ガンニバル11巻無料ネタバレ!タダで漫画読む方法紹介!後藤家VS村人過去編佳境!金次と銀は死亡?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『ガン二バル』11巻を無料で読む方法とネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

今回ご紹介する『ガンニバル』を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してくださいね。 

結論!『ガン二バル』は漫画アプリ『マンガBANG!』『マンガTOP』にて無料で読める

いきなり、結論です。

 

『ガン二バル』はこちらの株式会社Amaziaが運営する漫画アプリマンガBANG!と漫画アプリマンガTOPにて無料で読むことができます。

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガBANG!』は株式会社Amaziaが運営する国内最大級の漫画アプリです。

『マンガTOP』は日本文芸社が運営する漫画アプリです。

『マンガBANG!』『マンガTOP』共に公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『ガンニバル』11巻が『マンガBANG!』『マンガTOP』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最新巻まで全巻無料で読むことができます

 

このように『マンガBANG!』『マンガTOP』では『ガン二バル』を全巻無料で公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『ガン二バル』を全巻無料で読破したい方は『マンガBANG!』『マンガTOP』を使う方法が最もお得です。

 

『マンガBANG!』『マンガTOP』共に1日に無料で読める話数に上限がありますので、2つのアプリをダウンロードして併用して読んだ方がすぐに全話読めるためオススメです!

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

追記:こちらの漫画アプリ『ゼロコミ(マンガZERO)』でも『ガン二バル』が無料で読めることが判明しました!『マンガBANG』『マンガTOP』『ゼロコミ(マンガZERO)』共に1日に読める話数に制限がありますので、3つのアプリをダウンロードして読みすすめることをオススメします!

 

ゼロコミ-人気マンガが毎日読める漫画アプリ

ゼロコミ-人気マンガが毎日読める漫画アプリ

SAICORO INC.無料posted withアプリーチ

 

また同じく集英社が運営する漫画アプリヤンジャンマンガMeeも特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 悪魔とラブソング
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • ごくせん
  • ストロボエッジ
  • アオハライド
  • NANA
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • ハニーレモンソーダ

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガBANG!』『マンガTOP』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています。「無料で多くの漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 

『ガンニバル』11巻 ネタバレ紹介!

93話

銀(ぎん)が生きていたということを知った村人たちは銀を殺すと息巻いて山へ向かっていきます。

 

そのことについて紅(くれない)から聞かされた金次(きんじ)は気味が悪いほどの嬉しそうな顔を浮かべるのでした。

 

「っそがっ!!」と苛立っている村人たちは、結局三日も探し回ったようですが、銀のことを見つけることはできず、見つけられたのは重(しげる)の死体だけでした。

 

重の死体はまるで豚か牛のように腹を正中線に沿って一直線に捌かれていました。

 

今から食べようとしていたみたいだと告げる村人たちは、何としても銀を探し出そうと意気込みますが、そこに吉宗が「殺したり殺されたりするのはもう十分だ」と警察に任せることを提案します。

 

しかしそれを呆気なく一蹴した村人たちは今年の凶作や飢えすらも銀のせいにして、来乃神様に捧げなおさないといけないと言います。

 

山奥で縛り付けられていた銀が生きていたのは裏切り者がいるからではないかと村人たちは互いを疑い始めます。

 

そして村人のうち二人が、誰が裏切り者なのかと話していると突然銀が姿を現し、彼らに向かって鉈を振り上げるのでした。

 

別の場所で金次は銀が生きていることを喜びながら、彼女が生きている理由はお前か? と吉宗に問いかけます。

 

しかし吉宗は、今回は何もできなかったと告げると同時に、金次にもう銀にかかわるのはやめろと忠告を残します。

 

それも銀はもうさぶと重を殺してしまっているために、銀をかくまうようなことをすれば村人との殺し合いに発展してしまうことを心配してのことでした。

 

しかし金次は、自分に銀への愛はなくただの穴として俺の物だから手元に置いておくと告げ、ふんぞり返ります。

 

するとその先には銀の姿があり、銀は金次に守ってよと告げるのでした。

 

銀へ手を差し伸べる金次を吉宗は止めようとしますが、もし銀が欲しければ奪い合いで、自分からとってみろと不敵な笑みを浮かべます。

 

