ブルーロック蜂楽廻(ばちらめぐる)プロフィール紹介!“かいぶつ”とは?自由奔放な鬼才はブルーロックでどのような変化を遂げた?

おすすめスマホアプリ

 

今回はブルーロックの蜂楽 廻(ばちら めぐる)を紹介します。

 

蜂楽は主人公の潔 世一(いさぎ よいち)と初期の段階で面識があり、幾多の苦難を乗り越えてきました。

 

性格的にはマイペースで無邪気な面が見られ、サッカーをしていないプライベートなシーンでも印象に残りやすいキャラクターです。

 

しかし、そんな性格とは裏腹にドリブルやバスを得意とするプレースタイルはブルーロックでも生かされています。

 

今回はそんな蜂楽がどんな選手なのか、またどのようなプレーをするのかを紹介していきます。

 

また『ブルーロック』を1巻から最新巻まで無料で読みたい!という方に『ブルーロック』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介しています。

 

『ブルーロック』を全巻無料で読む方法は?

昨今、各出版社が漫画アプリに力を入れており、連載中のマンガでも漫画アプリを通して無料で読むことができます。

 

例えば、小学館が運営する漫画アプリ『サンデーうぇぶり』では、サンデー系列で連載中のマンガや過去の名作マンガに至るまで幅広く無料で読むことができます。(←1番オススメの漫画アプリ

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『サンデーうぇぶり』で無料で読める主な作品一覧
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • うしおととら
  • 双亡亭壊すべし
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 天野めぐみはスキだらけ!
  • くノ一ツバキの胸の内
  • 結界師
  • チ。地球の運動について
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン
  • MIX
  • クロスゲーム
  • KATSU
  • ラフ
  • ジャガーン
  • トニカクカワイイ
  • 古見さんはコニュ症です
  • ダンスダンスダンスール
  • 土竜の唄
  • 魔王城でおやすみ
  • アオアシ

などなど…

 

しかし、『ブルーロック』に関しては今現在、無料で読める漫画アプリはありません

 

※追記:こちらの講談社が運営する漫画アプリ『マガポケ』では、『ブルーロック』を全巻ではありませんが、無料で読むことができます。

 

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

また『ブルーロック』の作者・金城宗幸先生の代表作のひとつである『神さまの言うとおり』に関しては、最終巻まで無料で読むことができるので、とてもオススメのアプリです!

 

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

そこで漫画アプリではなく『ブルーロック』を配信しているすべての電子書籍を調査すると、1つの電子書籍サービスを使って『ブルーロック』を実質無料で全巻読む方法が見つかりました!

 

電子書籍サービス『コミックシーモア』には、新規ユーザーに対して2つの超お得な特典を用意しています。

 

それが以下の特典です。

 

特典①は、『コミックシーモア』に無料登録した方、全員に「50%OFFクーポン」を配布しています。

1冊どの漫画でも半額で購入できます。もちろん『ブルーロック』の最新刊も半額で購入可能です。

 

50%OFFクーポンだけなら、他の電子書籍も特典として配布しているところが多いですが、『コミックシーモア』の超お得な特典は②の「月額メニュー登録で最大20000ポイントを後日お返し!」です。

 

簡単に説明すると、月額メニューを2ヶ月継続することで1ヶ月分のポイントが全額返ってくるという特典です。

月額メニューとは、毎月定額で『コミックシーモア』内のマンガを購入するために必要なポイントを買うシステムです。

普通に現金で購入するよりお得になるシステムです。

 

作品購入の時には、ポイントと現金の価格が表示されています。

 

「ブルーロック」を1巻〜最新15巻まで普通に購入すると・・・6360pt(税込6996円)となります。

 

月額メニューは特典ポイントも貰えるので、月額11000円のコース(コミックシーモア10000)に加入すれば12500ptがもらえて、翌月特典②により10000ptが返ってきます!

 

使ったはずの6360ptが10000ptも返還されるので実質全巻無料というわけですね!

 

『ブルーロック』を実質全巻無料でお得に読みたい方は、月額メニュー「コミックシーモア10000」がオススメです。

 

筆者は、このシステムを使って、『鬼滅の刃』を実質全巻無料で読みました。

 

新規ユーザー限定の特典ですので、まだ『コミックシーモア』を利用したことない人は、活用することをオススメします。

 

 

特典まとめ

・新規ユーザー限定で漫画1冊50%OFF!

・新規ユーザー限定で月額ポイント全部返還!

