ランウェイで笑って最終回結末ネタバレ【漫画アニメ完結ラスト】その後の最後はどうなった?千雪や育人の運命は?

おすすめスマホアプリ

 

「週刊少年マガジン」にて連載された人気マンガ『ランウェイで笑って』。

 

この記事では、そんな『ランウェイで笑って』の最終回・結末はどうなったのか?について分かりやすく簡潔にまとめていきます!

 

また『ランウェイで笑って』を全巻無料で読みたい!という方に『ランウェイで笑って』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

 

最終回のネタバレの前に『ランウェイで笑って』を全巻無料で読む方法です。

『ランウェイで笑って』は漫画アプリ『マガポケ』で全巻無料で読める?

『ランウェイで笑って』はこちらの講談社が運営する漫画アプリマガポケにて無料読むことができます。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マガポケ』では、『ランウェイで笑って』をこのように全巻無料で公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『ランウェイで笑って』を読みたい方は『マガポケ』を使う方法が最もお得です。

 

『マガポケ』は、講談社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

また他にも『マガポケ』では、以下のようなメディア化された有名マンガをタダで楽しむことができます。

  • 進撃の巨人
  • フェアリーテイル
  • 新宿スワン
  • ドメスティックな彼女
  • ダイヤのA
  • DAYS
  • ザ・ファブル
  • 頭文字D
  • ベイビーステップ
  • ホームルーム
  • ちはやふる
  • トモダチゲーム
  • カイジ
  • Dreams
  • 十字架のろくにん
  • 可愛いだけじゃない式守さん
  • お願い、脱がシて。
  • 復讐の教科書
  • ハコヅメ~交番女子の逆襲~
  • デスティニーラバーズ
  • 島耕作
  • はじめの一歩
  • 食糧人類
  • 神さまの言うとおり
  • 監獄学園(プリズンスクール)
  • ランウェイで笑って
  • 七つの大罪
  • カメレオン
  • ドラゴン桜
  • 砂の栄冠
  • のだめカンタービレ
  • 亜人
  • ジパング
  • 天空侵犯
  • ハレ婚。
  • マイホームヒーロー
  • ナニワトモアレ
  • 満州アヘンスクワッド
  • 僕たちがやりました
  • カッコウの許嫁
  • ライアー×ライアー
  • GIANT KILLING
  • コウノドリ
  • PとJK
  • 彼岸島
  • エリアの騎士
  • いぬやしき
  • シャーマンキング

などなど…

 

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

オススメ漫画アプリ紹介

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶりや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • うしおととら
  • 双亡亭壊すべし
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 天野めぐみはスキだらけ!
  • くノ一ツバキの胸の内
  • 結界師
  • チ。地球の運動について
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • MIX
  • クロスゲーム
  • KATSU
  • ラフ
  • ジャガーン
  • トニカクカワイイ
  • ダンスダンスダンスール
  • 土竜の唄
  • 魔王城でおやすみ
  • アオアシ
  • 古見さんはコミュ症です

などなど…

 

ヤンジャン
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マガポケ』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

アニメ『ランウェイで笑って』を全話無料視聴する方法は?

『ランウェイで笑って』は、アニメ化されており、そちらも大好評です。

 

こちらの「U-NEXT31日間無料体験」では、無料&高画質で『ランウェイで笑って』を視聴できるだけではなく、新作マンガや新作映画の購入に使用できる600円分のポイントがタダ貰えるので、特にオススメです。

 

安心、安全にアニメ『ランウェイで笑って』を無料で視聴した方は、「U-NEXT31日間無料体験」一択です。

 

「U-NEXT」の登録の仕方については、こちらのページをご参照ください。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

無料体験は31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、ご安心ください。

『ランウェイで笑って』あらすじ紹介!

