不機嫌なモノノケ庵を全巻無料で読む方法紹介!漫画アプリでタダ?bankやrawは感染リスクあり|ワザワキリ作

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『不機嫌なモノノケ庵』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。

結論!『不機嫌なモノノケ庵』は漫画アプリ『マンガUP!』で読める

いきなり、結論です。

 

『不機嫌なモノノケ庵』はこちらのスクウェア・エニックスが運営する漫画アプリマンガUP!にて全巻無料で読むことができます。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『マンガUP!』はスクウェア・エニックスが運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガUP!』では『不機嫌なモノノケ庵』を惜しげもなく1巻から最終巻まで無料で公開してくれています

 

安心安全に、そしてタダで『不機嫌なモノノケ庵』を全巻読破したい方は『マンガUP!』を使う方法が最もお得です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶりや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン

などなど…

 

ヤンジャン
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガUP!』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

アニメ『不機嫌なモノノケ庵』を全話無料視聴する方法は?

『不機嫌なモノノケ庵』は、アニメ化されており、アニメも大好評です。

 

こちらの「U-NEXT31日間無料体験」では、無料&高画質で『不機嫌なモノノケ庵』を視聴できるだけではなく、新作マンガや新作映画の購入に使用できる600円分のポイントがタダ貰えるので、特にオススメです。

 

安心、安全にアニメ『不機嫌なモノノケ庵』を無料で視聴した方は、「U-NEXT31日間無料体験」一択です。

 

「U-NEXT」の登録の仕方については、こちら👇のページをご参照ください。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

無料体験は31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、ご安心ください。

 

次に『マンガUP!』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

『マンガUP!』の基本的な使い方

『マンガUP!』に掲載されているマンガを無料で楽しむには、アプリ内アイテムである『MP(マンガポイント)MP+(マンガポイントプラス)を使用して読むことになります。

 

簡潔に言うと『MP(マンガポイント)』『MP+(マンガポイントプラス)』などを使うことで、1日1作品において、12話分以上のマンガを無料で読むことが可能です。

 

要するに1日に最低でも単行本1冊分に値する量のマンガを『マンガUP!』にてタダで楽しむことができるということです!

 

『不機嫌なモノノケ庵』も1日に12話分以上、読み進めることができます。

 

『マンガUP!』で使うアプリ内アイテム『MP(マンガポイント)』『MP+(マンガポイントプラス)』のそれぞれの使い方を詳しくみていきましょう!

『マンガUP!』のMP(マンガポイント)とは?取得方法と使い方を解説

MP(マンガポイント)とは?
  • MPとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝8時、夜8時に120MPずつ配布される(1日に計240MP)
  • 30MP消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単なMPの取得方法と使い方の説明です。

 

毎日、配布される計240MPを使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムがMPです。

 

但し1点だけ注意があり、MPを120MP以上貯めこむことは出来ません

 

朝8時に120MPが配布され、その120MPを使わずに夜の8時を迎えたとしても新たに120MPが加算されることはありませんので注意が必要です。

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

『マンガUP!』のMP+(マンガポイントプラス)とは?取得方法と使い方を解説

MP+(マンガポイントプラス)とは?
  • MP+とは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • MPがなくなってしまった場合でもMP+を使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガUP!』新規ダウンロード特典で750MP+(25話分)が付与される
  • 毎日、短い広告動画を1度見るだけで30MP+(1話分)が付与される

以上が簡単なMP+の取得方法と使い方の説明です。

 

下の画像のように『マンガUP!』新規ダウンロード特典では、750MP+25話分)が無料配布されます。

 

そして毎日、短い広告動画を視聴することで30MP+1話分を取得することが出来ます。

 

アプリを起動すると画面右下に「ヒヨコ?」のようなピーナップくんというキャラが鎮座しているので、タップしましょう!

すると「短い動画を見る」というボタンが表示されるので、タップして短い広告動画を視聴します。(広告を見ずに流してるだけでもOK!)

