進撃の巨人ミカサとジャンが結婚?子供も?リヴァイと親戚で強さも似てる?名言や頭痛について考察

おすすめスマホアプリ

 

今回は「進撃の巨人」に登場する主人公エレンに思いを寄せるヒロイン、「ミカサ・アッカーマン」をご紹介します。

 

アッカーマン一族の父の血と、パラディ島で唯一の存在となった東洋人の母の血を引くミカサ。

 

ミカサの物語は、人さらいに両親を殺された日から大きく動き始めます。

 

エレンの為に自分の生きる道をきめ、そして、人類の為に愛するエレンの手を離したミカサ。

 

そんなミカサの生き方と言葉に、読者はいつも共感と憧れを抱いていた事でしょう。

 

今回はそんなミカサの強さの秘訣や最終回ではジャンと結婚したのか?そしてミカサの名言集をご紹介いたします。

 

また漫画『進撃の巨人』を1巻から最終巻まで無料で読みたい!という方に『進撃の巨人』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

 

『進撃の巨人』を全巻無料で読む方法は?

漫画『進撃の巨人』はこちらの講談社が運営する漫画アプリマガポケにて無料読むことができます。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マガポケ』は、講談社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マガポケ』では『進撃の巨人』を惜しげもなく全巻無料で公開してくれています

 

『進撃の巨人』を安心安全にそして無料で読みたい方は、『マガポケ』を活用することをオススメします。

 

また他にも『マガポケ』では、以下のようなメディア化された有名マンガをタダで楽しむことができます。

  • 進撃の巨人
  • フェアリーテイル
  • 新宿スワン
  • ドメスティックな彼女
  • ダイヤのA
  • DAYS
  • ザ・ファブル
  • 頭文字D
  • ベイビーステップ
  • ホームルーム
  • ちはやふる
  • トモダチゲーム
  • カイジ
  • Dreams
  • 十字架のろくにん
  • 可愛いだけじゃない式守さん
  • お願い、脱がシて。
  • 復讐の教科書
  • ハコヅメ~交番女子の逆襲~
  • デスティニーラバーズ
  • 島耕作
  • はじめの一歩
  • 食糧人類
  • 神さまの言うとおり
  • 監獄学園(プリズンスクール)
  • ランウェイで笑って
  • 七つの大罪
  • カメレオン
  • ドラゴン桜
  • 砂の栄冠
  • のだめカンタービレ
  • 亜人
  • ジパング
  • 天空侵犯
  • ハレ婚。
  • マイホームヒーロー
  • ナニワトモアレ
  • 満州アヘンスクワッド
  • 僕たちがやりました
  • カッコウの許嫁
  • ライアー×ライアー
  • GIANT KILLING
  • コウノドリ
  • 好きっていいなよ
  • 親愛なる僕へ殺意をこめて
  • 君のいる町
  • PとJK
  • 彼岸島
  • エリアの騎士
  • いぬやしき
  • シャーマンキング

などなど…

 

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

オススメ漫画アプリ紹介

漫画アプリに関していうと、集英社が運営するマンガMeeや双葉社が運営するマンガがうがうも特にオススメです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • ヒロイン失格
  • ハニーレモンソーダ
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • 俺物語
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • ごくせん
  • アシガール
  • 椿町ロンリープラネット
  • NANA
  • アオハライド
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • 乙女椿は笑わない
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • これは経費で落ちません
  • ハル×キヨ
  • 悪魔とラブソング
  • 雛鳥のワルツ
  • きょうは会社休みます
  • ストロボエッジ
  • デカワンコ
  • 高台家の人々
  • G線上のあなたと私
  • ママレード・ボーイ
  • 菜の花の彼-ナノカノカレ-
  • 花より男子
  • 消えた初恋
  • 銀魂
  • 宇宙を駆けるよだか

などなど…

 

『マンガがうがう』で無料で読める主な作品一覧
  • 監獄実験プリズンラボ
  • 復讐の未亡人
  • 王様ゲーム
  • クレヨンしんちゃん
  • ミイラの飼い方
  • 漂流ネットカフェ
  • 復讐教室
  • 走馬灯株式会社
  • ミスミソウ
  • orange
  • 恋空
  • オオカミ王子の言うとおり
  • 京都寺町三条のホームズ
  • リベンジH
  • クラス転移で俺だけ…
  • 進化の実
  • 魔王様、リトライ
  • 小林さんちのメイドラゴン
  • 異世界召喚は二度目です
  • 勇者パーティーを追放された白魔導師
  • 勇者パーティーにかわいい子がいたので、告白してみた

などなど…

また異世界系や令嬢系の漫画も豊富に読めます!

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ミカサの結婚相手はジャン?子供も?なぜミカサはエレン以外と結婚したのか徹底考察!