パリコレモデルを目指す、主人公・藤戸千雪(ふじと ちゆき)は身長158cm。

 

パリコレモデルを目指すには残酷な数字です。

 

しかし、いつだって彼女の夢はハイパーモデル。

 

父親が人生で一番大切なものを名前につけ、作った事務所・ミルネージュ(千の雪)からパリで活躍するモデルになることです。

 

小学生のときは、顔もスタイルも抜群で将来を期待されていましたが、残酷なことに成長はそこで止まってしまいました。

 

そして高校に上がる時、ついに所属事務所・ミルネージュからクビ宣告を受けます。

 

しかし、諦めきれない千雪は何度も何度も事務所のオーディションを受け、その度に今は事務所の講師で、千雪がパリコレを目指すきっかけとなった憧れの成岡雫(なるおか しずく)に厳しい現実を突きつけられます。

 

それでもやっぱり千雪はパリコレモデルを諦める事ができません。

 

そんな時出会ったのが、同級生の都村育人(つむら いくと)でした。

 

育人は服を作るのが大好きで、幼い頃から家族に服を作り、その楽しみと喜びを知っていました。

 

幼い頃は、「ファッションデザイナーになりたい」と夢を語っていましたが、女手一つで育ててくれていた母親が体を壊し入院し、その上4人兄妹で家計は余裕のあるものではなく、妹思いな長男の育人は、自分が就職すれば妹たちに好きなことをさせてあげられると、服飾の専門学校へ進学することを諦めていました。

 

しかしそんな育人に千雪は、「もう着なくなったわたしの服をあげるから、わたしが一番魅力的に着ることのできる服を作って欲しい」と依頼します。

 

完成した服を身に着け向かった先はミルネージュのオーディションです。

 

育人の作った服を着る千雪を見た雫は見てしまったのです。

 

158cmではありえないパリの舞台を。

 

「1%の可能性を見た」と雫。

 

千雪のミルネージュでの活動が再開します。

 

一方その頃、育人の服を着た千雪が撮られたという街角スナップを見た人気モデルにより、育人の服が注目を浴びてしまっていました。

 

ありえないとされる千雪の夢と、諦めきれない育人の夢。

 

2人の夢の行く末は。。。

『ランウェイで笑って』主な登場人物紹介!

藤戸千雪(ふじと ちゆき)

パリコレモデルを夢見る主人公。

 

しかし絶対的に必要な身長が足りません。

 

158cmじゃどうやっても無理だと言われるも、パリコレモデルの夢を諦めきれず、育人の力を借りつつ、奮闘します。

都村育人(つむら いくと)

服を作ることが大好きな千雪の同級生の男の子。

 

小さい時から家族の服を作ったりして、その楽しみや喜びを知っていましたが、家が貧乏なこともあり服飾学校への進学は諦めています。

 

とても優しく、家族思いな反面ヘタレで少しビビりな性格ですが、夢を諦めきれず、追っていく中で強くたくましく成長していきます。

綾野遠(あやの とお)

世界的ファッションブランド『Apro I dite』のデザイナー綾野麻衣の孫息子。

 

しかし、血の繋がりはなく、フランスの路上で生活していたところを拾われ、次の日には針を持たされ、一流の技術を叩き込まれてきました。

 

そんなデザイナーとしても作り手としても優秀な遠は育人の憧れであり、ライバルです。

長谷川心(はせがわ こころ)

身長181cmとモデルの素質を全て兼ね備えている女の子。

 

モデルとして活動するも、本当にやりたいことは服を作ることだが、「もったいない」と周りはそれを許してはくれません。

 

育人と同じように弱気でビビりな性格ですが、服作りに対する情熱は誰にも引け劣りません。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『ランウェイで笑って』最終回までのおさらい!

『158cmのモデル』

主人公・藤戸千雪(ふじと ちゆき)には夢があります。

 

それは、パリコレモデルになることです。

 

しかし千雪にはモデルとして絶対的に必要なものが足りませんでした。

 

スタイル、ウォーキングなどモデルに必要な他の全てを持っていたとしても、それがなければモデルとしては絶望的です。

 

それは“身長”で、パリコレに出るならば最低でも175cm必要です。

 

しかし千雪の身長は158cmしかありませんでした。

 

小学生の頃は、周りよりも身長が高く恵まれていましたが、残酷なことにそれ以降は1cmも伸びることはありませんでした。

 

そして高校に上がる時、所属事務所『ミルネージュ』からついにクビ宣告を受けました。

 

しかし、千雪は諦めることができず、何度も何度も『ミルネージュ』のオーディションを受けに行きますが、結果はいつも同じです。

 

