東京グール瓜江久生の最後は死亡?過去や強さ・最終回で六月と結婚を調査!父親が特等でドナートと因縁?髪型リヴァイ?

おすすめスマホアプリ

 

「東京喰種トーキョーグール」の瓜江久生についてネタバレ解説・考察していきます。

 

第二部「東京喰種トーキョーグール :re」から登場する喰種捜査官・瓜江久生の強さや過去、六月や才子との関係、最終回までの活躍などをみていきましょう。

 

また漫画『東京喰種』無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

 

Contents

『東京喰種(東京グール)』は漫画アプリ『ヤンジャン』にて無料で読める

漫画『東京喰種』はこちらの集英社が運営する漫画アプリヤンジャンにて無料読むことができます。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『ヤンジャン』は、集英社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『ヤンジャン』では、『東京喰種』そして続編『東京喰種:re』を惜しげもなく無料公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『東京喰種』そして続編『東京喰種:re』を読みたい方は『ヤンジャン』を使う方法が最もお得です。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

オススメ漫画アプリ紹介

漫画アプリに関していうと、講談社が運営するマガポケや小学館が運営するマンガワンも特にオススメです。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『マガポケ』で無料で読める主な作品一覧
  • 進撃の巨人
  • フェアリーテイル
  • 新宿スワン
  • ドメスティックな彼女
  • ダイヤのA
  • DAYS
  • ザ・ファブル
  • 頭文字D
  • ベイビーステップ
  • ホームルーム
  • ちはやふる
  • トモダチゲーム
  • カイジ
  • Dreams
  • 十字架のろくにん
  • 可愛いだけじゃない式守さん
  • お願い、脱がシて。
  • 復讐の教科書
  • ハコヅメ~交番女子の逆襲~
  • デスティニーラバーズ
  • 島耕作
  • はじめの一歩
  • 食糧人類
  • 神さまの言うとおり
  • 監獄学園(プリズンスクール)
  • ランウェイで笑って
  • 七つの大罪
  • カメレオン
  • ドラゴン桜
  • 砂の栄冠
  • のだめカンタービレ
  • 亜人
  • ジパング
  • 天空侵犯
  • ハレ婚。
  • マイホームヒーロー
  • ナニワトモアレ
  • 満州アヘンスクワッド
  • 僕たちがやりました
  • カッコウの許嫁
  • ライアー×ライアー
  • GIANT KILLING
  • コウノドリ
  • PとJK
  • 彼岸島
  • エリアの騎士
  • いぬやしき
  • シャーマンキング

などなど…

 

『マンガワン』で無料で読める主な作品一覧
  • 闇金ウシジマくん
  • アフロ田中
  • 土竜の唄
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • 青のオーケストラ
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100
  • 教え子がAV女優、監督がボク。
  • 釣りバカ日誌
  • ゾン100
  • 裏バイト逃亡禁止
  • 美味しんぼ
  • 医龍
  • イキガミ
  • 闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説
  • 九条の大罪

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

瓜江久生は最終回で死亡?生き残る?『東京グール』最後どうなったのかネタバレ解説!

最後は死亡!?金木(かねき)の暴走を止められる?竜戦の結末!

佐々木琲世の正体・金木は隻眼の王を名乗り、喰種らとともに地下に立て籠もります。

 

しかし、そこを旧多が手勢を引き連れて襲撃し、追い詰められた金木は暴走して赫子が巨大化し、「竜」となってしまいます。

 

都心に現れた「竜」は人間を喰らい、多大な犠牲を出して暴れ狂った後やがて動きを止めます。

 

この大混乱の中で、人と喰種は手を取り合いこの「竜」という災厄に立ち向かっていくことになります。

 

その共闘に際して、まさに人と喰種の橋渡しをその身に体現する瓜江らクインクス班も竜に立ち向かっていくことになるのです。

最終回ラスボス旧多二福(ふるた にむら)との戦い!!黒磐特等との和解!?

本性をあらわしつつあった旧多に対して、瓜江は黒磐特等らとともに査問を仕掛けるクーデターを画策します。

 

しかし、旧多は喰種としての正体を完全に現し、赫子により瓜江と黒磐特等以外の全員を瞬時に殺害してしまいました。

 

瓜江と黒磐特等は、喰種組織「ピエロ」と手を結んだ旧多相手に装備もなく追い詰められていきますが、殉職したとされていた丸手斎(まるでいつき)元特等捜査官らの援護で旧多らをかろうじて退けます。

 

この戦いの前、瓜江は黒磐特等の口から武臣が瓜江に対して尊敬の念を抱いていたことを告げられ、黒磐親子に対する敵対心が和らぎつつありました。

瓜江は准特等に!!才子とシャトーに残る!?最終決戦のその後!