そして村には冬が来ます……。

94話

村人たちは重のように捌かれたうえに、木に吊るされている稔と幸雄という村人の死体を発見します。

 

彼らは最近行方不明であったらしく、銀がやったのだと村人の一人は確信します。

 

しかしもう一人の村人は供花村にわざわざ銀が来て村人を殺すなんてバカバカしいと怒鳴りますが、重の時と殺され方が同じであることと村人の何人かが銀らしい人間を見たというのです。

 

遺体を見る限り、女である銀一人でできるようなものではないと、他の村人が声を荒げることで、改めて銀の協力者を匂わせ、本当に銀がやったのであれば捧げものにすると叫びます。

 

場面は変わり金次と銀は洞窟のような場所を歩いていました。

 

「ここはなんだ」と尋ねる銀に対し、金次は狂い病に罹った者たちを隔離してきた場所だと、松明で辺りを照らすとそこには牢屋が現れました。

 

金次は銀をここに入っていてもらうことにしますが、その前に銀の抱えていた赤子を取り上げてしまいます。

 

そして金次はその子を呪いの子だと称し、地面へと放り投げます。

 

間一髪受け止めた銀を見て金次は、自分は自分の玩具を取られないように隠しただけで助けるつもりはないと吐き捨てます。

 

そして銀も銀の子供も二度と地上の光を拝むことはなく、ここで生きるのだと言われてしまいます。

 

場面は変わり、飢えに苦しんでいる村人たちは、銀は後藤家にいるのではないかと予想します。

 

未だ銀の行方を捜し続けていた村人たちに対し、赤子に乳を与えている村人が銀より飢えをどうにかしないといけないと告げます。

 

赤子は栄養不足により乳が出ていない乳房に吸い付いており、いつ死んでもおかしくない状態でした。

 

そして少年が母から赤子のお守りを代わると、少しもしないうちに赤子は動かなくなってしまいました。

 

それほどまでに村人たちは飢えており、苦しんでいました。

 

そこで食べ物ではなく、金を多くため込んでいる後藤家に改めて狙いを定めました。

 

地上がそんな一触即発の中、牢屋に入れられた銀は白銀(しろがね)に乳を与えながら、潰し合いを臨むのでした。

 

正宗(まさむね)は単身銀を探して奔走していたところ銀から言付けを預かっているという男に出会います。

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

95話

「この村を獲れ」と男からの言葉を忘れられず、茫然としていると吉宗からしっかりしないかと正宗は怒鳴られます。

 

それも彼らの周りには村人たちが集まっており、彼らへの説得が失敗したなら村が終わってしまうという窮地に立たされていたのです。

 

鍬や鋤など農具を武器として持った村人たちは既に心を決めており、後藤家から金を奪い取ると吉宗に告げます。

 

しかし吉宗はそれでも我慢しなければならなず、そうしなければ村は崩壊してしまうと反論します。

 

それに対し正宗は吉宗の問題を先送りするだけの解決策に嫌気が差し、辞めようと言い、「誰か一人でも救えたのか?」と畳みかけました。

 

その言葉に、村人たちは吉宗を疎ましく思っていたことを伝え、状況を悪くしたのは吉宗のせいではないかと尋ねます。

 

そして正宗は吉宗の時代は終わり、今日からは自分の時代だと告げました。

 

正宗の「今を生きるために奪い取るんや」という言葉に村人たちは鼓舞され、正宗をリーダーに奮起しました。

 

その光景に吉宗は今生きたいなら我慢しかないと叫びますが、「この村を獲れ」と銀に告げられた正宗に吉宗の言葉が届くことはありません。

 

不気味な笑みを浮かべながら、銀の言伝を思い返す正宗は不気味に笑います。

 

しかし突如正宗の隣を歩いていた男の頭が粉砕されました。

 

金次は銃声を聞き、本当に村人たちが後藤家に攻めてきたことを知ります。

 

後藤家の恐ろしさを叩きこんでやると告げる金次に、銀の名前を呼ぶ正宗。

 

そして銀の口元が綻びます。

 

96話

少し時は戻り後藤家では、村人たちが神社に集まっていることを報告されていました。

 

金次は紅が殺し合いを恐れる中、一言殺せと命じました。

 

