ミスミソウはグロい?面白い?漫画映画はオススメ?評価評判感想や全話無料で読む方法も解説

おすすめスマホアプリ

 

映画化もされた人気漫画ミスミソウ

 

そんな『ミスミソウ』は本当に面白いのか?オススメで買う価値があるのか?などについてまとめました!

 

また漫画『ミスミソウ』を1巻から最終巻まで無料で読みたい!という方に『ミスミソウ』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

『ミスミソウ』は漫画アプリ『マンガがうがう』にて全巻無料で読める?

『ミスミソウ』はこちらの双葉社が運営する漫画アプリ『マンガがうがう』にて無料で読むことができます。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガがうがう』は双葉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガがうがう』では、『ミスミソウ』第1巻から最終巻までのすべてのエピソードを無料公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『ミスミソウ』を全巻無料で読破したい方は『マンガがうがう』を使うのがベストです。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『ミスミソウ』の作者・押切蓮介先生の人気作でもあり、アニメ化もされた話題作ハイスコアガールは、こちらの漫画アプリマンガUPにて全巻無料で読むことができます。

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

オススメ漫画アプリ

上記で紹介した『マンガがうがう』以外にも小学館が運営する漫画アプリマンガワンや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』で無料で読める主な作品一覧
  • 闇金ウシジマくん
  • アフロ田中
  • 土竜の唄
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • 青のオーケストラ
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100
  • 教え子がAV女優、監督がボク。
  • 釣りバカ日誌
  • ゾン100
  • 裏バイト逃亡禁止
  • 美味しんぼ
  • 医龍
  • イキガミ
  • 闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説
  • 九条の大罪

などなど…

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス
  • ラジエーションハウス

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『ミスミソウ』あらすじ紹介!

舞台は少子化と過疎化により廃校予定の中学校です。

 

そこへ中学3年生の主人公・野咲 春花(のざき はるか)は転校してきました。

 

転校後かなり酷いいじめに遭いますが、卒業まであと2か月の時点で両親の勧めもあり登校拒否になります。

 

それをよく思わないクラスメートが、春花にとって最愛の家族を焼き殺そうとします。

 

両親は死亡、妹は生き残りましたが、生死の狭間をさまよう重症です。

 

「バーベキューの焼き具合はどうだったの?」

 

この一言により犯人が誰なのか察した春花は、沈黙の復讐者と変貌します。

 

果たして、春花の復讐の結末はどうなるのでしょうか?

『ミスミソウ』は面白い?グロい?おすすめなの?見どころ紹介!

『ミスミソウ』は面白いのか?グロいのか?紹介します!

見どころ① 私は家族を焼き殺された…!声を失った復讐者

ミスミソウの一番の見どころはやはり復讐です。

 

家族を焼き殺されたショックでしばらく春香は声が出なくなります。

 

そのような状態で犯人が誰なのかを察した春花は、声は出せずとも表情で犯人たちに対する憎しみ・恨み・殺意を表現します。

 

正直、グロ耐性がある程度無ければ、見るに堪えないシーンが多いです。

 

目に釘を刺されたり、ナイフで口の内側から頬にかけて切られたり…これだけでも十分グロテスク要素を感じていただけるのではないかと思います。

 

成す術もなく殺されるクラスメートもいれば、ボーガンで太刀打ちするも返り討ちにされるクラスメートもいます。

 

穏やかで優しい春香が修羅のように殺していく様は、逆にいえばそれほど復讐心に囚われている状態ということなのでしょうね。

見どころ② どうなっちゃうの?ソワソワする恋愛

冒頭から春香はいじめられるのですが、同時にそれを庇う相場 晄(あいば みつる)というクラスメートの男子も登場します。

 

相場の支えもあり春花はいじめを耐えていた経緯もあります。

 

はたからみるとまさに「王子様」の存在です。

 

相場と過ごしていると、春花が笑ったりよく喋ったりしているのがわかります。

 

お互いが心惹かれているのがわかりやすいので、読んでいてこちらも微笑んでしまうほどです。

 

…相場の本性が明かされるまでは。

 

そう、彼には恐るべき二面性があったのです。

 

それを知ったときの春花はどうするのでしょうか?

 

気になる方はぜひ本編でお楽しみください。

見どころ③ 異常なヒエラルキー!歪んだクラス内の関係性

わずか十数人のクラスには、明確なヒエラルキーがあります。

 

そこのトップクラスに位置するのが小黒 妙子(おぐろ たえこ)という女子です。

 

いじめの首謀者のため、春花を裏山へ呼び出しゴミ溜めへと落としたり、暴言を吐いたりして春花へ辛く当たります。

 

担任である南 京子(みなみ きょうこ)も、妙子のことを「たえちゃん」と呼びご機嫌伺いをする始末です。

 

また、春花の前にいじめられていた佐山 流美(さやま るみ)は、もう二度といじめられたくない、妙子に認められなければと、春花への憎しみを勝手に増幅させていきます。

 

そして起こる春香の家の放火事件。

 

担任も含むクラス内の人間各々の少しずつ歪んだ思いが絡まって、春花や春花の大事な家族へと襲い掛かるのです。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『ミスミソウ』の主な登場人物を解説!