オススメ漫画アプリ

上記で紹介した『サンデーうぇぶり』以外にも小学館が運営する漫画アプリマンガワンや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』で無料で読める主な作品一覧
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • プロミスシンデレラ
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • チ。地球の運動について
  • 美味しんぼ
  • モブサイコ100

などなど…

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス
  • ラジエーションハウス
  •  

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ブルーロック蜂楽廻(ばちらめぐる)のプロフィール紹介!

https://twitter.com/fctokyoofficial/status/1444618385048801285?s=20&t=pXtzlNg2jfwgoqo4E_oLrw

 

蜂楽の初登場は入寮テストの「オニごっこ」を行う会場に主人公の潔が到着した時。

 

会場には潔を含め、12人の選手がいました。蜂楽は潔が会場に到着した時には既にユニフォームに着替えて熟睡していました。

 

入寮テストのオニごっこは136秒経過後にボールに当たってオニになっていた人が負けというものでした。

 

ブルーロックでは脱落してしまうとその時点でサッカーの日本代表になる資格を永久に剥奪されてしまうということもあり、潔含めた参加者は必死にオニごっこに挑んでいました。

 

そんな中、スタートの際にオニに指名された五十嵐 栗夢(いがらし くりむ)はオニごっこが開始されたのにも関わらず寝ている蜂楽にボールを当てようとします。

 

蜂楽は自分の下に向かってくる五十嵐の顔に逆立ちをしながら回し蹴りを決めます。

 

ハンド禁止というルールしかないため、ルール違反ではありませんが、同じ会場にいた選手を騒然とさせました。

 

試合が進み、残り35秒になったところでオニである潔が足を怪我して無防備になった五十嵐にボールを当てようとします。

 

しかし、人生を変えたいと考える潔は別の人間を狙おうとします。

 

その姿を気に入った蜂楽は残り10秒のところで自ら潔のボールを奪いオニになります。

 

蜂楽が狙ったのは高校2年生ながらU18に招集されるほどの実力者で潔と親しげにしていた吉良 涼介(きら りょうすけ)でした。

 

残り時間も僅かでボールを当てるのは難しいように感じましたが、最後は潔と連携をして吉良にボールを当てたことで入寮テストを通過しました。

 

以上が蜂楽の初登場シーンです。

 

序盤から蜂楽の醸し出す独特の雰囲気や潔との信頼感の構築が垣間見えたりと今後の蜂楽の活躍を予見させるような登場シーンでした。

 

蜂楽廻(ばちらめぐる)の”かいぶつ”とは?

蜂楽を語る上で欠かせないのはこの”かいぶつ”とよばれるそんざいです。

 

ここでは蜂楽のサッカー人生全体を通して蜂楽のなかにあるかいぶつについて解説していきます。

幼少期の母親とのシーン

蜂楽は幼少期から日常的にボールに触れていました。

 

その習慣があり、ドリブルでボールと一心同体になる感覚が芽生えるほどの実力でした。

 

ボールと一体になる感覚は蜂楽にとっては心地よいものだったのでサッカーで遊んでいた友人にも感覚を共有しようとしますが、友人たちは蜂楽の圧倒的なサッカーセンスに引け目を感じていました。

 

それでもサッカーをしようとしている蜂楽を友人たちが「変だろコイツ!」と罵倒してしまいます。

 

その罵倒に怒った蜂楽はその友達と殴り合いの喧嘩をしてしまいます。

 

帰宅した後母親に手当をしてもらっていましたが、その時も友人が言っていた「変だろ」という言葉が頭から離れませんでした。

 

蜂楽の母は喧嘩をしたことは否定的になりつつも蜂楽の考え方は間違っていないと諭します。

 

それでも蜂楽はゲームでは得られないサッカーを通じて得た快感を友人に伝えられないかと考えていました。

 

そんな姿を見た母親は蜂楽に自分の心の中にある儚く大事な存在であるかいぶつがいると信じていることを蜂楽に打ち明けます。

 

その話を聞いた後、蜂楽は自分だけの偶像の存在かいぶつを作り出してサッカーをするようになりました。

 

それは個人練習の時だけでなく試合をしているときも常にそのかいぶつとともにプレーをしていました。

 

しかし、チームメイトは蜂楽の理想についてこられなかったため、所属していたチームでは思うように実力を発揮できませんでした。

かいぶつとの向き合い方(2stまでの変化)

所属していたチームには蜂楽がイメージしているかいぶつの動きについてこられるような選手がいませんでした。

 