そして村人たちが銃撃されている場面へ戻ります。

 

村人たちが銃に対して逃げ惑う中、銀に魅入られた正宗は「逃げるな戦え」と村人たちを鼓舞します。

 

戦って子供たちに飯を食わせるんだという言葉に、村人たちは躍起になり銃声の方へ向かって歩を進めました。

 

何発撃っても数が多い村人全員を止めることはできず、射撃者の一人が村人たちに殺されます。

 

もう一人の射撃者は後藤家へと逃げ帰り、村人たちの勢いが想像以上であることを金次に伝えますが、金次は引くことを知らずに迎え撃とうとします。

 

しかし事態に合わせ、逃げようとした紅が村人たちに囚われてしまい、紅の命が惜しければ食料を渡せと言ってきます。

 

村人たちも落としどころを探しており、後藤家側も本家の人間を殺させるわけにはいかないと、金次に懇願し、とうとう村人たちに食料が渡ることになりました。

 

しかし正宗はこれで手打ちになることに納得がいっておらず、それと同時に銃声が響き、一人の村人が倒れました。

 

手打ちではなかったのかと激昂する村人たちに対し、後藤家は自分たちじゃないと弁明しますが、そんな言葉を聞き入れられるはずもなく「これでええ」と告げる誰かの言葉が響きます。

97話

どこからか放たれた弾丸により村人が殺されたことを切っ掛けに村人たちの勢いは新たに増し始めます。

 

その矛先は最初に捉えていた紅に向き、紅は村人たち凶刃によって惨殺されてしまいました。

 

それを見た金次は徹底抗戦を心に決めますが、それと同時に銃を撃った何者かが、「これで場は荒れる」とその場を後にしていきます。

 

そして村人たちと後藤家の本格的な殺し合いが始まってしまいました。

 

その音を聞きながら銀は、白銀を寝かしつけるための子守歌を歌います。

 

多勢に無勢である後藤家は金次までの道を村人に許してしまい、金次は村人に囲まれてしまいます。

 

村人たちの狂気にさらされる中、後方から村人たちを惨殺する何者かが近づいていきます。

 

村人たちは後藤家の加勢かと思いますが、その正体は後藤家に手を貸しに来たわけではないと告げる藁蓑を着た者たちでした。

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

98話

藁蓑を来た者たちは銀の居場所を金次に尋ねます。

 

場所を案内するのなら苦しまずに殺してやると告げますが、金次は銀を自分の手で殺すと言い、一人彼らと闘いながら銀の元へ走り出します。

 

銀に金を貰いに来たと言っていたところから考えるに、彼らも銀の差し金であろうと気づいた金次は、銀は良い女だと恍惚の表情を浮かべました。

 

そして銀の元に金次はたどり着きます。

 

血まみれになりながら「もうすぐ死ぬだろう」と告げる金次の性器は勃起しており、死に瀕した時にこそ子を遺そうとするという動物の本能について金次は思い出します。

 

そして銀の手に抱えられた白銀を見て、それは自分の子かと尋ねます。

 

あれだけ蕃登にぶちまけといて何を言っているんだと言われた金次は自らの負けを認めます。

 

しかし他にも子供は残していると告げ、いつか本当の後藤家と、銀の作る後藤家は殺し合うと言います。

 

だから銀との繋がりは終わらず、愛していると銀に言う金次に対し、銀は金次にお前は自分の中で生き続けると言います。

 

そして銀はどうやってあの山の中を生きてきたを金次に話始めます。

 

「ウチらにはおまえが肉に見えとるぞ」

 

そして藁蓑を着た者たちが銀を見つけた時、銀の口の周りは金次の血で染まっていました。

99話

それから三年後、後藤家に一人の男が帰ってきました。

 

彼の名前は弾政と言いますが、家族がいない家の中にいるのは見慣れない女――そう銀でした。

 

弾政はずっと戦地に行っていたために、後藤家の騒動にかかわってはいなかったのです。

 

後藤家はどこだと尋ねる弾政に対し、銀はそこにいるだろうと言うと、弾政の首筋には新たな後藤家の者のナイフが宛がわれており、次の瞬間、弾政の悲鳴が響きました。

 

そして銀は正宗と会い、これで名実ともに僕らの物であると告げられます。

 

