八雲さんは餌づけがしたい全巻無料で読む方法を紹介!漫画バンクzip,rarは危険|最終回完結まで一気読み!里見Uによるハートフルマンガ!

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『八雲さんは餌づけがしたい』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。

結論!『八雲さんは餌づけがしたい』は漫画アプリ『マンガUP!』で読める

いきなり、結論です。

 

『八雲さんは餌づけがしたい』はこちらのスクウェア・エニックスが運営する漫画アプリマンガUP!にて全巻無料で読むことができます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガUP!』はスクウェア・エニックスが運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガUP!』では『八雲さんは餌づけがしたい』を惜しげもなく1巻から最新巻まで無料で公開してくれています

 

安心安全に、そしてタダで『八雲さんは餌づけがしたい』を全巻読破したい方は『マンガUP!』を使う方法が最もお得です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

ここまでのまとめ
  • 『八雲さんは餌づけがしたい』は漫画アプリ『マンガUP!』にて全巻無料で読める
  • 『マンガUP!』はスクウェア・エニックスが運営する漫画アプリなので安心安全
  • 『マンガUP!』をダウンロードする際にも一切お金はかからない

以上がここまでのまとめです。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

また小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガUP!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています「無料で多くの有名漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

次に『マンガUP!』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

『マンガUP!』の基本的な使い方

『マンガUP!』に掲載されているマンガを無料で楽しむには、アプリ内アイテムである『MP(マンガポイント)MP+(マンガポイントプラス)を使用して読むことになります。

 

簡潔に言うと『MP(マンガポイント)』『MP+(マンガポイントプラス)』などを使うことで、1日1作品において、12話分以上のマンガを無料で読むことが可能です。

 

要するに1日に最低でも単行本1冊分に値する量のマンガを『マンガUP!』にてタダで楽しむことができるということです!

 

『八雲さんは餌づけがしたい』も1日に12話分以上、読み進めることができます。

 

『マンガUP!』で使うアプリ内アイテム『MP(マンガポイント)』『MP+(マンガポイントプラス)』のそれぞれの使い方を詳しくみていきましょう!

『マンガUP!』のMP(マンガポイント)とは?取得方法と使い方を解説

MP(マンガポイント)とは?
  • MPとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝8時、夜8時に120MPずつ配布される(1日に計240MP)
  • 30MP消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単なMPの取得方法と使い方の説明です。

 

毎日、配布される計240MPを使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムがMPです。

 

但し1点だけ注意があり、MPを120MP以上貯めこむことは出来ません

 

朝8時に120MPが配布され、その120MPを使わずに夜の8時を迎えたとしても新たに120MPが加算されることはありませんので注意が必要です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

『マンガUP!』のMP+(マンガポイントプラス)とは?取得方法と使い方を解説

MP+(マンガポイントプラス)とは?
  • MP+とは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • MPがなくなってしまった場合でもMP+を使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガUP!』新規ダウンロード特典で750MP+(25話分)が付与される
  • 毎日、短い広告動画を1度見るだけで30MP+(1話分)が付与される

以上が簡単なMP+の取得方法と使い方の説明です。

 

下の画像のように『マンガUP!』新規ダウンロード特典では、750MP+25話分)が無料配布されます。

 

そして毎日、短い広告動画を視聴することで30MP+1話分を取得することが出来ます。

 

アプリを起動すると画面右下に「ヒヨコ?」のようなピーナップくんというキャラが鎮座しているので、タップしましょう!

すると「短い動画を見る」というボタンが表示されるので、タップして短い広告動画を視聴します。(広告を見ずに流してるだけでもOK!)

たったこれだけの労力で、30MP+(マンガ1話分)が手に入ります。

 

やらない手はありませんよね(^^)/

短い広告を見て30MP+を獲得できるシステムは毎日、夜0時に回復します。

他にもMP+を取得する方法があります。

 

ホーム画面上に表示される「クエスト」をクリアしていく方法です。

 

「クエスト」と言っても簡単なもので、例えば「マンガUP!に毎日ログインする」「~のマンガを3話まで読む」などの条件をクリアすることで、難易度に応じてMP+(マンガポイントプラス)が付与されます。

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

『MP(マンガポイント』『MP+(マンガポイントプラス)』以外で1日3話分のマンガを読む

先ほど紹介した『MP』『MP+』が0ポイントになってしまった場合でも1日に3話分のマンガを無料で読むアプリ内システムがあります。

 

その仕組みがコチラ。

 

読みたい”話(はなし)”のページへ飛ぶと、「動画を再生して読むと表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで新たに1話分のマンガを無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • MPを利用して1日8話分のマンガを無料で読む
  • 広告視聴やクエストをクリアして獲得したMP+を利用してマンガを無料で読む
  • 短い広告動画を最大3本見て、3話分のマンガを無料で読む

以上の事から『マンガUP!』は、1つの作品において、1日に最低でも12話分のマンガを無料で読むことのできるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります!

