赤髪の白雪姫ゼンがかっこいい!白雪とのキスや告白結婚は?兄イザナとの関係や年齢オビとは恋のライバル?

おすすめスマホアプリ

 

連載中の大人気マンガ赤髪の白雪姫

 

今回は、そんな『赤髪の白雪姫』の登場人物、ゼンと白雪のキスシーンや告白シーン、結婚はするのか?などゼンについて深堀してご紹介致します!

 

また『赤髪の白雪姫』を1巻から最新巻まで無料で読みたい!という方に『赤髪の白雪姫』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介しています。

 

本題の前に『赤髪の白雪姫』を全巻無料で読む方法です。👇

『赤髪の白雪姫』は漫画アプリ『マンガPark』で読める

『赤髪の白雪姫』はこちらの白泉社が運営する漫画アプリマンガParkにて全巻無料で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』は、大手出版社の白泉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガPark 』では『赤髪の白雪姫』1巻から最新巻に収録されているすべてのエピソードを無料で配信してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『赤髪の白雪姫』を全巻読破したい方は『マンガPark』を使う方法が最もお得です。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関して言うと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • からかい上手の高木さん
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • よふかしのうた
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • 天使な小生意気
  • お茶にごす
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • BE BLUES!~青になれ~
  • 結界師
  • スプリガン
  • 名探偵コナン ゼロの日常
  • 湯神くんには友達がいない
  • アオイホノオ
  • 葬送のフリーレン
  • トニカクカワイイ
  • ハヤテのごとく!
  • 魔王城でおやすみ

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガPark』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 


『赤髪の白雪姫』は、アニメ化されており、アニメも大好評です。

 

こちらの「U-NEXT31日間無料体験」では、無料&高画質で『赤髪の白雪姫(全シリーズ)』を視聴できるだけではなく、新作マンガや新作映画の購入に使用できる600円分のポイントがタダ貰えるので、特にオススメです。

 

安心、安全にアニメ『赤髪の白雪姫』を無料で視聴した方は、「U-NEXT31日間無料体験」一択です。

 

「U-NEXT」の登録の仕方については、こちらのページをご参照ください。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

無料体験は31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、ご安心ください。

ゼンがかっこいい!プロフィールや初登場時の年齢は?どんな性格?

 

ゼン・ウィスタリア・クラリネスは、クラリネス王国の第二王子。

 

王子という立場でありながらどんな場所にも自らの足で向かい、自分の目で見て物事を判断する行動的な性格です。

 

人が好きで、身分に関わらず誰とでも対等に接する姿を「王子らしくない」と批判されることもありますが、常に「国は城の外に広がっている」という信念で行動しています。

ゼンの年齢は?白雪より年上?

1巻第1話で白雪と出会った時には年齢など明かされていません。

 

4巻15話の6年前のエピソードで当時13歳と紹介されたことから、1巻時点の年齢は19歳ということがわかりました。

 

また、このエピソードをきっかけに4巻の柱で白雪18歳、ゼン19歳、ミツヒデ23歳、木々20歳、オビ21歳と、メインキャラクター達の年齢が紹介されています。

 

最新25巻の時点では初登場からさらに2年経っていますので、現在の年齢はそれぞれにプラス2歳ということになります。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

ゼンと白雪の恋の進展は?出会いから告白キスした時のエピソード紹介!結婚は?

白雪との出会いはちょっと険悪?

お互いを思い合い成長していくゼンと白雪ですが、初登場1巻第1話の出会いはあまり良いものではありませんでした。

 

タンバルンのラジ王子から愛妾になるよう強要されクラリネスとの国境付近の森に逃げてきた白雪がたどり着いたのは、ゼンが視察の際に使う拠点として使っていた山小屋でした。

 

腕をケガしたゼンに薬剤師の白雪は傷薬を塗ろうとしますが、ゼンはそれを「信用できない」と拒否します。

 

白雪はゼンの持っていた剣の鞘で自分の腕を叩いて傷つけると、ゼンに差し出したのと同じ傷薬を塗って見せ「毒を持ち歩く趣味はない」と言いました。

 

その度胸を気にいったゼンは、白雪が隣国タンバルンから逃げ出してきた事情を知って助け出します。

 

クラリネス王国に居を移した白雪はゼンの力になりたいと宮廷薬剤師を目指すことに。

 

難しい試験をクリアして王宮の薬室で働き始めたものの、身分違いの二人の前にはたくさんの困難が待ち受けています。

 