本誌での掲載時は存在しなかったページが単行本の際に追加されたことにより、ミカサが結婚し子供をつくっていた事実が判明します。

 

そしてその相手がジャンなのではないか?という考察がよく見られます。

 

結論から伝えると、実際にジャンだと語られているわけではありませんが、その可能性が高いと言えるようです。

 

理由としては、ジャン自身はミカサの事が出会った当初から好意を抱いているような描写が多々ある事。

 

そして、大人になったミカサの隣に描かれている結婚相手と思われる人物の、髪型や身長がジャンと似ている事が挙げられます。

 

ミカサといえば、物語の序盤で両親を人さらいに殺され、自身も危ない目に合っていた時にエレンに助けられた体験から、エレンに対し並々ならぬ思いを抱えていました。

 

いつもはクールな表情のミカサですが、エレンの事になると、とたんに普通の少女のように表情がコロコロと変化する所を見ても、エレンへの恋心は明らかです。

 

その後「エレンVS人類」の最終決戦を経て、結果的には愛するエレンを自らの手で討ち取る結果となりましたが、決してエレンを嫌いになったわけではありません。

 

むしろ自らが切ったエレンの頭を愛おしそうに抱きしめながらキスをする場面まで描かれています。

 

しかしその結果エレンは死に、ミカサは一人パラディ島へと残る結果となってしまいました。

 

本誌での掲載時は、エレンに会いたいと涙を流すミカサでしたが、何故エレン亡き後、ジャンと結婚し子供をつくることになったのでしょうか?

 

理由としては、エレンの事を愛し続けているからこその決断だったのではと感じています。

 

ミカサはエレンとの最終決戦で、エレンを選ぶか、それ以外の人類を選ぶかの決断を迫られます。

 

結果的にその時、ミカサは愛する人よりも、人類の未来を選ぶ形となりました。

 

これは、ミカサにとって過去のエレンとの思い出よりも、前を向いて歩いていくという決意だったのではないかと思います。

 

その為、ジャンと結婚し、未来へつなげるために子供を産んだのではないでしょうか?

 

またジャンであれば、人類の敵となってしまったエレンとの思い出を、気兼ねなく話すことが出来ます。

 

そういった点からミカサはエレンを愛し続けているからこそ、ジャンと結婚し、エレンが望んだ未来をつなげていくことを選んだのではないかと思います。

 

ミカサとリヴァイの強さの秘密は?二人は親戚で似ている?

ミカサとリヴァイの二人は、調査兵団の中でも圧倒的な強さを誇ります。

 

二人の共通点としては「アッカーマン家」が挙げられます。

 

苗字が同じですが、親戚だといった内容は、紙面の中では明確な記載はありません。

 

ミカサはアッカーマンの分家である父と、東洋人の母の元に生まれています。

 

一方リヴァイは物語の中で登場する叔父であるケニー・アッカーマンの発言から、本家の血筋を引いていることが分かります。

 

アッカーマン一族は、筋肉のリミッターを外すことが出来る為、王を守る存在として重宝されていた存在です

 

その一方で壁の中の人たちの大多数に使う事が出来る、記憶操作が出来ないという特徴がありました。

 

アッカーマン一族は壁の中の大多数である民族とは違う独立した血族の為、壁の中の王政の判断により記憶操作が行われた後は、王政から恐れられ、要注意人物として考えられるようになったようです。

 

ミカサとリヴァイの異常ともいえる強さは、アッカーマン一族の血が要因だったということですね。

 

ミカサの頭痛の意味は?頭痛が起こったシーンについて解説!

物語の中では何度も、ミカサが謎の頭痛を感じる場面が描かれています。

 

後にエレンの嘘だと判明しますが、「ミカサの頭痛はアッカーマン一族特有の疾患だ!」などと言われる場面もあり、最終回が終わるまで読者を混乱させてきたミカサの頭痛の謎。

 

結論から言うと、ミカサの頭痛には、始祖ユミルが関係していました。

 

最終回にて、ミカサがエレンを討った後、始祖ユミルに話しかける場面が描かれています。

 

始祖ユミルは、ミカサがエレンを愛する姿を、自分の姿と重ねていました。

 

性格がねじ曲がっているフリッツ王を、自分の性格と相反して愛してしまったため、巨人を生み出し続けてしまった始祖ユミル。

 

フリッツ王が亡くなった後も、その思いを引き継ぎ、自分の気持ちとは裏腹な行動をしている事に、胸を痛めていたようです。

 

そんな時、同じように本来は争いを好まない性格にも関わらず、エレンを愛してしまったがためにエレンと共に調査兵団になり、巨人と戦い続けるミカサの存在に気づきます。

 

自分と同じ状況のミカサの運命を見届けることで、望んでいない巨人を生み出し続ける自分の行動に、決着をつけようとしていたのかもしれませんね。

 

その為、ミカサが心を動かされた時や、エレンとのターニングポイントの関わりの際には、ミカサの思いを感じ取るために頭の中をのぞいていたと思われます。

 

その副作用のような形で頭痛が起きていたという事ですね。

 

物語の中でも印象的な場面では、よくミカサの頭痛の場面がフォーカスされています。

 

個人的にはこんなに頭痛がしていたら病院で見てもらいたいものですが…。

 

ミカサファンとしては、9つの巨人の継承者が抱えてしまう「ユミルの呪い」のように、アッカーマン一族の呪いが同様にあり、それにより頭痛が起こっているといった事ではなかったようで、安心しました。

 

エレンへの恋心は子供時代から!?ミカサの両親が死亡したきっかけとなったミカサの正体とは?

