東京リベンジャーズ全巻無料で一気読みする方法紹介!漫画アプリや電子書籍で最新刊までタダ?和久井健の最新作

おすすめスマホアプリ

 

週刊少年マガジンで連載中の「東京リベンジャーズ」を全巻無料で読めるお得な配信サイトを調査しました。

 

昨今、各出版社が漫画アプリに力を入れており、連載中のマンガでも漫画アプリを通して無料で読むことができます。

 

例えば、小学館が運営する漫画アプリ『サンデーうぇぶり』では、サンデー系列で連載中のマンガや過去の名作マンガに至るまで幅広く無料で読むことができます。(←1番オススメの漫画アプリ

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』で無料で読める主な作品一覧
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • からかい上手の高木さん
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • BE BLUES!~青になれ~
  • 結界師
  • スプリガン
  • トニカクカワイイ
  • 名探偵コナン ゼロの日常
  • 湯神くんには友達がいない
  • アオイホノオ

などなど…

 

しかし、『東京リベンジャーズ』に関しては今現在、無料で読める漫画アプリはありません

 

そこで漫画アプリではなく『東京リベンジャーズ』を配信しているすべての電子書籍を調査すると、1つの電子書籍サービスを使って『東京リベンジャーズ』を実質無料で全巻読む方法が見つかりました!

 

最新巻まで実質全巻無料で読む方法を解説します。

 

この記事では

・『東京リベンジャーズ』を今すぐ全巻無料で読みたい

・お得に漫画が読める電子書籍サービスを知りたい

『東京リベンジャーズ』のあらすじや見どころが知りたい

そんな疑問を持った漫画好きなあなたにオススメです!

結論!電子書籍『コミックシーモア』を利用して『東京リベンジャーズ』を実質全巻無料で読める

『コミックシーモア』には、新規ユーザーに対して2つの超お得な特典を用意しています。

 

それが以下の特典です。

 

特典①は、『コミックシーモア』に無料登録した方、全員に「50%OFFクーポン」を配布しています。

1冊どの漫画でも半額で購入できます。もちろん『東京リベンジャーズ』の最新刊も半額で購入可能です。

 

50%OFFクーポンだけなら、他の電子書籍も特典として配布しているところが多いですが、『コミックシーモア』の超お得な特典は②の「月額メニュー登録で最大20000ポイントを後日お返し!」です。

 

簡単に説明すると、月額メニューを2ヶ月継続することで1ヶ月分のポイントが全額返ってくるという特典です。

月額メニューとは、毎月定額で『コミックシーモア』内のマンガを購入するために必要なポイントを買うシステムです。

普通に現金で購入するよりお得になるシステムです。

 

作品購入の時には、ポイントと現金の価格が表示されています。

 

「東京リベンジャーズ」を1巻〜最新24巻まで普通に購入すると・・・10140pt(税込11154円)となります。

 

月額メニューは、月額11000円のコース(コミックシーモア10000)に加入すれば12500ptがもらえて、さらに翌月には特典②により10000ptが返ってきます!

 

使ったはずの10140ptが10000ptになって返還されるので実質全巻無料というわけですね!

 

『東京リベンジャーズ』を実質全巻無料でお得に読みたい方は、月額メニュー「コミックシーモア10000」がオススメです。

 

筆者は、このシステムを使って、『鬼滅の刃』を実質全巻無料で読みました。

 

新規ユーザー限定の特典ですので、まだ『コミックシーモア』を利用したことない人は、活用することをオススメします。

 

 

特典まとめ

・新規ユーザー限定で漫画1冊50%OFF!

・新規ユーザー限定で月額ポイント全部返還!

その他のお得な電子書籍

筆者も愛用しており、一番のオススメは先ほどご紹介した『コミックシーモア』ですが、その他にもお得に漫画を購入できる電子書籍がありますので表にまとめておきます。

ebookjapan

・国内大手の電子書籍サービスで安心

・新規のユーザー限定で6冊まで50%OFF

・約1万冊の漫画が無料公開されている(読み放題)

まんが王国

・国内大手の電子書籍サービスで安心

最大50%のポイント還元

Amebaマンガ

・大企業サイバーエージェントが運営しているので安心

・無料会員登録で500ポイント(500円相当)付与

・新規のユーザー限定で5冊まで50%OFF

コミック・jp

・無料会員登録で漫画2冊分のポイント付与

 

個人的に上記4つのサイトはどれもオススメですが、特に『ebookjapan』は使いやすく、無料作品が豊富、さらに新規ユーザー限定でお好きな漫画(新作を含む)が6冊まで50%OFFですので、『コミックシーモア』と併せてよく活用しています。

 

お得に漫画を読むなら『コミックシーモア』と『ebookjapan』は必須の電子書籍サービスとなっています。

オススメ漫画アプリ

上記で紹介した『サンデーうぇぶり』以外にも集英社が運営する漫画アプリヤンジャンマンガMeeも特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 悪魔とラブソング
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • ごくせん
  • ストロボエッジ
  • アオハライド
  • NANA
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • ハニーレモンソーダ

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は使ってみてはいかがでしょうか?