一つ一つ真摯に向き合いながら絆を深めていくゼンと白雪は、互いを大切に思う気持ちの向かう先がどこなのか決めかねていました。

初めてのキス!ついに恋を自覚する二人

二人の関係が大きく進展するのが、3巻12話からのエピソードです。

 

ゼン主導で新しい連絡手段の導入を検討することになり、その試験の補佐役として白雪も参加していました。

 

試験の途中、導入に反対する貴族・ブレッカ子爵から試験は失敗だったと嘘の証言をするよう取引を持ち掛けられる白雪。

 

「本心はどうあれ、貴族である自分の言葉を無視して身分の低い娘に肩入れすればゼン王子は周囲から反感を買うことになる」

 

子爵に脅されますが、白雪はその言葉を強く否定します。

 

「確かに本心で動けないことがあると思う。でもそれなら、私は全力であの人をそんな目には遭わせない」

 

白雪はケガを負いながらも奮闘し、試験は成功しました。

 

ブレッカ子爵と白雪の会話を聞いていた護衛の兵士から白雪の言葉を伝えられたゼンは自分の中にあった白雪への気持ちをはっきり自覚し、初めて白雪にキスをします

 

顔を赤くして驚く白雪に慌てて「断りもなくすまない」と謝罪するゼンですが、顔を挙げると彼女の目を見ました。

 

「今度お前に触れる時は、ちゃんと告げてからにする。その時に、お前が思うことを聞かせてくれ」

 

その言葉に白雪は小さく頷きます。

二人の決めた答えは!?

初めてのキスをきっかけに、ゼンは白雪への思いを伝える決意をしました。

 

一方白雪もゼンからのキスで自分の中に恋愛感情があったことを自覚しますが、王子という立場のゼンにそれを望んで良いのかと思い悩みます。

 

数日後、城内の森の中で二人きりになったゼンと白雪。

 

悩む気持ちを口にして泣き出してしまう白雪に、ゼンはこの国の王子として白雪が側にいてくれることを望んでいると伝えます。

 

「お前との出会いにかけて守り抜く。お前は確かに、俺に強さをくれる」

 

そう誓ったゼンの差し出す手を、白雪はそっと取るのでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第二王子ゼンと側近達の絆!ミツヒデと木々に出会ったのはいつ?オビは恋のライバル?

クラリネス王国の第二王子であるゼンには、強い絆で彼を守り支える側近達がいます。

兄のようにゼンを見守る騎士ミツヒデ

一人目はゼンが13歳の時から側についているミツヒデ・ルーエン。

 

彼は砦を警備する騎士団の一般兵士でしたが、ゼンの兄で第一王子のイザナに剣の腕前と実直な性格を見出され反抗期真っただ中のゼンの側役を任されます。

 

しかしゼンはミツヒデに心を開こうとせず逃げ回ってばかりで、自分のやることに口を出すな、お前なんかただの側近でしかないと冷たい態度を取ります。

ゼンの抱える過去の傷

当時のゼンは王子という自身の立場に悩み、身分の上下が絡む関係ではない誰かを本当の友人として信じてみたいと願っていました。

 

そしてこっそり王宮を抜け出し、城の外れの小屋で弓矢番をする同じくらいの歳の少年・アトリと秘密の友達になっていたのです。

 

しかしアトリはかつて領民を苦しめる悪政を理由にイザナの手で潰された貴族の残党でした。

 

ゼンが命を狙われていることにいち早く気づいたミツヒデはイザナに報告し、ゼンを助けます。

 

戦いの中で傷ついたアトリは「お前が王子なんかじゃなければ良かった」と言いながら死んでいきました。

 

アトリの言葉に傷つき静かに泣いたゼンの隣で、ミツヒデは静かに言葉を紡ぎます。

 

「信頼できる者は必ずいます。まず、誰が味方か知ることです。王子として大切だと思うものを、ひとつずつ学んでいけばいい」

 

そしてミツヒデは、「まずは自分がゼンの側で信頼を得られる男になる」と誓いました。

 

寄り添うようなミツヒデの言葉でようやくゼンは心を開き、初めて「ミツヒデ」と名前で呼ぶと「俺も強くなる」と誓いを返します。

 

その日から6年、ゼンにとってミツヒデは絶対的な信頼を寄せる存在になったのでした。

冷静な眼差しでゼンとミツヒデを支える女性騎士・木々

ミツヒデがゼンの側役に就いた次の年、木々・セイランがゼンの側近に加わります。

 