しかし青い監獄(ブルーロック)では、蜂楽のトリッキーなパスやドリブルについてこられる数々の強者たちが揃っているため、蜂楽の実力が発揮されていました。

 

中でも潔には蜂楽同様”かいぶつが潜んでいると感じていたため、お互い信頼し合っていました。

 

二次選考では試合に勝ったチームが負けたチームの中から選手を1人引き抜けるというルールの中で潔、蜂楽、そして一次選考で戦った凪 誠士郎(なぎ せいしろう)の3人チームはブルーロック実力TOP3が揃うチームと対戦して敗北してしまいます。

 

勝利したチームにいるブルーロック実力TOP1・糸師 凛(いとし りん)は引き抜く選手として蜂楽を指名しました。

 

潔と蜂楽は再戦して蜂楽を連れ戻す約束をして分かれます。

 

そして迎えた潔たちのチームと糸師&蜂楽のチームとの再戦。

 

数々の試合を乗り越えてきた潔は糸師に引けを取らない程に成長していました。

 

蜂楽は成長した潔、そして糸師という今まで出会えなかった同じかいぶつが潜んでいる仲間を見つけ、彼らとサッカーができることに高揚感をいだきます。

 

しかし、潔と糸師はお互いのことしか眼中にないことに気が付きます。

 

そしてその後も2人のプレーを見た蜂楽は、二人は自分の”エゴ”を貫いていると感じます。

 

蜂楽も自分のエゴは何なのかと悩みますが、凪の「今のおまえ(蜂楽)なんかいらない 勝ったら凛がほしい 潔も多分そう思っている」という言葉から今までかいぶつに依存していた自分を変えるためにかいぶつまたはひとりぼっちでやっていたサッカーと決別します。

蜂楽廻(ばちらめぐる)の名言や魅力とは?

ここからは蜂楽 廻の魅力がわかる言葉やシーンの一部を紹介していきます。

名言

俺の中の”かいぶつ”が言っている・・・「絶体絶命ってやつはビビるとこ(局面)じゃない! ワクワクするとこ(舞台)」

 

一次選考でVチームと対戦しているシーン。

 

0-3と圧倒的な力を見せつけるVチームに潔たちZチームは絶望します。

 

しかし、そんな中、唯一蜂楽だけは楽しそうな表情を浮かべます。

 

ただでさえゴールを決めることに対するプレッシャーが大きいストライカーですが、それに加えてチームとして試合の勝敗もメンタルの負荷となります。

 

しかし試合が劣勢であったとしてもそれをワクワクと考えサッカー自体を楽しもうとしている蜂楽の純粋なサッカー愛が伝わってきます。

 

正しい選択をするんじゃなくて 選んだ道を正解にするんだ これ世界一の極意なり♪ んで最後に信じるのは理屈じゃなくて直観だからさ・・・

U-20との戦いが終わり、ブルーロック第二段階に入りました。

 

第二段階は自らを研ぎ澄ますべく欧州5大リーグのいずれかの環境に身を投じる選択を強いられました。

 

潔はどのリーグに参加するか悩んでいましたが、そんな潔に蜂楽がこの言葉をかけました。

 

元々マイペースなこともあり、このような決断ごとに悩むようなタイプではありませんでした。

 

今回の言葉はマイペースさを表すだけではなく、”自分が選んだ道を正解にする”という部分にエゴイストぶりを強く感じました。

おすすめシーン

84話

二次選考で蜂楽が自分の中に染み付いてしまっているかいぶつと決別するシーン。

 

普段マイペースな態度や見方を生かすパスをする蜂楽でしたが、ここでは必死な形相でドリブルしたり、味方がパスを要求しても応えようとしませんでした。

 

その蜂楽の姿は潔に「このフィールド(戦場)でアイツ(蜂楽 廻)は誰にも”読めない”ジョーカー(危険人物)!!!」と思わせる程でした。

 

このシーンは蜂楽の今後のプレースタイルを大きく変えるようなターニングポイントなのではないかと感じるので見逃せないポイントです。

141話

U-20戦でシュートを放つシーン。

 

シザースをした後シュートモーションに入り、シュートすると見せかけて地面に向けて思いっ切り蹴って相手の頭上にリフトさせることでDF(ディフェンダー)をかわします。

 

その後、キーパーがボールを取りに来ようとしたところをループシュートでかわしつつ決めにいきます。

 

結果的には防がれてしまいましたが、かいぶつと向き合った後の見せ場で蜂楽のトリッキーな動きが目立つシーンでした。

おすすめ記事