 

ぜひ、この機会に遠慮なく無料で読ませていただきましょう!!(^^)/

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『八雲さんは餌づけがしたい』の世間の評価は?

大和くんの食べっぷりがとても良き!作りがいありますよね。「おかわり」って言われると!あんだけどかどか自分が作った料理食べてくれると私も餌付けしたくなります(笑)

 

「八雲さんは餌づけがしたい。」ほんとーーーに面白いです。今流行っている?餌付け系お姉さん漫画です(笑)心温まるストーリーも必見です!まずは1巻読んでみては?(^^)/

 

八雲さんみたいに、こんな可愛い未亡人が隣にいて、自分の為に毎晩ご飯作ってくれるとかやばいだろ。八雲さん可愛すぎ。全巻買いますわ。

 

八雲さんが作る料理毎回めっちゃ美味しそう!どのご飯もリアルすぎて読んでいて腹減ります。飯テロ!(笑)こんな美味しそうなご飯を毎日食べれる大和くんがただただ羨ましすぎる!私の家の隣にも八雲さんみたいな人住んでほしいなぁ〜っていつも思いながら読んでいますwww

 

私、女だけど八雲さんに餌付けされたい。飼われたいw 最新巻が待ちきれないや~(>_<)

 

実際にあったらアレな関係性だけどなんとなくお互いがお互いを必要としていく感が微笑ましく思います。時折、何だか切なくもあり、おばさんの私の心には響きまくる漫画です。最高に面白いです。

 

「八雲さんは餌づけがしたい」買って大正解でした!まだ読んでいないメガネ黒髪巨乳が好きな人は絶対読むべき!

 

八雲さん未亡人なのに働いてない?食費は誰が出してるんだってことが気になって仕方ない(笑) 何はともあれほんわかして面白いです!

 

八雲さんが言っていた「作ったご飯で身体ができてる」って言葉は特に心に響きました。私ももっと料理頑張ろうって思わせてくれるマンガでした!あと単純に癒される漫画です!ぜひ、みなさんも!

 

八雲さん、予想以上に面白かった。大和くん純粋で良いキャラだ!巨乳に悪い人はいないな。笑

 

八雲さん可愛すぎる!八雲さんが現実にいたらみんな幸せになれそうw 大和くんが野球少年って設定もグッド!

 

八雲さんと大和くんの関係性がすごい好き!そして読んでてお腹が空きます!

 

扉絵のいつもと違ったセクシーな八雲さんも好きなのでこれからも色んな表情やポージング楽しみにしてます!

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『八雲さんは餌づけがしたい』見どころ紹介!

見どころ① 基本は未亡人と野球少年が二人でご飯を食べるお話

物語は数年前に夫を亡くした八雲柊子が、住んでいるアパートの隣の部屋に住む大和翔平と夕食を共にし、ゆっくりと交流を深めていくのというが基本の話です。

 

きっかけは八雲さんが余らせたご飯を、隣の部屋に住む翔平へのあいさつも兼ねてドア前まで持っていきます。

 

八雲さんが作った大きなおにぎり三つを、翔平はその場で平らげてしまいます。

 

その食べっぷりと、コンビニ弁当が散乱している翔平の部屋を見た八雲さんは、翔平を夕食に招くようになります。

 

料理を食べる描写が多いですが、料理そのものが中心の漫画ではなく、調理や食事の過程で繰り広げられる八雲さんと翔平の人間関係の描写が主な流れとなっています。

 

料理のメニューもご飯が進むような単純なものがむしろ多いです。

 

「美人のお姉さんに料理を振舞われる」という羨ましいシチュエーション以外は何時か何処かで体験したようなものが多く、ストーリーの進行はゆっくりです。

 

しかしゆっくりとした展開から生まれる穏やかな雰囲気は、確実に読者を物語の世界に引き込んでいきます。

 

気が付くと読み進んでいて、読み終えた時には心に温かいものが残っているという印象でした。

見どころ② 翔平が八雲さんを少しずつ異性と認識するところ

八雲さんはとにかく「人に料理を食べてもらえることが楽しい」という、餌付けや人の世話をすることを趣味とした性格です。

 