「身長をごまかすために履くヒールほど醜いものはない」と憧れであり、パリコレモデルを目指すきっかけにもなった成岡雫(なるおか しずく)は厳しく言います。

 

「ショーモデルはあなたを見せるんじゃない。服を魅せるの。そのための身長とスタイル。その恵まれない身長であなたにできるの?あなたには無理なの。諦めて。」と厳しい現実を突きつけます。

 

「千雪さんのルックスなら、大手事務所は受かるのでは」と事務所のスタッフが気を利かせてくれるものの、千雪は『ミルネージュ』でモデルをすることにこだわります。

 

そんなか出会ったのが都村育人(つむら いくと)です。

 

同じクラスなものの、地味で影の薄い育人と関わるのは初めてでした。

 

育人は服を作ることが大好きで、幼い頃には「ファッションデザイナーになる」と夢を語っていました。

 

しかし、女手一つで育ててくれていた母親が過労で体を壊し、4人兄妹の長男である育人は、家族のためと言い聞かせ、服飾の専門学校に行きたい気持ちを抑え、就職の道を選ぼうとしていました。

 

でもやっぱり、きっぱりとは諦めきれず不安げに夢を語る育人に千雪は言いました。

 

「無理なんじゃない。」

 

自然と口から出た言葉に、千雪はハッとします。

 

目指したいものがあっても、生まれもったモノがそれを許してはくれない。

 

目指すものは違えど、似たような境遇にある育人に自分が言われて傷つく言葉を発してしまったのです。

 

千雪は考え直し、改めて覚悟を決めます。

 

「パパの作った事務所『ミルネージュ』でパリで活躍するモデルになる!」と。

 

そう決めたならじっとなんてしていられず、育人の元へと走ります。

 

「もう着なくなったわたしの服を全部あげるから、わたしが一番魅力的に着ることのできる服を作って!」と。

 

育人の作った服を身にまとい、向かう先はミルネージュのオーディションです。

 

オーディション会場では、事務所のスタッフと雫が、千雪の話をしています。

 

「今回も千雪さん来ますかね?ずっと疑問だったのですが、なぜ出禁にしないのですか?」とスタッフ。

 

「社長が好きにさせろと言ったのよ。「千雪は自分で諦めるまで、諦めない子だから。」って。だから私達は千雪が諦めるまで「才能がない」と言い続けるしかないのよ。」と雫。

 

「そんな役回りですね」と悲しそうに言うスタッフに雫は、「千雪と比べたらなんてことないわよ。叶わない夢を追い続けるほど辛いことはない。」と話しています。

 

そんな中、千雪が現れました。

 

育人の作った服を着た千雪を見て雫は見てしまったのです。

 

パリの舞台を。

 

千雪は雫に言います。

 

「わたしは諦めない。パパの娘に生まれたこと。パパがモデル事務所を立ち上げたこと。雫さんのステージを見たこと。わたしの人生の全てがパリに行きたいって叫ぶの。諦められないの。」と。

 

158cmのパリコレモデルなんてありえない。

 

しかし、一生叶わない夢を追いかけようとする千雪に1%の可能性を見てしまった雫は、千雪の合格を言い渡します。

 

自分の生まれた年に父親が作った事務所。

 

人生で一番大切なものの名前を付けたという『ミルネージュ(千の雪)』のモデルに再びなることができました。

『諦めきれない夢』

事務所で契約の手続きをしている千雪は雫に、街角スナップに撮られ、雑誌に載ったことを明かします。

 

その時に着ていた服は育人の作った服でした。

 

服を褒められたのはいいものの、素人の作った服を着ているなんて言えない千雪はとっさに父親が展開しているアパレルブランドの「ミルネージュで買った」と嘘をつてしまいました。

 

しかしそのスナップが人気モデルの目に止まり、あれよあれよとSNSで拡散してしまったのです。

 

当然『ミルネージュ』に服の問い合わせが殺到し、服を作ったのが育人だということが判明します。

 

育人は、『ミルネージュ』の社長であり、千雪の父親である藤戸研二(ふじと けんじ)に呼び出され、デザインを買い取らせてほしいと言う申し出を受けます。

 

それと同時にもう一つ『ミルネージュ』で「デザイナーをしないか」と提案をされます。

 

