

トラウマに苦しみ、休眠時に苦悩しますが、戦争を嫌い、戦場に戻りたくないとの思いを抱きます。

 

ダンカンの母への誤解を解き、心を通わせます。

 

平穏な日々を過ごしていたが、プルートとの激闘で敗北し、ダンカンの曲を口ずさみながら四散しました。

 

戦闘用ロボットで、全身に様々な兵器を備え、ホバーで移動し、飛行も可能です。

 

エプシロン

世界最高水準のロボットであるエプシロンは、太陽の光を利用した光子エネルギーを動力源としており、第39次中央アジア紛争への参加を拒否しました。

 

戦争の根絶を理解し、光子エネルギーの破壊力を持ちながらも、それを守るためにのみ使用する姿勢を崩しません。

 

ペルシアでの戦後処理では戦災孤児達を引き取り、オーストラリアで一緒に生活しています。

 

苦しい過去や戦争の裏にある不穏な何かを感じつつも、彼の行動は子供たちに愛され、慕われています。

 

仲間からの理解を得た彼は、徴兵を拒否したエプシロンが正しかったと認められ、アブラーに対する警告やホフマンの救助に尽力しました。

ウラン

アトムの妹として、お茶の水博士によって製作された彼女は、少々強気で生意気かつ繊細な性格です。

 

高性能なセンサーを搭載しており、ある日公園で正体不明のロボットと出会い、事件に巻き込まれます。

 

アトムが意識不明になり、自身も深い「悲しみ」に暮れる中、天馬博士の計らいで再会します。

 

彼女は短めのツインテールをしたおしゃまそうな女児の姿をしており、戦闘能力はありませんが、感情の変化を敏感にキャッチする能力を持っています。

 

人助けに忙しなく従事し、感情の分析能力を活かしてさまざまなキャラクターと心を通わせています。

 

プルートゥ

サハドはアブラー博士により創られた人間型ロボットで、中東系の青年の姿をしています。

 

砂漠の祖国を緑化する夢を抱き、アムステルダム大学で植物学を学びました。

 

温厚で真面目な性格で、花畑の中で育てたチューリップに愛情を注ぐ一方で、「プルートゥ」という特別なチューリップに深い感情を抱いていました。

 

戦局が悪化し祖国へ帰国する中で、アブラー博士によって改造された「体」と対面。

 

この体は電子頭脳の遠隔操作システムを備え、憑依や自然の天候操縦が可能です。

 

しかし、プログラムされた「怒り」に支配された残忍な人格が表れ、サハドの温厚な性格は一部を除いて消え去りました。

 

彼は憎悪に支配されつつも、時折「サハド」の人格を見せることがありました。

お茶の水博士

アトムを管理整備するお茶の水博士は、アトムの妹であるウランの生みの親でもあります。

 

温厚な思考を持ち、「ロボットも同じく命を持つもの」との信念から、深いいたわりと愛情を抱く優しい性格の方です。

 

日本の科学省長官として活躍し、アトムを可愛がり、慕われる良き「おじいちゃん」です。

 

一人暮らしをする中で、ボラー調査団の元メンバーとして命を狙われることもあります。

 

天馬博士

本作におけるダークヒーロー、天馬博士は、アトムの生みの親で世界的な電子頭脳の権威です。

 

テンマ型チップの発明者で、ロボットに対する屈折した考えを抱えています。

 

元科学省長官であり、「完璧な頭脳」と称される彼は、息子トビオの死を乗り越え、アトムの修理や再起動を手がけました。

 

裏腹に深い愛情を抱きながらも、悩みと畏れを抱く天馬博士の姿勢が物語に深みを与えています。

アブラー博士

ペルシア王国出身の科学者で、「中央アジア最高の頭脳」と称される存在。

 

戦災で家族を失い、その悲しみと憎しみで満ち溢れています。

 

来日は国際会議出席の一環であり、真の目的は自作のロボット「プルートゥ」の捜索。

 

ペルシア共和国科学省長官に就任し、ゲジヒトと対面。

 

彼がダリウス14世と懇意であったことを明かし、後にサハドの生みの親であることが判明。

 

エプシロンとプルートゥを戦わせ、怒りや憎しみに動かされる姿が描かれます。

 

『プルートゥ(PLUTO)』アニメ化情報!