亡くした夫と知り合った経緯もそれがきっかけでした。

 

翔平の黙々とした食べっぷりや、ふとした仕草を亡き夫のものと時々重ねたりします。

 

しかしそれで悲しんだりということはなく、むしろ楽しい想い出として振り返るのがほとんどで、基本的には翔平のことを「お世話対象、餌付け対象の可愛い少年」としか認識していません。

 

翔平のほうは周囲から「何を考えているかわからない」と見られ、本人も漫画の初期では「野球は好きだが、プロになるというような明確な目標や意思が持てていない」というあやふやな状態でした。

 

そのため始めは自分の恋愛感情にも疎く、八雲さんのことは余り意識していませんでした。

 

しかし八雲さんの容姿に見惚れたり、手が触れあった時に照れるなどの年相応な姿を見せることはありました。

 

物語が進むにつれて、翔平は無自覚にですが八雲さんへの気持ちを募らせていきます。

 

翔平と亡くなった夫の共通点を楽しそうに話す八雲さんに翔平が戸惑いを覚えるところ。

 

野球部全体への差し入れとして八雲さんが持ってきたお弁当に翔平が独占欲を見せるところなどは初期に比べると翔平も変わったなと感慨深いものがありました。

見どころ③ 八雲さんの魅力と翔平のカッコ良さ

八雲さんと翔平のやり取りが物語の中心となりますが、八雲さんと翔平それぞれ単独の場面でも見どころがあります。

 

八雲さんは特に目立った趣味を持っていないので、日常の何気ない中での可愛さを見ることが出来ます。

 

翔平に何を食べさせようか思案するときの楽しそうな様子、夫との餌付けの思い出を大事にしつつ悲しまず笑顔でいるところ、また後半のコミックでは1話毎に八雲さんの男子には垂涎物のあられもない姿やコスプレ姿がタイトルに描かれています。

 

翔平は八雲さんの居ないところでは野球部の高校一年生としての姿が見れます。

 

名門野球部の特待生であり普通の青少年なら弱音を吐く、あるいは指導者や周囲への不満をまき散らすのではと思う位のキツイ練習を黙々とこなすところ。

 

一年生にも関わらず高校大会でレギュラーに選ばれホームランを打つなど特待生としての実力を見せつけます。

 

しかしそんな彼も悩みとは無縁ではありません。

 

先輩である三年生にとっての引退試合で負けて尊敬する先輩と甲子園に行けなかったことを翔平は悔しく思います。

 

しかし同時に翔平は自分を完封するほどの強い投手と戦えたことに対する高揚感を試合直後から抱えており、「周囲が落ち込んでいるのに高揚感を持っている自分は…」と悩みを抱えていました。

 

そのエピソードを見た時、漠然と翔平は将来甲子園に進むんだなとかプロに進むんだなという器の大きさ、予感のようなものを抱きました。

 

そういったそれぞれの話を挟みながら二人のやり取りが進んでいくので、野球少年として、加えて恋心を自覚前の青少年の成長を八雲さんが母親のような心境で見守るという構図もあります。

見どころ④ 二人の周囲の人々

ほとんどの話は八雲さんと翔平がご飯を食べる様子で一話一話が完結します。

 

しかし八雲さんの友人や、翔平の部活仲間、翔平の家族など魅力的なサブキャラクターも登場します。

 

その中でも物語に関わってくる代表的な人物としては、翔平の幼馴染である西原ルイ、翔平の妹である大和さくらがいます。

 

西原ルイは熱狂的な野球ファンで、翔平が野球少年になる要因を作った人物と言えます。

 

将来の夢は「プロになった翔平と結婚すること」と女友達にも豪語し、何度も翔平に告白していますが翔平からは「野球に集中したいから」と断られています。

 

八雲さんの存在を知ったルイは八雲さんに会いに行きます。

 

餌付け好きの八雲さんから手作りスイーツを振舞われたルイは、料理上手でさらに女性としての魅力に溢れる八雲さんのことをライバル視して闘志を燃やします。

 

しかし当の翔平が八雲さんにはっきりとした恋愛感情を見せないこと、ルイと同じように八雲さんも野球を行う翔平のことを純粋に応援しているので、後半では八雲さんとルイは普通に話し合う仲に落ち着きます。

 

翔平の妹である大和さくらは感情の読みづらい兄とは違い、表情豊かでしっかりものという性格です。

 

年上で料理上手な八雲さんに憧れており、翔平と八雲さんの仲は若干応援しているような描写も見れます。

 

後半になると翔平ではなくさくらと八雲さんだけのお話もあり、じゃれ合う二人の様子が最高に可愛いです。

 

もちろん八雲さんは、さくらにも翔平と同じく「餌付け」を行っており、ピクニックや運動会でさくらと一緒に楽しみながらご飯を共にしています。

 

このように様々な人物が登場しますが、作中の人物は八雲さんと翔平の関係を知らないか、ある程度好意的に捉えているかの二種類に分けられます。

 

なので特に八雲さんと翔平の関係を揺るがす事件は起きずにゆっくりと物語は進んでいます。

『八雲さんは餌づけがしたい』序盤ネタバレ紹介!