しかし話していくにつれ会話が噛み合わないことに気づいた研二は、千雪に問い返します。

 

千雪は「実は服飾の専門学校に通う学生ではなく、同級生だ」ということを打ち明けます。

 

研二は呆れ返り、「高校生となると話しは違ってくる。今の話は無かったことにしてくれ。」と育人に言います。

 

「服を作っていることが周りにバレることが恥ずかしく、自分が黙っておいてくれと頼んだんです。デザイナーとかも興味はないんです。」と強がってその場を後にしたものの、千雪のスナップを見て決意を新たに、再び研二と会うこと決めます。

 

「『ミルネージュ』で雇ってほしい」育人は言います。

 

しかし返事は良いものではありませんでした。

 

その理由を説明し、代わりに人手を必要としているプロのデザイナーを紹介してくれました。

 

向かった先はデザイナー柳田一(やなぎだ はじめ)が立ち上げたアパレルブランド・HAZIME YANAGIDAです。

 

到着早々指示を受け作業するも、作った服を破かれてしまい、クビ宣告を受けます。

 

「帰れ」と言われるものの、根気強く挑戦します。

 

幸か不幸か、育人の初出勤の日は、そこでの評価が今後のデザイナー人生に直結する、日本最大のファッションの祭典“東京コレクション”の当日でした。

 

会場には同行するものの「お前にはやれることがないから」と、追い出されてしまいました。

 

招待された研二とばったり会い、育人は初めて生でファッションショーを見ることになりました。

 

そこで育人は痛感しました。

 

「身長は存在感」だということと「その存在感が服をより輝かせること」を。

 

圧倒するなかで自然と拍手をしてしまうことこそが、そのブランドのコレクションの成功を意味しているということを教えたれ、バックヤードへ戻っていきます。

 

しかしバックヤードではトラブルが起きていました。

 

モデルの一人が来られなくなっていたのです。

 

そして代わりにやってきたのは、158cmの千雪でした。

 

現場は騒然とするものの、コレクションを成功させるためには、千雪が必要でした。

 

柳田も腹をくくり、育人に千雪の着る服の手直しを命じます。

 

手直しが完了し、ランウェイを歩く千雪に会場はざわめきます。

 

コレクションに分不相応な小さな人間が現れたからです。

 

ざわめく会場に緊張する千雪ですが、父親に見込まれた育人への嫉妬心と今まで数え切れないくらい繰り返してきたウォーキングを糧に一歩一歩歩いていきます。

 

しかし、千雪はあろうことかランウェイで転んでしまいました。

 

ランウェイで守らねばならない2つのことと教えらうちの1つで、絶対にしてはいけないことでした。

 

しかし会場は違う意味でざわついていました。

 

千雪が転んだ瞬間、蝶が舞ったかのようにふわりと衣装が形を変えたのです。

 

育人の仕業だと気づいた千雪は、ランウェイで守らねばならないもう1つのことをしてしまいます。

 

それは服を魅せるためのショーでは顔に視線が行くことは好ましくないとされている業界の常識。

 

ランウェイで笑うことでした。

 

自然と溢れた笑みと共に会場は拍手で包まれました。

 

柳田の挨拶を終え、コレクションは無事成功を収めました。

 

次の舞台は展示会です。

 

展示会とはブランドの新作を発表し、業界関係者に見て・触れて・購入してもらう場です。

 

そこには様々な人間が訪れます。

 

パリコレモデルのセイラ。

 

芸人兼世界的映画監督の北谷つとむ(きたや つとむ)。

 

世界的ファッションブランド『Aphro I dite』の代表取締役・デザイナーの綾野麻衣(あやの まい)。

 

服飾芸華大学学園長の高岡祥子(たかおか しょうこ)。

 

業界にいれば誰もが知る存在が購入することにより、そのブランドの“売れる瞬間”が訪れます。

 

そんな中、新たな人手が必要だと言い、柳田は育人に高岡に助っ人の手配を交渉するよう命じました。

 

後日、助っ人として登場したのは長谷川心(はせがわ こころ)と綾野遠(あやの とお)でした。

 

心はモデルとしての素質を全て持ち合わせ活動するも、「本当にしたいことは服を作ることだ」とモデルとしての自分を否定します。

 