物語を通して最初から最後まで、エレンの事が大好きなミカサ。

 

そんなミカサのエレンへの恋心はいつからだったのでしょうか?

 

ミカサとエレンですが、元々はただの知り合い程度だったようです。

 

エレンの父親は医者をしていた関係で、ミカサの両親はエレンの父親に診療を頼むこともありました。

 

そのため、エレンへの使命感にも見える恋心が生まれるきっかけはミカサの両親が殺された時ではないかと思われます。

 

ミカサの両親が殺されたきっかけは、ミカサの血筋に関係があります。

 

ミカサは東洋人の母親と、アッカーマン一族の血を引く父親の元に生まれた子供です。

 

あるとき壁の中では希少価値の高い東洋人を狙い、ミカサの家族は人さらいに襲われてしまいます。

 

その後人さらいが間違えて母親まで殺してしまったため、代用品としてミカサを連れ去ってしまったのです。

 

そんな時当時まだ小さかったエレンが単身でミカサを助けに向かい、まさに命がけでミカサを守り抜きました。

 

そしてエレンと共にピンチを乗り越えた目ミカサは「エレンが私の全て」と口に出すほどに、エレンに対して強迫観念にも似た恋愛感情を抱くようになったのです。

 

そんなミカサがずっと隠していた手首には、東洋人である証拠の刺青が描かれています。

 

この「東洋人の証」が、のちにミカサやアルミンたちの手助けをしてくれるようになったヒィズル国につながっていく大事な伏線となっています。

 

ミカサの家族が殺された時には、ミカサの出生がここまで物語に関係してくるとは想像もしていませんでした。

 

壁の中の大半の民族とは違う、アッカーマン一族と東洋人。

 

ミカサはその両方の血を引く人物だったということになります。

 

ミカサの名言をご紹介!

登場人物が多い「進撃の巨人」ですが、その中でも物語を通してヒロイン的存在だったミカサ。

 

ここではそんなミカサの個人的にグッときた名言を、3つご紹介していきたいと思います。

No.1「死体がどうやって喋るの?」

 

このセリフはミカサ達が訓令兵を卒業後、初めて壁の中に巨人が現れた際のセリフです。

 

トロスト区にいる住人を逃がすため、何十人もの調査兵団が犠牲となります。

 

そんな中、リーブス商会というトロスト区を牛耳っている商人をまとめるボスである会長が、自分の私財を運ぶため、住人の避難を遮っていました。

 

そこに一直線に突っ込んでくる巨人をいとも簡単に倒すミカサ。

 

住人の避難が終わっていない事に疑問を感じながら、門に近づきます。

 

下っ端の兵士たちが、会長の脅しに屈する中、ミカサは会長の脅しを気にすることなく、このセリフを言い放ちます。

 

今までもこれからも、エレンの言葉以外には心を揺り動かされないミカサらしいセリフですよね。

 

結局会長も、ミカサの言葉を聞き私財を運ぶことを諦め、結果的にはこの後の物語で重要な役割を果たす一人になります。

 

もしかしたら、この時のミカサとの交流が、会長の気持ちを少し変化させたのかもしれませんね。

No.2「私にマフラーを巻いてくれてありがとう」

 

このセリフは、ライナーとベルトルトからエレンを奪還する途中、追い詰められたライナー達の画策で、調査兵団は絶体絶命のピンチに立たされた際のミカサのエレンに対しての言葉です。

 

実はミカサがエレンに対して、マフラーのお礼を言う場面はこの時だけではないのですが、ミカサのエレンに見せる満足そうな表情も相まって、個人的に印象に残っているシーンの一つです。

 

この時のエレンは小さいころから見守ってくれていたハンネスを、かつて母親を食べた巨人に目の前で食べられてしまいます。

 

頼りになるミカサも負傷しており、絶体絶命の2人と調査兵団たち。

 

エレンは自分の無力さに、心が壊れそうになりますが、ミカサはそんなエレンを優しく励まします。

 

死を覚悟した状態でも、エレンの事を思う姿に胸を打たれた方も多いのではないでしょうか。

 

No.3「いってらっしゃい、エレン」

やはり読者にとってはこの言葉が最も印象深いセリフではないでしょうか。

 

このセリフは、エレンとの最終決戦の後、ミカサがエレンを討ちとった時に伝えた言葉です。

 

それまでのミカサは、常にエレンを第一に考え行動してきました。

 

時には仲間だった人すらもエレンの敵になれば無常に切り捨てているシーンも描かれています。

 

そんなミカサが、最後のエレンとの決戦では、エレンの地ならしを阻み、結果的にはエレンを倒す決断をします。

 

しかしミカサは、エレンを見限ったわけではなく、愛する気持ちはずっと変わらないと理解しているため、セリフが「いってらっしゃい」だったのかなと想像しました。

 

ミカサのエレンへの変わらない愛情が最後まで感じられるセリフとなっております。

おすすめ記事