木々は地方を治める貴族・セイラン伯爵家の一人娘で、将来セイラン家を継ぐことが決まっていました。

 

幼い頃に「将来当主となった時に先代である父より欠けているものがあってはならない」と考え、伯爵令嬢でありながら自ら剣術を学んだのだといいます。

 

父の仕事について城に来ていた木々とゼンが出会い、木々の芯の強さと剣の腕前を知ったゼは自分の側近にと望み声を掛けました。

 

いつも冷静で判断能力に優れ、近衛騎士団唯一の女性騎士として活躍してきた木々。

 

ゼンとの信頼関係はもちろん、ミツヒデとも背中を預け合う唯一無二の相棒として互いを認め合っています。

ゼンに代わり白雪を守る隠密・オビ

近衛騎士としてゼン王子に忠誠を誓う二人の側近とは違う立場からゼンに仕えているのが、白雪の護衛を務める隠密のオビです。

 

1巻第3話で登場したオビは王子の側に身分の低い娘がいることを良く思わない保守的な貴族が差し向けた刺客でした。

 

ミツヒデと木々に捕らえられてからは興味本位で自称従者としてゼンの元に留まります。

 

いつの間にか白雪に惹かれ、彼女に付き添ううちにゼン王子や側近の木々、ミツヒデとも互いに信頼を預ける仲間になっていきました。

 

白雪に対しては「名前を呼ばれると自分がちゃんとそこにいる気がする」と気持ちを寄せていますが、ゼンとの仲を引き裂く気はありません。

 

ゼンもそれをわかっていて、自分が白雪の側にいられないときの守りを任せる相手としてオビを選び第二王子直属騎士の身分を与えています。

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

兄イザナとの関係は?仲は悪い?子どもの頃のエピソード

クラリネスの第二王子であるゼンには、歳の離れた兄・イザナがいます。

 

正確な年齢は明かされていませんが、6~10歳ほど離れているのではないでしょうか。

幼い頃のゼンとイザナ

イザナとゼンの父、前国王のカインは早くに病で亡くなりました。

 

母ハルトが王位を継いで政務をこなしていましたが、無理をしたせいか体調を悪くしてしまいます。

 

ハルトは王都ウィスタル城から北部のウィラント城へ移り、十代後半のイザナは政務補佐として頭角を現しました。

 

一方まだ小さかったゼンは、父を亡くし母にも会えなくなった寂しさから部屋にこもりがちになってしまいます。

 

イザナは自分の部屋にゼンを呼び寄せ、二人はしばらく一緒に過ごしました。

 

兄は国王である母を立派に支えているのに何もできない自分がふがいなくて、幼いゼンは涙を流します。

 

「俺とお前、何歳違うと思ってるんだ」

 

呆れたようにイザナは弟を諭しました。

 

「俺がお前に無いものを持っているように見えるなら、それはお前に必要のないものだ。持てる物は他にある。それはお前が探せ」

 

まだまだ子供だったゼンには難しかったようですが、イザナの言葉を胸にゼンは自分が持つべきものを模索するようになります。

厳しくもあたたかく弟を導く兄

現在のゼンは兄のイザナに日々難しい課題を与えられ少し苦手意識を持っていますが、その一方で厳しい兄が小さい頃に自分を部屋に置いてくれたこと、若くして立派に采配を振るっていた姿を心に刻み、イザナが国王に即位するときには兄を支えられる存在になっていたいと考えていました。

 

またイザナも、思春期に王子としてのあり方に悩んでいたゼンが成長するのを認めるようになっていきます。

遠距離恋愛になった二人!成長するゼンと白雪はウィラント城で再会できる?

当初のイザナは王族のゼンが白雪を側に置くことに懐疑的で、白雪をゼンから遠ざけようと厳しい言葉を投げかけたり、二人を試すようなこともしていました。

 

しかし白雪が原因不明の疫病に宮廷薬剤師として立ち向かい、原因の究明と治療薬の開発に尽力した姿を見て考えを改めます。

 

12巻で白雪は北部の都市リリアスへ研究員として2年間赴任することになりました。

 

ゼンも母ハルトが治める北部地域のウィラント城で補佐をするという役目を担うことになります。

 

同じ北部地域とはいえ遠距離恋愛になってしまった二人。

 

この困難を乗り越えて王都のウィスタル城、または北のウィラント城で、再び一緒にいられるようになるのでしょうか?

 

今後の展開がとても楽しみですね!

『赤髪の白雪姫』ゼンに対する読者の評判は?

おすすめ記事