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています。「無料で多くの漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『東京リベンジャーズ』あらすじ紹介!

年下の上司に怒られる日々を送る冴えない26歳の主人公のフリーター・タケミチは、テレビのニュースで中学時代に付き合った人生で唯一の元彼女・ヒナタが殺されたことを知ります。

 

翌日、悶々とした気分で駅のホームにいると後ろから誰かに押され人身事故を起こされますが、なぜか中学時代にタイムリープしていました。

 

「もう一度やり直したい」と感じたタケミチは中学生活を謳歌しますが、当時パシリにされていたヤンキーにつかまり結局は前世と同じ道を歩むことになります。

 

そんな中、帰宅途中にカツアゲされているヒナタの弟のナオトを気まぐれで助けることになり、タケミチの過去が劇的に変わっていきます。

『東京リベンジャーズ』とは?

累計発行部数3000万部以上・アニメは2021年9月まで放送されている漫画です。

 

2017年少年マガジンで連載されており、2021年の4月からアニメ化されてそのヒットに勢いが乗りました。

 

どのくらいヒットしたかというと、アニメ化によって累計部数1000万部から3000万部に跳ね上がるほどです。

 

ここまでは鬼滅の刃と同じような売れ方をしていましたが、鬼滅の刃と決定的に違うポイントは実写映画の有無です。

 

2021年から北村拓海さんを主演として吉沢亮さんや山田祐樹さんなど多数のイケメン俳優を起用しており、ストーリーやお芝居だけではなく色々な楽しみ方ができる作品になっております。

 

なぜヒットしたのか…

 

ヒットした理由としては様々ありますが、次の項目では、絞りにしぼって4点あげさせていただきます。

 

 

『東京リベンジャーズ』の魅力とは?

魅力① 「アニメ」が面白くて女性人気がある

一見似ているように感じるクローズやWORSTは実写化されたものを女性が面白く感じて人気になりました。

 

しかし、東京リベンジャーズはアニメで女性人気が出ており、ここには大きな隔たりがあります。

 

なぜなら、実写から漫画はハードルが高いがアニメから漫画はハードルは敷居が低いからです。

 

ヤンキー漫画特有の暴力表現はあまり女性受けがよくなく、実写の俳優さんたちを見るために映画を鑑賞した後は原作である漫画そのものにはあまり戻ってきません。

 

アニメと漫画はビジュアル的にそこまでの変化はないことから、アニメをきっかけに原作漫画をそろえるのにそれほどの心理的苦労がないのです

 

魅力② その2作画が親しみやすい!

ヤンキー漫画は劇画タッチなものが多く、女性や小中学生にはあまり受けがよくないです。

 

しかし、東京リベンジャーズは見ていただけるとわかる通り、かなりポップな仕上がりになっています

 

これが理由その1と相乗効果を促進させ、アニメを見ることのハードルを下げる⇒アニメを見て気に入る⇒原作漫画を買う

 

というきれいなつながりを生みます

魅力③ 意外な掛け合わせがある!

東京リベンジャーズを初めてみる人は恐らく、「ヤンキーのバトルものだろう」と思うはずです。(私もそうでした)

 

しかしながら、それだけではないもう一つの要素が売れた理由の一つでしょう。

 

その要素とは、ヤンキーバトルものにタイムトラベルを掛け合わせたのです!

 

君の名は・リゼロ・ぼくだけがいない街・シュタインズゲートなどタイムリープものは一定の人気があります。

 

ヤンキー物という王道とタイムリープの王道がそれぞれの視聴層を引っ張ってこれたのが爆発的な人気を生み出しました 

魅力④ キャラクターの魅力

最後の理由はキャラクターの魅力です。

 

喧嘩が強い・見た目がかっこいい・母性本能をくすぐる弱さを持つ・友情を大切にする・家族想い

 

こういったキャラクターがたくさん出てきますので、漫画をキャラクターで楽しむ層に人気が出ます

 

以上の理由等があって脅威的な売れ方をしたのでしょう。

 

『東京リベンジャーズ』登場人物紹介!