遠は世界的ファッションブランド・Aphro I diteの代表取締役・デザイナーの麻衣に拾われ、その全てを叩き込まれ、高度な技術と発想力を持ち合わせるも、祖母からの独立を目指し足掻いています。

 

しばらくして、柳田は「『HAZKIME YANAGIDA』を畳み、『Aphro I dite』でデザイナーをする」と言い出し、『HAZKIME YANAGIDA』は幕が降ろされました。

『世界的ファッションブランドでの挑戦』

育人は芸華大へ特待生としての入学が決まり、書類を提出しに行った際に『Aphro I dite』のインターンシップ募集の張り紙を見つけ、無謀だと言われるも遠に頼み込み、インターンシップへ参加することになりました。

 

『Aphro I dite』では次々と作業をこなしていき、他のインターン生が雑務をこなす中、社員への誘いがかかりました。

 

社員として配属されたのは、佐久間美依(さくま みい)が指揮をとる、若者向けの第4ラインでした。

 

「入社記念に1着デザインしてみる」とパタンナーとして配属されたデザイナー志望の育人に提案します。

 

美依は気さくに話しかけ、世話を焼いてくれるものの、「コネ入社」と周りから馬鹿にされ、そのせいか第4ラインには覇気がありませんでした。

 

そんな時、配属早々ではあるが人手不足により柳田が指揮をとる第3ラインへの異動が命じられました。

 

柳田と共に仕事をすることへの懐かしさを感じながら、来るミラノコレクションと合同展示会に向けて準備を進めていきます。

 

しかし第3ラインの中でも不穏な空気が漂います。

 

柳田はもともと美依と知り合いでそのコネで入社したばっかりに、周りから疎まれていました。

 

柳田のことを馬鹿にさて腹がたった育人は、柳田の技術は本物だとチームに示すために奮闘します。

 

柳田も周りからナメられていることを感じ取り、無理を承知でコレクションの前に、カプセルコレクションを開催することを決意しました。

 

服を作ること以外の手配は全て済ませ、後は服の完成を待つだけです。

 

しかし完成させなければならない服は簡単なものではありません。

 

「どうやって作ったら。どんな生地を使ったら。」と奔走する育人を見て、次第に周りも協力的になっていきます。

 

カプセルコレクション開催のギリギリまで柳田のデザインが意味することを汲み取り、ようやく完成し、ハードスケジュールななか見事に大成功に収めました。

 

難しい服も作り上げるパタンナーとしての能力、麻衣に「“未来”を感じる」と言わせたデザイナーとしてのセンスが評価され第4ラインのチーフデザイナーに昇進しました。

 

チーフデザイナーとして第4ラインに戻ってきた育人は、東京コレクションに向け美依と共に準備を進めていきます。

 

コレクションのメインを“カバン”とし、準備を進めていく途中で、第4ライン“novice”のテーマである「今売れる」を最大限に活かすには、東京ガールズコレクションへの出演への挑戦だということに気が付きました。

 

はじめは反対こそあったものの、美依の緻密なデータやプレゼンのおかげで、出演の許可が降りました。

 

そうと決まれば生産です。

 

作ったことのないカバンへの挑戦に苦戦しつつも、アイデアを出し合い、形にし、ついに東京ガールズコレクションの本番を迎えました。

 

育人たちの作ったカバンを持って最初にランウェイを歩くのは、熾烈な争いを経てファーストルックを勝ち取った千雪でした。

 

ウォーキングの度に進化する千雪の力も合わさり、ショーは大成功を収めました。

 

その後コレクションも無事終わり、残すは展示会です。

 

『Aphro I dite』以外にもブランドが参加し、売上を競います。

 

はじめは伸び悩んでいた売上も、世界的に有名なファッション雑誌の元編集長のオリヴィアや千雪のモデルとしての援助もあり、メインライン『Aphro I dite』を超し1位を獲得することができました。

 

そしてついに、『Aphro I dite』から独立し、新たな挑戦が始まります。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

漫画アニメ完結ラスト『ランウェイで笑って』最終回結末ネタバレ!千雪や育人のその後の最後はどうなった?

