よふかしのうた七草ナズナがかわいい!過去や正体は?いつ吸血鬼になった?夜守コウとの恋路は?

おすすめスマホアプリ

 

「サンデー」にて連載中の人気マンガ『よふかしのうた』。

 

そんな『よふかしのうた』に登場するヒロイン・七草ナズナの正体や過去・夜守コウとの恋路などについてご紹介します!

 

また『よふかしのうた』を1巻から最新巻まで無料で読みたい!という方に『よふかしのうた』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

 

まず『よふかしのうた』を全巻無料で読む方法です。

『よふかしのうた』は漫画アプリ『サンデーうぇぶり』で読める

『よふかしのうた』は、こちらの小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりにて無料で読むことができます。

サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ

サンデーうぇぶり-小学館のマンガが毎日読める漫画アプリ

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』は小学館が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『よふかしのうた』が『サンデーうぇぶり』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最新巻まで無料で読むことができます

 

安心安全に、そしてタダで『よふかしのうた』を1巻から最新巻まで読破したい方は『サンデーうぇぶり』を使う方法がベストです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

また『サンデーうぇぶり』では、『よふかしのうた』以外にも以下のような名作と呼び声高いマンガの数々を無料で読むこともできます。

  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • からかい上手の高木さん
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • BE BLUES!~青になれ~
  • 結界師
  • スプリガン
  • トニカクカワイイ
  • 名探偵コナン ゼロの日常
  • 湯神くんには友達がいない
  • アオイホノオ

などなど…

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

漫画アプリに関して言うと、集英社が運営する少女マンガに特化した漫画アプリマンガMeeやスクウェア・エニックスが運営するマンガUP!も特にオススメです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 恋を知らない僕たちは
  • ハニーレモンソーダ
  • 古屋先生は杏ちゃんのモノ
  • みにあまる彼氏
  • テリトリーMの住人
  • 美食探偵 明智五郎
  • これは経費で落ちません!
  • 素敵な彼氏
  • 流れ星レンズ
  • 好きって言わせる方法
  • うそつきリリィ
  • アシガール
  • ひるなかの流星
  • ケダモノ彼氏
  • きらめきのライオンボーイ
  • 青空エール
  • アオハライド
  • きょうは会社休みます
  • 虹色デイズ
  • 君に届け
  • ダメな私に恋してください
  • 銀魂
  • ちびまる子ちゃん

などなど…

 

『マンガUP!』で無料で読める主な作品一覧
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『サンデーうぇぶり』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、👇特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています「無料で多くの有名漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

七草ナズナの初登場時のエピソード紹介!

まずは七草ナズナがよふかしのうたに初めて登場したシーンについて紹介します。

 

七草ナズナはよふかしのうた1話から登場しますが、実は主人公の1人であるにも関わらず初登場時は正体不明の女です。

 

ナズナとよふかしのうたのもう一人の主人公・夜守コウの出会いは、人間関係の不和から不登校になり夜も眠れないコウがはじめて夜中に出歩いたことがきっかけです。

 

コウは不眠の解消方法を探しながら街をぶらぶらしていると、酒類を売っている自販機を見つけます。そして、魔が差しビールを買ったところをナズナに見つかってしまいます。

この時点では謎の女であるナズナはコウが眠れていないことを見抜き、酔っ払いのおっさんに絡むなど自分を解放できるよふかしのおもしろさをコウに教えます。

 

そして、ナズナは眠る手助けをしたいと言ってコウを自宅に連れ込みます。コウはナズナをおかしな奴とは感じながらも何か行動を起こせるわけでもなく寝たフリをします。

 

コウの寝たフリに騙されたナズナはコウから”食事”をします。

血を吸われたことでコウはナズナの正体に気付きます。ナズナは吸血鬼だったのです。

 

吸血鬼に血を吸われてしまったわけですから、コウは当然自分が吸血鬼になってしまうのではないかと心配します。

 

しかし、実際のところコウは吸血鬼になっていませんでした。拍子抜けするコウにナズナは吸血鬼とは何なのかを教えます。

 

吸血鬼にとって吸血はただの「食事」、そして人間が吸血鬼になるためには吸血鬼に恋している必要があるのです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

七草ナズナの正体は・・・「吸血鬼」!能力は?

七草ナズナの正体は吸血鬼でした。そして人間が吸血鬼になるには吸血鬼に恋をしている状態で血を吸われる必要があるようです。

 

ここではナズナの正体である吸血鬼について詳しく解説します。

 

しかし吸血鬼の能力は眷属を作るだけではありません。例えば吸血鬼には驚異的な身体能力や他者を魅了する能力があります。

 

ナズナには空を飛んだりビルをジャンプで越えたり車より速く走ったりと人間の限界を超えた身体能力があります。他にも壁をすり抜けたりと幽霊のようなこともできるなど吸血鬼の能力は多彩です。

 

これは他の吸血鬼にも共通する能力でコウ程度の力では全く太刀打ちできません。ナズナはこの力を使ってコウをよふかしに拉致したりします。

 

吸血鬼の能力は異常な身体能力だけではなく他者を魅了する能力があります。人間にとって吸血鬼は非常に魅力的に映るので食事をするのにも眷属をつくるのにも困ることはないということです。

 

ナズナももちろんこの能力を持っているのですが下ネタが好きなのに恋愛には疎かったりと全く使いこなせていないようです。

 

とはいうものの吸血鬼仲間のハツカからアドバイスをもらったときは、ハツカによって引き出されています。

 

驚異的な身体能力に相手を魅了する能力、一見最強にも思える吸血鬼ですがちゃんと弱点もあります。

 

1つはお馴染み太陽、吸血鬼は夜しか活動できませんし朝や日の光は天敵です。こちらはお馴染みの弱点ですね。

 

もう一つは人間だったころの品。例えば指輪だったり眼鏡だったり人間のころに身に着けていたものは吸血鬼にとって弱点です。

 

思い入れが強いものほど弱体化の効果は強く、これに触れていると包丁でも殺せるくらい弱弱しくなってしまいます。

 

ナズナの過去もこの吸血鬼の弱点を対策しようと躍起になっている過程で、徐々に明かされていきます。

 

主人公・夜守コウとの恋路はどうなる?