花垣 武道(はながき タケミチ)

本作の主人公。

 

うだつが上がらない人生を歩むがタイムリープの能力を手に入れて人生が大きく変わります。

 

喧嘩は弱く頭も悪い泣き虫ですが、人のためにどんなに恐くても戦える優しい性格の持ち主です。

 

ナオトと協力し、元彼女のヒナタを救うべく様々な困難に立ち向かう

橘 日向(たちばな ヒナタ)

タケミチの元彼女。

 

優しい性格だが、違うところはちがうと指摘できる芯の強さも持つヒロイン。

 

東京の暴力集団である東京卍會(とうきょうまんじかい)により命を落とします。

橘 直人(たちばな ナオト)

ヒナタの弟。

 

実直な性格でヒナタのことが好きな弟です。

 

タイムリープ後のタケミチに助けられたことがきっかけで警察に入ります。

 

警察の力を使いタケミチのヒナタを救うミッションを手伝う。

佐野万次郎(さのまんじろう)

暴走族である東京卍會の総長。愛称はマイキー。

 

身長は小柄だが喧嘩で負けなしの美男子、女性人気が高い登場人物です。

 

キサキという男と出会い東京卍會が大きく変わったとナオトはいうが真偽は不明。

稀咲鉄太(キサキてった)

東京卍會のナンバー2。

 

マイキーと出会うことにより東京卍會が変わるので、タケミチはマイキーとキサキを合わせないようにしますが、果たしてどうなるのか今後に期待です。

 

『東京リベンジャーズ』読者の評価は?

 

『東京リベンジャーズ』序盤ネタバレ紹介!

1話 Reborn

26歳の冴えないフリーターであるタケミチは今日もDVDレンタルショップで年下の上司に嫌味を言われていました。

 

汚い自宅の部屋に帰り、ポテトチップスを食べながらテレビのニュースを見ていると、中学時代の人生唯一の元彼女ヒナタとその弟のナオトが暴力集団である東京卍會に殺されることを知ります。

 

翌日、悶々とした気分で駅のホームにいると後ろから誰かに後ろから押されて人身事故を起こされます。

 

しかし、人身事故で死んでいるはずなのに気が付くと中学時代にタイムリープしていました。

 

中学時代の悪友たちと久しぶりに楽しく遊んでいると友人のあっくんに隣の中学にけんかを仕掛けに行くという話を聞きます。

 

「タケミチはそんなことあったっけ?」喧嘩は嫌だなと感じますが、みんなをとめることができません。

 

タケミチはモヤモヤしながらも現場に向かいますが、当時の自分がここまで落ちぶれる原因である年上のヤンキーであり東京卍會の所属メンバーであるキヨマサ達にボコボコにされるうえにパシリ・奴隷にまでされます。

 

ボコボコにされる中でタケミチは自分の記憶に蓋をしていたことに気が付きます。

 

「自分の人生のピークがここからかわったんだ」

 

キヨマサ達の奴隷となり、ヒナタとも逃げるように別れそこからコロコロと坂を下るように落ちぶれるさまを思い出し意識を取り戻します。

 

ボコボコにされた帰り道、少しでも人生の延長戦・走馬灯を楽しもうとタケミチは元彼女のヒナタの家に行きます。

 

「タケミチくんっていつも突然くるよね」

 

久しぶりにあう元彼女のヒナタに会い、こんなきれいな彼女となんで別れたんだ・こんないい人がなんで殺されなきゃいけないんだと様々なことを考えタケミチは泣き出してしまいます。

 

その後も他愛のない会話を続けてヒナタのマンションから帰る際に公園で黄昏(たそがれ)ていると、公園の入り口でカツアゲされている小学生を発見します。

 

小学生を助けるために酒瓶をたたき割りその先を相手に向けてカツアゲをやめるように促します。

 

たかがカツアゲの仲裁に最初から凶器を使うタケミチにドン引きした不良たちはその場から逃げます。

 

カツアゲを撃退したことに小学生がタケミチに感謝を告げます。

 

その際に、小学生の名前が判明します。

 

なんと、助けた小学生はヒナタの弟であるナオトだったのです。

 

人身事故の走馬灯だと信じていたタケミチはナオトにダメもとで、12年後にヒナタとナオトが死ぬからどうか気を付けるようにと促し握手をします。

2話 Resist

握手をした瞬間にタケミチの意識がなくなり、意識が戻るとそこには知らない天井がありました。

 