あの騒動の直後に時間は戻ります。

 

吉宗の前に戻ってきた村人たちはボロボロで多く数を減らしていました。

 

食料もなく疲労困憊な村人たちは死を覚悟し、神へ祈りを捧げます。

 

その瞬間、銀ら新後藤家が食料を持って現れました。

 

そして銀は村人たちに飯ならくれてやるから生きて見せろと言います。

 

その言葉に銀が生贄にならなかったから飢えているのではないかと、村人たちは銀に責任転嫁しますが、銀は淡々と生贄なんて本当に役に立つのかと問います。

 

そして今村人たちを救えるのは神ではなく、自分だと銀は告げました。

 

また救われたいのであれば一年に一度、新たな神と称した白銀に人間を捧げることを村人に提案します。

 

その暴挙に吉宗は声を荒げ批判しますが、村人たちは違い、白銀に皆頭を下げていたのでした。

 

時は戻り、白銀が生きられるようになった世界に思いを馳せる正宗ですが、未だ白銀は光の下に出てくることはありませんでした。

 

正宗は太鼓の音に祭りを続けることに嫌悪感を覚えているようですが、白銀が人しか食べようとしないから仕方ないと銀が言います。

 

子供が生きるために祭りは続けるしかなく、正宗も協力するしかない状況でした。

 

100話

供物を捧げられた白銀は嬉しそうに笑っていたと正宗が言います。

 

しかし体も不自由であり、一人で立つことはままならないとも言っています。

 

白銀には明らかに狂い病の症状が出ていました。

 

狂い病を患った人間の先は永くないからこそ、正宗は光の中を生きてほしかったと言いますが、白銀は何か地下牢で幻影を見ているのか全く地下牢から出てこようとはしません。

 

既に正宗も銀も白銀が何を求めているのかわからなくなっており、銀はただただ白銀を生かすことに固執していました。

 

そこで正宗は神社の伝承に残っていた狂い病の特例について銀に話始めます。

 

七尺にもなる巨体に狂気と曖昧を繰り返す様から神おろしを想像させた者がいたというのです。

 

そして来乃神が現実に現れた姿だと人々は畏れ、彼らはその男をあらひとと呼んでいました。

 

もし白銀が病を克服したのであれば、本当の神になっているでしょうと正宗に告げ、そこにはあの人と呼ばれたあの大男の姿がありました。

 

時間は物語冒頭にまで戻り、老婆となった銀は白銀に恵介(えいすけ)の話をしています。

 

いつか金次の子供と殺し合うかもしれないということで鍛えられた恵介を筆頭として、新後藤家は盤石な体勢になっていました。

 

そして思い残すことはないと告げた銀は村人たちに連れ去られ山の中で農具を使って滅多打ちにされてしまいます。

 

しかし銀を殺そうとしたとき、村人たちは熊が近づいてきたことに気付き、逃げ出してしまいます。

 

銀だけはそれが熊ではないということに匂いで気付いていました。

 

そこにいたのは白銀で白銀は銀すらも食らおうとしたのでした。

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

101話

自分を食べようとする白銀に対し、銀は屈辱を覚えます。

 

なぜ自分すらも、今まで食べてきた家畜のように扱うのかと絶望する中で、白銀の「カァチャ」という言葉を聞き、これこそが白銀からの愛だと気づき、食べられることを受け入れました。

 

そして恵介に遺体を発見され、物語冒頭へとつながります。

 

また銀が死んでしまったことを聞いた正宗も同じく年老いており、自らが行ったことは大間違いであったと気づき、誰かがこの呪いを解いてくれることを望みます。

 

そして場面は今へと戻り、大悟(だいご)の照準器の先には白銀をかばうましろがいました。

 

ましろにかばわれた白銀は立ち上がり、大悟に襲い掛かります。

 

しかし射線が通ったことで銃を撃てる位置に移動した白銀に対して、大悟は引き金を引こうとしますが、その大悟の右腕を恵介が撃ち抜きます。

 

恵介は最後の最後に銀の呪いから抜け出せず、狙いを見誤ってしまったようでした。

 

そして隙をつかれた大悟は白銀によって頭部を掴まれ、そのまま地面に叩きつけられました。

おすすめ記事