『独り立ち』

いざ独立するとなっても、なかなか準備が進みません。

 

作る専門の育人には、経営は向いていないようです。

 

そんな育人は意を決し、美依へ「一緒に独立しないか」と誘いました。

 

美依は二つ返事で育人へついて行くことを決めました。

 

美依のアドバイスのもと、パタンナーを1人雇うことにし、そこで声をかけたのは心でした。

 

心も「やりたいです」と快く承諾してくれましたが、そこに横槍を入れてきたのが、インターンの頃から切磋琢磨してきた花岡真白(はなおか ましろ)でした。

 

インターン後も第4ラインで共に頑張ってきた花岡は、少しおかしな奴ではあるが、腕は間違いありません。

 

後日心と花岡のパタンナーの座をかけての勝負が行われましたが、甲乙つけがたい結果となり4人での新たな挑戦が始まりました。

 

一方千雪は映画監督・北谷から新作映画の主演依頼が来ていたが、「モデルの仕事に集中したい」と言い、断ってしまいます。

 

しかし、そこに目をつけたのは美依でした。

 

美依は千雪に作中の衣装を全て育人の立ち上げたブランド『EGAO』にすることを条件に映画に出てくれないか」と頼み込みます。

 

無理難題を吹っかけましたが、無事千雪の映画出演と300着もの受注が決まりました。

 

しかし同時に千雪の所属事務所である『ミルネージュ』の存続が危ぶまれるようになりました。

 

研二が人生で一番大切なものの名前を付け立ち上げた『ミルネージュ(千の雪)』を必死で守ろうとするも、このままいくと研二の体が壊れることは目に見えています。

 

耐えかねた千雪が「『ミルネージュ』を畳もう。」と言うも心ここにあらずは研二は次の仕事へと足を運びます。

 

それからというもの千雪も仕事がうまくいかず、不安定になってしまいました。

 

『ミルネージュ』を畳むことを決意した研二は千雪にそのことを報告します。

 

そのことを聞き、育人にすべてを打ち明け、オファーを貰っていた『EGAO』のコレクションには出られないと泣きます。

 

そんな千雪を見た育人は美依、心、花岡の3人に「東京コレクションは1人の女性のために会場も、服も、出演モデルも選びたい。コンセプトを“藤戸千雪”にしたい」とお願いします。

『ランウェイで笑って』

3人からのコンセプトへの了承を得て、今までにないコレクションにするためにより一層気合が入ります。

 

ステージのテーマは『千雪が歩んできた人生』。

 

スタートを歩くのは千雪の憧れの雫です。

 

そして雫がステージを移動し、横に並んで歩くは千雪です。

 

雫は知っています。

 

どんな事があっても、千雪がウォーキングの練習だけは欠かさなかったことを。

 

「本調子じゃなくても綺麗に歩けている。ずっと見てきたから、心配はしていなかったけどね。」と喋りかけ、ステージを後にします。

 

次々とモデルたちが歩く中で観客はあることに気付かされます。

 

本来、服が主役のランウェイではモデルの表情は見せてはいけません。

 

その人間性や個が主張されることもありません。

 

しかし、育人の作った服は「この服を着る“私”はこんな“人”だ」と主張してくることを。

 

育人は『EGAO』のデザイナーとして、個人に寄り添うアプローチの方法をとったのです。

 

そんな育人が千雪のために作った服を身に着けた千雪はもう無敵です。

 

誰も彼女を「小さい」と馬鹿にする人はいません。

 

「人のためのデザイン」をした『EGAO』への評価は、沸き起こった拍手でした。

 

みんな笑ってばかりのへんてこなショーと158cmという異質なモデルをしようしたコレクションはこれからのファッション界を左右します。

 

育人はモデルに言っていました。

 

「楽しかったら笑っちゃってもいいからね」と。

 

その後、北谷監督作品にて衣装を担当したことにより世界的に注目を集め、数々のファッションウィークに出場。

 

直営店のオープンや、大手ハイブランドとのコラボ、メンズラインの展開、国外店舗のオープンなどを経て、ついにパリファッションウィークに出場し、そのランウェイを歩くのはもちろん千雪です。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『ランウェイで笑って』最終回の読者の反応や感想は?

おすすめ記事