自分より身長の高いスーツ姿の男性がタケミチの安否を確認しますが、タケミチは状況がわからず男に対して疑念を持ちます。

 

その疑念を察した男性は自己紹介をします。

 

男性はなんとカツアゲされていたヒナタの弟のナオトだったのです。

 

ナオトは12年前のタケミチの言ったことを信じ、自分の身と姉の命を守るために父と同じ警察に就職しました。

 

自分の身を守ることに成功したナオトでしたが、健闘むなしくヒナタは守ることができず死んでしまいました。

 

東京卍會は警察ですら素性がつかめない組織となっており、壊滅が難しい組織になっていたのもありヒナタを事前に守ることができなかったのです。

 

「姉の死んだ日に戻り、祭りに行くのを、無理やりにでも止めれば、姉を救うことが可能かもしれない。でも、思い通りの時間へと飛ぶことがが出来ない以上、今できることをする」(直人)

 

そこで白羽の矢がたったのが唯一過去を変えられるかもしれないタケミチという風に話がつながります。

 

ナオトが言うには、東京卍會が暴力集団として頭角を現すのは佐野万次郎と稀咲鉄太が遭遇してからということなので、二人の遭遇をタケミチが阻止すれば間接的にヒナタを救うことになります。

 

ここで判明するのが目的と手段です。

 

目的はヒナタを救うこと、手段はタイムリープです。

 

手段のタイムリープの方法ですが、タケミチとナオトが手をつなぐことで戻れます。

 

「あの時、僕は君に助けられた。それによって僕は、君の能力の一部になったのかもしれません」(直人)

 

現在にいきたい時は過去の子どもナオトにタケミチが握手することで元の時代に戻れます。

 

タイムリープの手段を把握したタケミチがタイムリープ後に戻ってきたのは子どもナオトと握手した時と場所ではなく喧騒がすさまじい公園でした。

 

タケミチたちは不良どもの奴隷としてコロシアムで戦う剣闘士としてむりやり喧嘩をさせられていました。

 

賭けたほうが買ったら金がもらえる喧嘩賭博にプレイヤーとして出されるのはタケミチたちの中でも体が弱いタクヤ。

 

タクヤを助けるためにタケミチは喧嘩賭博の胴元である東京卍會所属のキヨマサにタイマンを挑みます。

 

「立ち向かわないと!」

 

「逃げちゃダメだ!」(武道)

 

「キヨマサ先輩」

 

「タイマン買ってくれよ」(武道)

3話 Resolve

「軽自動車対トラックだ」

 

キヨマサに啖呵を切るまではよかったものの、キヨマサの一発で自分が圧倒的弱者であることをわからされます。

 

その後もキヨマサにサンドバッグのごとくボコボコに殴られるタケミチ。

 

それでも譲れないもののためにタケミチは朦朧としながらも戦い続けます。

 

「まだ……まだ、だよ」

 

「まだまだ……こんなんじゃ、俺の12年、ヘタレた心は、治らねえんだよ!」(武道)

 

「引けねえんだよ! 引けねえ理由が、あるんだよ!!」

 

「東京卍會、キヨマサ。勝つには俺を殺すしかねえぞ! ぜってえ負けねえ!!」(武道)

 

すると、他とは明らかに別格の二人がその喧嘩に割り込みます。

 

その人物とはなんと東京卍會の総長の佐野万次郎(マイキー)と副総長の龍宮寺堅(りゅうぐうじけん)でした。

4話 Relieve

喧嘩賭博は東京卍會の流儀に反するとしてやっていなかったものをキヨマサが勝手に東京卍會の名前を使ってやっていることを知った二人はキヨマサに詰め寄ります

 

ドラケンがキヨマサの総長に対するお辞儀がしっかりしていなかったので、前蹴りをどてっぱらにぶち込み強制的に礼をさせます。

 

「キヨマサ、いつからそんなに偉くなったんだ? 総長に挨拶する時はその角度な」(ドラケン)

 

そして、マイキーはキヨマサにハイキック一閃。

 

あれだけタケミチを一方的に追い詰めていたキヨマサが一発で青天井。

 

しかし、マイキーは倒れたキヨマサへの追撃をやめません

 

馬乗りになり、拳を何度もキヨマサの顔に打ち付けてキヨマサの顔がザクロのようになっていきます。

 