『ミスミソウ』の登場人物を簡単解説します。

野咲 春花

 

「家族にだけは危害を加えさせたくない…絶対に…!」

 

春花は父親の転勤の都合で廃校予定の学校へ転校してきた中学3年生です。

 

「キミの存在はこの環境には 毒だ」「美しすぎる」と思われるほど容姿・雰囲気が整っており、性格も穏やかで家族思いの優しい女の子です。

 

両親が焼き殺され、妹が意識不明の重体に陥ったとき、無言で涙を流します。

 

クラスメートから事の真相を明かされた際、彼女は凶悪な復讐者となり、次々とクラスメートを惨殺していきます。

野咲 祥子(のざき しょうこ)

「お姉ちゃん」

 

いじめで落ち込んでいる春花を元気づけようと三つ葉のクローバーのネックレスをプレゼントするなど、春花のことが大好きな小学生です。

 

春香からは「しょーちゃん」と呼ばれ、無邪気に触れ合いますが、外の人には人見知りです。

 

火事の際には父親が庇うように抱きしめてくれたおかげか、一命を取り留めます。

 

身体は動かせなくても、相場の狂気性に気づいた春花が走り出すのを止めるように、袖を引く場面もあります。

 

本当に姉が大好きであることが伝わります。

 

祥子の命はどうなるのかも、必見です。

相場 晄

 

 

「三角草はおまえみたいだ」

 

春香のいじめを庇う唯一のクラスメートです。

 

いじめをするクラスメートのことをガキ扱いし「何くだらねーことしてんだよ」と全員に聞こえるように声をかけ、精神的にも大人びています。

 

春花の家が火事になったさいは、消防隊が駆けつける前に家の中に飛び込んで祥子を助け出しました。

 

一緒にいる、お前が俺を支えると、まるで王子様のように春花へ思いを伝えます。

 

そんな相場も、事情があって廃校予定の学校へ転校してきた人間となります。

 

写真を撮ることが趣味で、カメラを持ち歩いています。

 

花の写真を撮ったり、春花と祥子の姉妹を撮ったり……あんな写真を撮ったり。

 

相場のもう一つの顔が見えたとき、王子様とはきっと言えないことでしょう。

小黒 妙子

 

「…野咲…私を…許して…」

 

春花をいじめる首謀者です。

 

南先生を「キョンちゃん」呼びしたり、「小黒さん」と流美から丁寧語で接せられたり、クラスの中でも特別な存在です。

 

春花に暴言を吐いたり、周りの人間を使って暴力に出たりする妙子ですが、元々転校してきた春花に最初話しかけたのは妙子なのです。

 

妙子の父親は厳しい人間で、東京の学校への進学を反対されていました。

 

しかし、妙子は東京に憧れて美容師になりたいという自分の夢を春花だけには話しています。

 

そんな妙子はどうして春香をいじめてしまうことになったのでしょうか?

 

そこには妙子の複雑な思いがあったのです。

佐山 流美(さやま るみ)

 

「ぶっ殺したい」

 

春花の前にいじめられていたクラスメートです。

 

妙子に命令されて春花に学校に来るように説得しますが、失敗に終わります。

 

流美はこの失敗を春花のせいだと一方的に恨み、憎み、ついには殺してやりたいとまで言い始めます。

 

そして放火の計画を実行してしまうのです。

 

全ては妙子のためです。

 

それでも妙子は流美を褒めたりなどしません。

 

流美はそのことになぜ?どうして?と思い悩みながら、春花に自殺を強要します。

 

そして妙子の春花に対する思いを知ったとき、流美の憎しみは妙子にすら牙を剝くのです。

 

『ミスミソウ』実写映画化情報!気になるキャストは?

映画『ミスミソウ』は2017年R15指定で公開されました。

 

主人公・野咲 春花役は山田 杏奈(やまだ あんな)さん、相場 晄役は清水 尋也(しみず ひろや)さん、小黒 妙子役は大谷 凜香(おおたに りんか)さん等がキャストとして登場します。

 

ストーリーは原作とほぼ同じであるため、グロテスクな復讐劇が実写版ではどのように行われるのでしょうか?
気になる方はぜひチェックしてみてくださいね。

『ミスミソウ』作者・押切 蓮介(おしきり れんすけ)とは?

作者の押切 蓮介さんは、個性的な絵柄が特徴的な漫画家さんです。

 

1988年にデビューされ、幅広いジャンルで活躍されています。

 

漫画の表紙だけ見ても、「あっ、この絵は…!」とすぐに気付く方が多いはずです。

 

一時ニュースでも取り上げられていた『ハイスコアガール』はご存じの方も多いのではないでしょうか?

 

(著作権問題が発生したようです)

 

とにもかくにも、サイコホラージャンル×押切蓮介さんの作品は、読んでいるこちらが「痛い痛い」と思うことは間違いなしです。

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『ミスミソウ』に対する読者の評価評判・感想は?

おすすめ記事