最終回では、竜戦から6年後の後日談が語られます。

 

瓜江はCCGの後身であるTSCで准特等保安官として活動しており、相変わらずクインクス班の面倒を見ています。

 

最終決戦で人と喰種が手を取り合った後も、敵性喰種の存在や「竜遺児」と呼ばれる災厄の爪痕もあり瓜江ら保安官の戦いはまだまだ続くようです。

 

六月は地方支部へ異動してしまいましたが才子はシャトーに残り、瓜江とともに次世代クインクスたちの親代わりとして二人で支え合っているようでした。

 

父親は特等捜査官?ドナートとの因縁とは?瓜江久生の過去を解説!

父を失ったトラウマ!?瓜江の過去を解説!

先述したように内心では周囲に毒舌を振りまき、出世に対して異様に固執している瓜江ですが、これには彼の過去も関係しているようです。

 

瓜江の父は名前を瓜江幹人(みきと)といい、当時のCCGの特等捜査官でした。

 

しかし、SSSレート喰種「隻眼の梟(せきがんのふくろう)」の襲撃により父・瓜江幹人(うりえ みきひと)特等は殉職してしまいます。

 

瓜江自身の回想では、棺桶の中の僅かな残骸を父として葬儀に臨むことになった運命を呪うような心境が語られます。

 

この事件によって父親を奪われて孤児になった瓜江は、やがてアカデミーに入り父と同じ喰種捜査官の道を志します。

 

ですがこの幼少期のトラウマは、瓜江の心に深い影を落とすと同時に後の彼の性格や出世欲などに強い影響を与えたと考えられるでしょう。

父を見殺しにした黒磐(くろいわ)特等への憎悪!?黒磐親子との確執を考察!

瓜江の父の仇は隻眼の梟ですが、彼はその隻眼の梟よりも当時の父の部下であった黒磐巌(くろいわいわお)特等とその息子である黒磐武臣(たけおみ)に対して強い憎悪を抱いています。

 

当時、隻眼の梟の襲撃を受け、瓜江の父は部下である黒磐巌らを逃がすため自分だけがその場に残って戦った結果殉職してしまいました。

 

幼い瓜江はこれを、「父親を置いて逃げ、見殺しにされた」と捉え、以来黒磐巌に激しい憎悪を向けるようになったのです。

 

また同期の黒磐武臣にも、黒磐巌の息子であることに加えてその優秀な能力からCCGで注目を集めるため、強い対抗心と敵対意識を向けているようです。

ドナートと瓜江の因縁とは!?父・瓜江幹人との関係!!

ピエロ戦では、瓜江は「神父」と呼ばれるSSレート喰種「ドナート・ポルポラ」と対峙します。

 

この戦いでドナートは他の敵に目もくれず、瓜江のみに固執して攻撃を仕掛けてきます。

 

実は、ドナートと瓜江にはその父に関連した意外な因縁がありました。

 

ドナートはかつて孤児院を経営しており、その裏で捕食行為などを行っていたと考えられますが、そのドナートを捕らえてコクリアに収監した捜査官こそが、瓜江の父・瓜江幹人だったのです。

 

ドナートはこのことを覚えており、幹人の息子である瓜江に執着したのではないでしょうか。

 

暴走を受け止めてくれた六月に惹かれる?最後は才子と結婚?瓜江久生の恋愛関係を考察!

暴走を受け止めてくれた二人の女性!!瓜江は六月と才子どちらを選ぶ?

瓜江は赫子のフレームレベルを上げて以降、たびたび暴走しがちになります。

 

その暴走を受け止めてくれた仲間に、同じクインクス班の六月透と米林才子(よねばやし さいこ)がいました。

 

六月はオークション掃討作戦の際に、喰種「ビッグマダム」との戦いで半狂乱になり暴走しかけた瓜江を赫子で包み込み、受け止めました。

 

ここで瓜江は六月が女性であるという秘密に気づき、以降異性として意識していくことになります。

 

また、ドナート戦でフレームアウトして完全に喰種化してしまった瓜江を助けたのは才子でした。

 

才子は身を挺して瓜江を受け止め、Rc抑制剤を使い暴走を沈静化します。

 

それから瓜江は、自身を救った才子にも惹かれるようになり、六月と才子、二人への想いの間で揺れ動いていきます。

六月の告白で失恋!?最後に寄り添うのは才子??最終回の人間関係!