漫画「プルートゥ」のアニメ化は、2023年10月にNetflixで配信されました。

 

豪華スタッフ・声優陣が結集した本作は、手塚治虫の「史上最大のロボット」をリメイクした作品であり、海外でも高い評価を得ています。

 

海外の映画批評サイト「IMDb」では10点中8.9点、同じく海外批評サイトの「Rotten Tomatoes」では視聴者の評価は100%中97%と高評価を獲得しています。

 

世間では、アニメ化に対して、以下のような意見が寄せられています。

 

原作の魅力をそのままに、迫力のあるアクションシーンが描かれている。

 

ロボットと人間の共存というテーマが、現代社会にも通じる。

 

アトムの活躍が、ロボットと人間の理解を深めるきっかけになる。

 

また、アニメ化をきっかけに、原作漫画の再注目も高まっているようです。

 

具体的な意見としては、以下のような声が挙げられます。

 

「原作の漫画は読んでいましたが、アニメ化でさらに面白くなりました。特に、ゲジヒトとアトムの戦闘シーンは、迫力満点で息を飲みました。」

 

「ロボットと人間の共存というテーマは、現実世界でも考えさせられるものがあります。アニメを通して、このテーマについて考えるきっかけになりました。」

 

「アトムの純粋な心が、ロボットと人間の理解を深めるきっかけになると思います。アトムの活躍に、勇気と希望をもらいました。」

 

このように、アニメ「プルートゥ」は、原作の魅力をそのままに、迫力のあるアクションシーンと、ロボットと人間の共存というテーマを描いた作品として、多くの人から好評を博しています。

 

『プルートゥ(PLUTO)』作者・浦沢直樹とは?

漫画「プルートゥ」の作者は、浦沢直樹さんです。

 

浦沢直樹さんは、1960年生まれの日本の漫画家です。

 

代表作に、「YAWARA!」「MONSTER」「20世紀少年」などがあります。

 

浦沢直樹さんは、デビュー以降の「YAWARA!」は、柔道を題材にした作品で、大ヒットとなり、アニメ化やドラマ化もされました。

 

その後、浦沢直樹さんは、「MONSTER」や「20世紀少年」など、社会派のテーマを扱った作品を発表し、高い評価を受けています。

 

「プルートゥ」は、浦沢直樹さんが、手塚治虫さんの漫画「鉄腕アトム」の「地上最大のロボット」というエピソードを原作として、2003年から2009年にかけて「ビッグコミックスピリッツ」で連載した作品です。

 

浦沢直樹さんは、インタビューで「プルートゥ」について、「『鉄腕アトム』を読んだ時に、ロボットと人間の共存というテーマに衝撃を受けた。

 

そのテーマを、現代に置き換えて描きたいと思った」と語っています。

 

「プルートゥ」は、浦沢直樹さんの代表作のひとつとして、多くの人に愛されている作品です。

 

また、浦沢直樹と手塚治虫は、漫画家としての関係や影響を通じて繋がっていますが、直接の師弟関係ではありません。

影響と尊敬

浦沢直樹は手塚治虫の作品に深い敬意を払っており、手塚治虫が開拓した漫画の可能性や物語の豊かさに感銘を受けています。

 

手塚治虫の創造性や多様なジャンルへの挑戦が、浦沢直樹の漫画制作に影響を与えたことが知られています。

手塚治虫へのオマージュ

浦沢直樹は手塚治虫に対するリスペクトを示す形で、手塚治虫の作品やキャラクターをオマージュする場面をいくつか自身の作品に取り入れています。

 

例えば、「20世紀少年」において手塚治虫風のキャラクターが登場するなど、手塚治虫の影響を感じさせる描写が見受けられます。

作風の違い

一方で、浦沢直樹は手塚治虫とは異なる作風やテーマ性を持っており、独自の漫画表現を追求しています。

 

手塚治虫は「マンガの神様」とも称されるほどの巨匠でしたが、浦沢直樹は新たな時代背景や社会問題に焦点を当てた作品で知られています。

 

総じて、浦沢直樹は手塚治虫の影響を受けつつも、自身のスタイルを確立し、日本の漫画界で大きな成功を収める一方で、手塚治虫の名前や作品が漫画界に与えた偉大な遺産を尊重しています。

 

『プルートゥ(PLUTO)』読者の評価評判や感想は?

おすすめ記事