第1膳「八雲さんは餌づけをしたい」

八雲柊子(やくもしゅうこ)28歳 趣味は料理の女性。

 

この女性の家で高校生男子に特大ハンバーグ目玉焼き乗せを提供するシーンから始まります。

 

彼の名前は大和翔平(やまとしょうへい)高校1年生名門野球部に所属。

 

そんな彼に餌づけをしている八雲柊子(通称、八雲さん)

 

夫を亡くし大好きだった料理も楽しめなくなるほど落ち込んでいた八雲さん。

 

炊飯器に残るご飯をみて、思いつきで大和翔平(通称、大和)におにぎりを持っていきます。

 

勢いよくその場で食べる姿をみて「お腹空いたらうちにご飯を食べにおいで」

 

そんな事から2人の関係ははじまりました。

 

特大ハンバーグを食べ終えた大和に、「明日も絶対来てね」と話す八雲さん。

 

「はい、また明日」そんな2人の会話で第1膳が終わります。

第2膳「八雲さん、炊飯器を買う」

一晩でご飯8杯食べるノルマを監督から課せられた大和。

 

八雲さんは、早速最新式の炊飯器を購入します。炊き立てのご飯に大満足の八雲さん。

 

大和の反応を楽しみにするのですが、大和はいつも通りにもりもりと食事をします。

 

反応を聞いても「いつも通りうまい」との返事。

 

実は大和の両親は共働き、そのため自宅では温めた食事をしていました。

 

その為、八雲さんの家で炊き立てのご飯を食べた時にとても美味しいと思ったみたいです。

 

大和の帰った後この話を思い出し、洗い物をしながら頬を赤く染める八雲さんのシーンで第2膳は終わります。

第3膳「大和翔平の日常」

桐聖学院野球部に所属する大和翔平(通称、大和)大和の1日の始まりから、第3膳が始まります。

 

寮で朝食を取る野球部員。

 

推薦入学なら、強制入寮のはずの大和ですが、実はギリギリに桐聖学院(通称、桐聖)への入学を決めた為、寮の申し込みが間に合わず1人暮らしをしているという事実が判明します。

 

野球部員から、夕食の心配をされた大和。

 

「近所に親戚の姉ちゃんが住んでるから、そこで食っている」と少し下向き加減で話す大和。

 

ここで、八雲さんの日常になります。

 

思いつきで、大和の高校まで行ってみました。

 

そこで目にしたのは、コーチから厳しく指導されている大和の姿でした。

 

八雲さんはそんな大和のために特大オムライスを準備します。

 

オムライスには「がんばれ」と野球ボールとバットのイラスト付き。

 

うめぇ!と美味しそうにオムライスを頬張る大和のシーンで第3膳は終わります。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

第4膳「八雲柊子の日常」

「今日、メシ食いにいけません」大和からのメールで1日が始まった八雲さんの1日です。

 

この1カ月毎日ご飯を食べに来ていたなと、しみじみ思っていた八雲さん。

 

今日は大和が豚の角煮を食べた事がないと話していたので、1日かけてとろとろの豚の角煮を作るつもりだったみたいです。

 

その日は買い物には行かず、お散歩がてらに図書館に借りていた本を返しに行きます。

 

そこで、野球のルールの本を借りて帰宅します。

 

帰宅途中、お肉屋さんに声をかけられます。

 

しかし、「今日は大丈夫です」と断り、晩ご飯は適当でいいか。と思いながら帰宅します。

 

借りた野球の本の内容は八雲さんに取っては難しく諦めてお風呂に入ります。

 

大和が自宅で食事を取らない日は長いと、思いながら就寝しようとしたその時、隣の部屋から物音が。こんな遅くにベランダに誰かいる。空き巣かもしれない、と思いフライパンを持ちベランダに行く八雲さん。

 

なんと、大和が翌日に着る野球のアンダーを忘れていたため取りに一時帰宅していたのです。

 