瓜江に想いを向けられる六月でしたが、彼女はその師であり上官でもある佐々木琲世に恋心を抱いていました。

 

瓜江は黒磐武臣と依子の結婚式で、六月から佐々木琲世への愛を告白され、失恋します。

 

また、物語が進むにつれて六月の異常性が明らかになっていき、このことからも瓜江は六月より才子を相棒として寄り添うようになっていきました。

 

瓜江久生の髪型に注目!リヴァイに似ている?毒舌だけどかっこいい!名言も

髪型が進撃の巨人のリヴァイに似ている!?瓜江とリヴァイの共通点は?

瓜江の髪型はツーブロックで、刈り上げた襟足に上から髪をかぶせるようなスタイルになっています。

 

この特徴的なヘアスタイルに、「進撃の巨人」のキャラクターであるリヴァイ・アッカーマンを思い出した方も多いのではないでしょうか。

 

事実、前髪の分け方など細かな点を除けば瓜江とリヴァイの髪型はかなり似ていることがわかります。

 

また、瓜江とリヴァイは髪型以外でもその圧倒的な戦闘力やストイックな生き方など人物像にも共通点が多いといえるでしょう。

毒舌でうざい?!瓜江の名言!!仲間思いに成長!

瓜江といえば内心で振りまかれる強烈な毒舌が特徴ですが、その猜疑心や自己中心的な性格も作中での成長を通して変わっていきます。

 

オークション掃討作戦以降はクインクス班の仲間の言動に一定の理解を示したり、仲間意識を抱いたりするようになります。

 

ロゼ殲滅戦では、喰種「ノロ」の攻撃を受け瀕死の不知(しらず)に対して「死んでんじゃねええええええッッッッッッ!!!!!!!!!」(55話)という激情をぶつけます。

 

当初は不知のことも自身の出世のために利用することしか考えていなかった瓜江が、仲間の死にここまで感情を動かすようになっていたことがわかる名言といえるでしょう。

 

また、佐々木琲世がメンターを辞任してその後を瓜江が継いでからはリーダーとして班員の面倒を積極的に見ており、人間としても大きく成長していきました。

 

喰種捜査官瓜江久生の強さは!?プロフィールを解説!!

瓜江はクインクス最強?!強さとプロフィールを紹介!

瓜江は喰種対策局(通称CCG)のクインクス班班長を務める青年で、階級は二等捜査官です。

 

CCGアカデミージュニアスクールという喰種捜査官の養成学校を首席で卒業したエリートで、捜査や戦闘において高い能力を発揮します。

 

しかし性格は無愛想で無口で、特にセリフ内の括弧書きで表現される内心ではかなりの毒舌家です。

 

ですが弱冠19歳にしてCCGに任官したことからその強さは折り紙付きで、クインクスでも上官の佐々木琲世(ささきはいせ)一等捜査官に次ぐ実力者であると言えるでしょう。

強さの秘密!!赫子(かぐね)やクインケは?瓜江の能力を解説!

クインクス施術を受けた捜査官である瓜江は、喰種の異能である赫子と対喰種生体兵器クインケという2つの武器をもちます。

 

瓜江の赫子は肩甲骨周辺から発現する甲赫(こうかく)という種類で、恐竜の口のようなものからランスのような剣身が生えた形状です。

 

甲赫の重量と硬さによる高い攻撃力を誇り、その形状から前衛での近接戦闘を得意とします。

 

また、瓜江の使用するクインケ・ツナギは喰種の尾赫(びかく)を加工して作られたもので、こちらも剣のような形状をしています。

 

日々肉体の鍛錬も欠かさない瓜江だからこそ、これらの武器を使いこなすことができるのでしょう。

暴走しがち!?覚醒はいつ??フレーム解放と危うい強さ!

ここまで瓜江の強さをみてきましたが、瓜江は琲世の戦いを目の当たりにしてからさらなる強さを求めていくことになります。

 

瓜江は自身の赫子を強化するため、上官である琲世に無断でフレーム解放手術を受けたのです。

 

フレームとは、クインクス施術で体内に埋め込まれた喰種の体内器官・赫包(かくほう)を人体と隔てる5つの部位のことです。

 

このフレームの稼働率を調整することでより強い赫子の力を得られる反面、喰種化による暴走のリスクも増加してしまいます。

 

しかし、瓜江は後述する父親に関係したトラウマから異常なまでの出世欲に駆られており、危険な手術に手を出してしまったのです。

 

そしてついに喰種「ビッグマダム」との戦いで暴走してしまいますが、それを受け止めてくれたのが同じクインクス班の六月透(むつきとおる)でした。

おすすめ記事