そしてその場を圧倒的な強さとカリスマ性で収めたマイキーは弱いながら誰かのために戦うことのできるタケミチを気に入り、その場で友人として扱います。

 

「タケミっち。今日から俺のダチ、な」(佐野万次郎、マイキー)

 

友人となったことで奴隷から解放されたタケミチはいきなりターゲットの一人のマイキーに接触できます。

 

「ありがとな、武道」

 

「お前が踏ん張ってくれたおかげで、俺ら奴隷から解放されたんだ。かっこよかったぜ」(千堂敦)

 

場面はすすみ学校にて、タケミチはこれからどうすればマイキーとキサキを出会わせないか苦心していると廊下から怒鳴り声がします。

 

なんとマイキーとドラケンがタケミチに合うためだけに学校まで乗り込んできたのです

5話 Revolve

乗り込む際に在校生が絡んできたので返り討ちにしてタケミチの待つクラスまで来たマイキーとドラケン。

 

「あっ、これ? 何かムカついたからノシといた」(ドラケン)

 

授業中なのにもかかわらず、半ば強引にタケミチを連れ出すマイキーとドラケンにタケミチはもちろんNOとは言えず廊下を超えて下駄箱まで連れていかれます。

 

その時、

 

「武道くん、行こ! こんな人達の言いなりになっちゃダメだよ!」

 

「ヒナが守ってあげる!」(日向)

 

ヒナタは、タケミチが以前自分に合った時にボコボコになっていたのはマイキーとドラケンのせいであると勘違いしたのです。

 

タケミチを守るために頑として譲らないヒナタ。

 

「ふざけているのはどっちですか?」

 

「他所の学校に勝手に入って来て、無理やり連れ去るなんて、友達のすることじゃありません。最近の武道くん、ケガしてばっかり」

 

「もしそれがあなた達のせいなら、私が許しません!」(日向)

 

東京卍會のトップである無敵のマイキーにも一歩も譲りません。

 

それどころかマイキーに平手打ち一閃。

 

完璧にマイキーの頬をとらえています。

 

その後はお察しの通りそこでは終わりません。

 

ヒナタは腕をつかまれてしまいます。

 

ヒナタに暴力を振るわれると感じたタケミチは、

 

「その手を、離せ……」

 

「その手ぇ離せって言ってんだよ! バカヤロー!」(武道)

 

相手が強者と正確に理解しながらも愛する人のために牙をむけます。

 

「もう二度と、譲れねえもんがあんだよ!」(武道)

 

「バカだなぁ、タケミっち。女に手ぇ出すわけねえじゃん」(マイキー)

 

「譲れねえもんがある……今どき女にそれ言う奴いねえぞ、昭和だな」(ドラケン)

 

不良ですが、不良なりのプライドや流儀といったものがある東京卍會のマイキーとドラケンはタケミチを笑うと、マイキーはタケミチとヒナタに

 

「好きな奴のために頑張るのはいいけど、無茶しちゃダメ。相手が相手なら、大変なことになっちゃうよ」(マイキー)

 

「いい子じゃん。滅多にいねえよ、あんな子。大事にしてやれよ」(マイキー)といいます。

 

その後ヒナタと仲直りをしたマイキーとドラケンはタケミチを外に連れ出します。

 

マイキーはタケミチに土手で昔の不良と今の不良、そして未来の不良についての自分の想いを話します。

 

「今って、不良がダセェって言われる時代だろ」

 

「兄貴の時代はさ、この当たりにもすっげぇ数の暴走族がいてさ。そのへんを直管コール鳴らして走ってた」

 

「みんな肩肘張ってさ、ケンカばっかして……でも自分のケツは自分で拭いて……そんな奴等が何でダセェんだ?」

 

「だから俺が、不良の時代を作ってやる。お前も着いて来い。俺はお前が気に入った、花垣武道」(マイキー)

 

「ケンカ強え奴なんていくらでもいんだよ。でもな、譲れねえもんのためなら、どんな奴にでも楯突ける、お前みたいな奴はそういねえ」(ドラケン)

 

タケミチはそんな二人のまっすぐな言葉とヒナタにした行動を思い出し、なぜ東京卍會はただの暴力集団になってしまったのかと疑問を持ちます。

 

女に暴力を振るわないマイキーがどうしてあんな惨いことをしたのか?

 

モヤモヤしているものについて考えながら一人河原の土手を歩いていると、前からメガネの不良達がタケミチの隣を通り過ぎていくところで1巻は終わります。

 

おすすめ記事