ベランダで顔を合わせ、「ちょっと待ってて」と話し、残り物おにぎりにしたお弁当を大和にわたし見送ります。

 

嬉しそうな顔で眠る八雲さんの寝顔で第4膳が終わります。

第5膳「お花見の夜ー①」

 

野球部の練習帰り、お弁当を持った八雲さんが夜道に立っています。

 

友達と予定していたお花見がキャンセルになったと話し、ずっしりと重たいたくさんのお弁当を手に持っていました。

 

「持ちますよ」とお弁当を持ってくれた大和もお弁当の重さに驚いていました。

 

「たまたま桐聖学院の近くを通りかかかったら、大和君に会えてラッキーだったわ」と嬉しそうに話す八雲さん。

 

花見の場所まで2人で学校の話や、近くの大盛りラーメン屋さんの話をしながら向かいます。

 

花見の場所に着くと、100円ショップで購入したレジャーシートを広げて2人お花見を始めます。

 

たくさんのお花見弁当になんとお団子まで準備してありました。

 

「今日はわたしも一緒に食べちゃおう」と話し、食事を始めます。

 

両手持ちでわしわし食べる大和の姿に微笑む八雲さん。

 

「この桜は有名な桜で遠くから、わざわざ見に来る人もいる」と話します。

 

「今のアパートに住むまでは毎年来ていた」と話、亡くなった夫と思われる男性と2人でお花見をしている八雲さん。

 

そして、今日の大和と八雲さんの背後のシーンで第5膳が終わります。

第6膳「お花見の夜ー②」

「今のアパートは近いのに全然来ていなかった」と話八雲さん。

 

そこに桜の花びらが舞い、お弁当と八雲さんは花びらにまみれてしまいます。

 

自分で取ろうとしますが、なかなか取れません。

 

大和にお願いをして、花びらを取って貰いました。大和に取ってもらうと、「ありがとう」と頬を赤める八雲さん。

 

「ごちそうさま」でお花見は終わり、明日の朝練の事を心配する八雲さん。野球は嫌いじゃないと話す大和。

 

すると、突然「ごめんね、実は友達と会う約束はなくて、一緒に桜を見て欲しかったから、大和を待っていた」と話す八雲さん。

 

男の子なのに、お花見は興味なかったのではないかと心配する八雲さん。

 

大和は「好きです、お花見」と少し頬を赤らめて下向き加減で返事をします。

 

大和の返事に「そっか、よかった」と笑顔で返事をする八雲さん。

 

2人は月明かりの夜道を歩いていくシーンで第6膳は終わります。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

第7膳「暴走JKルイ登場」

大和の幼なじみのルイが、大和に告白するシーンから始まります。

 

直前に桐聖に決めたと話していた大和。実はルイとルイの父親が徹夜で説得して、桐聖に決めたみたいです。

 

ルイは幼い頃から、大和の野球センスを見抜き甲子園で活躍し、大型ルーキーとしてプロ入りする大和を支えている!とドヤ顔をしたいルイ。

 

ただ肝心な恋仲にはなれず、そんな時に友人から八雲さんの話を聞き偵察に。

 

しかし、八雲さんの手作りかぼちゃケーキと人柄をみて、「あなたには負けない!」としっかりケーキを完食してから、飛び出していくルイ。

 

その日の夜ニヤニヤしながら、恋人の有無を大和に確認。

 

その頃、ルイの自宅では手作りケーキを姉に食べさせていました。

 

反応は、、、下向き加減で味見をしたのか確認されていました。

第8膳「移ろいゆくモノ」

お墓参りをしている八雲さんのシーンではじまります。

 

八雲さんは友人の由梨さんと食事をしながら、他愛もない話で盛り上がります。

 

近くでソフトクリームを食べていた子が食べるのがもったいないから、家に持って帰りたいとなんとも微笑ましいシーンが描かれています。

 

「今日の柊子なんか元気そうで安心した」と由梨さんは帰っていきます。

 

本日の夕食は八雲さんが5割引で購入した、豚バラ肉で作った角煮です。

 

いつもがつがつ食べる大和がちびちびとしか食べず「残していいですか?」発言。

 

心配になった八雲さん、なんと大和は美味しくてもったいないから残したいと話したみたいです。

 

由梨さんとのランチの時のソフトクリームを持って帰りたいと話子どもと重ねて大和をみて、大笑いする八雲さん。

 

もちろん、子どもと重ねて笑ったことは大和には秘密にする八雲さんでした。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事