よふかしのうたはジャンルとしてはラブコメですが、コウとナズナの恋路はシンプルなものではありません。

 

というのもコウもナズナもどちらかに惚れているというわけではなくてコウは「吸血鬼になりたいから」ナズナは「コウの美味い血で食事がしたから」という利害が一致したギブアンドテイクの関係だからです。

 

ここではナズナの魅力を感じられるコウとの距離感について紹介します。

「はじめはコウが吸血鬼になりたいから」

コウとナズナの恋路はまずコウのアタックから始まります。とはいうもののコウがナズナに惚れたというわけではなりません。

 

コウはナズナと出会いよふかしの開放感を知ったため日常、学校での煩わしさから解放され戻りたくないと思うようになりました。

 

そしてナズナから吸血鬼について教えられ、吸血鬼になるには眷属になるための条件「吸血鬼に惚れること」が必要だと知ります。

そしてコウはナズナに吸血鬼になりたい、ナズナに恋をしたいとアタックをします。

 

一方でナズナはコウの血を吸って美味いと感じ今後もコウの美味い血を吸いたいと思っていたのでこれを了承します。

 

こうしてコウとナズナの恋路は利害の一致から始まります。

「ナズナも眷属を作る必要があった」

利害の一致から始まった二人の関係ですが基本的には仲良くつるんでよふかしをしているだけで恋が大幅に進展するということはありませんでした。

 

しかし、コウという人間と仲良くし始めたことでナズナにも吸血鬼として問題が生じます。

 

それはナズナ以外の他の吸血鬼たち―セリ、ニコ、カブラ、ミドリ、ハツカがナズナに早く眷属にしろとちょっかいを出してきたからです。

 

姑みたいで面白いですが、当事者である吸血鬼からすれば吸血鬼を知っている人間というのは危険です。

 

コウがナズナに惚れて吸血鬼になろうとしているということで一度は開放されたナズナでしたが、コウが友人と再会し吸血鬼になることについて悩みだしたことで事態は一変します。

 

ナズナはコウが迷っていることをニコたち他の吸血鬼に伝えコウを見逃してくれるように頼みますが話はそう簡単にいきません。

 

吸血鬼にならないならコウを殺すというニコとそれだけは回避したいナズナで話は平行線化のように思われました。

 

しかしニコはある条件でナズナは開放します。それはナズナがコウを惚れさせろ、というものでした。

「ギブアンドテイクから始まる恋」

コウを惚れさせろと条件を出されたことでナズナにも変化が生じ始めます。

 

コウをオトすために同じく吸血鬼でモテモテなハツカにアドバイスを聞いて服装を変えてみたりするなどそれまで恋愛に対して受け身がちだったナズナが自分からアクションを起こします。

 

特に印象的な変化は照れ隠しの部分です。ナズナは恋バナなど恋愛に疎く照れ隠しに下ネタを言うこともあるなどしました。

 

しかし、ニコからコウをオトせと言われてからはナズナの照れ隠しの部分にも変化がありました。

 

他の吸血鬼たちから「どこまで進んでるの?」と絡まれコウとキスしろと揶揄されたときにはからかうなと一蹴しました。

 

今までのナズナなら怒りながらキスしてた、とニコから評されているようにコウと一緒にいることでナズナも変わっていているようです。

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

七草ナズナの過去とは・・・?誰かの眷属じゃない?

ここまではナズナの正体とヒロインとしてのナズナを紹介しましたが、ここではナズナの過去について紹介します。

 

ナズナの過去自体は完全に不明でナズナ自身も全く記憶にありませんでした。しかし、「人間だったころに思い入れがあるもの」という吸血鬼の弱点や殺し方が発覚したことでコウと共に調べることになります。

 

ナズナの診察券を頼りにとある病院を訪れるとそこには吸血鬼仲間の1人、カブラがいて何かを隠しているようでした。

 

カブラの目をしのんで病院を探りナズナの過去を調べる2人でしたが推理はことごとく外れ、カブラは話したくはなかったのですが呆れて2人に教えることとしました。

 

話はカブラが吸血鬼になった経緯から語られ、カブラはナズナと見た目がよく似た吸血鬼七草ハルの眷属でした。

 

そしてこの「七草ハル」の実子が七草ナズナだったのです。つまりナズナは誰かに惚れて眷属になったのではなく吸血鬼から生まれた「生まれながらの吸血鬼」だったのです。

『よふかしのうた』七草ナズナに対する読者の反応は?

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

吸血鬼、七草ナズナと吸血鬼になりたい夜守コウの恋の行方がナズナの心情の変化でこうなるのか目が離せませんね。

 

ナズナが生まれついての吸血鬼だったということで、他の誰かに惚れていたわけではないと夜守コウに感情移入していた読者はホッとして野ではないでしょうか。

 

ここまでお読みいただきありがとうございました。

おすすめ記事