たったこれだけの労力で、30MP+(マンガ1話分)が手に入ります。

 

やらない手はありませんよね(^^)/

短い広告を見て30MP+を獲得できるシステムは毎日、夜0時に回復します。

他にもMP+を取得する方法があります。

 

ホーム画面上に表示される「クエスト」をクリアしていく方法です。

 

「クエスト」と言っても簡単なもので、例えば「マンガUP!に毎日ログインする」「~のマンガを3話まで読む」などの条件をクリアすることで、難易度に応じてMP+(マンガポイントプラス)が付与されます。

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

『MP(マンガポイント』『MP+(マンガポイントプラス)』以外で1日3話分のマンガを読む

先ほど紹介した『MP』『MP+』が0ポイントになってしまった場合でも1日に3話分のマンガを無料で読むアプリ内システムがあります。

 

その仕組みがコチラ。

 

読みたい”話(はなし)”のページへ飛ぶと、「動画を再生して読むと表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで新たに1話分のマンガを無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • MPを利用して1日8話分のマンガを無料で読む
  • 広告視聴やクエストをクリアして獲得したMP+を利用してマンガを無料で読む
  • 短い広告動画を最大3本見て、3話分のマンガを無料で読む

以上の事から『マンガUP!』は、1つの作品において、1日に最低でも12話分のマンガを無料で読むことのできるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります!

 

ぜひ、この機会に遠慮なく無料で読ませていただきましょう!!(^^)/

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『不機嫌なモノノケ庵』の世間の評価は?

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

『不機嫌なモノノケ庵』序盤ネタバレ紹介!

1話

妖怪なんて所詮は空想上のキャラクターであり、現実には存在しない。

 

主人公の芦屋花繪(あしや はなえ)も高校に入学した1週間前まではそう思っていました。

 

フラつきながら登校する花繪の左肩にはモジャモジャの謎の物体が乗っています。

 

花繪以外の人にそのモジャモジャは見えておらず、「妖怪だ」と考えるしかありませんでした。

 

やがて花繪は立っていられなくなり、校門の前で倒れてしまいます。

 

おでこの冷たさで花繪は目を覚ましました。

 

そこは保健室でした。

 

入学式以来、保健室登校は7日目に突入し、時間はもうお昼の11時をまわっていました。

 

どうして花繪はこんな事態になってしまったのでしょうか。

 

少し時間は遡り、まだ花繪が平和に過ごしていたころ。

 

夜に花繪は、コンビニから帰っていました。

 

その時、何かを踏みつけ驚きます。

 

道端にはぬいぐるみのようなモジャモジャが落ちていました。

 

ずいぶん汚れており、また踏まれたら可哀想だと思った花繪は、コンビニの袋にモジャモジャを入れてガードレールに吊るしてあげました。

 

「良い行いをすると自分に返ってくる」と思いルンルンで帰ろうとする花繪。

 

しかし、返ってきたのはモジャモジャの祟りでした。

 

花繪の体調が悪くなるにつれ、モジャモジャはどんどん大きくなっています。

 

「コイツ オレを祟り殺す気なんだ!!」

 

と半泣きになっている花繪の目に、1枚のポスターが目に入りました。

 

「妖怪祓い STAFF大募集!! 未経験OK 連絡先(電話番号)アベノ」

 

誰が見ても怪しい求人広告です。

 

しかし、花繪は何かに縋りたいほど、モジャモジャから解放されたかったのです。。

 

判断力のない中、書かれている番号に電話する花繪。

 

すると、電話主の「アベノ」が電話に出ました。

 

求人広告を見た、と花繪が伝えると

 

「キミあの紙が見えたんだ」

 

と感心した様子のアベノ。

 

アベノは、「手ぶらでいいから面接に来い」と花繪に伝えます。

 

「保健室の扉を開けて」

 

「開ければ分かる」

 

というアベノに、花繪は不信感を持ちながら保健室の扉を開けました。

 

扉の先には廊下ではない空間が広がっていました。

 

4畳ほどの畳の部屋に茶道道具、そして「アベノ」と思わしき和服の少年が正座しています。

 

「そこに座って」

 

と言われ、花繪は思わず扉を閉めてしまいました。

 

「面接場ここで合ってるぞ 入れ」

 

とアベノに言われ足を踏み入れると、先ほどまで花繪の肩幅ほど大きかったモジャモジャは小さくなりました。

 

アベノは慣れた手つきでお茶をたて、花繪に出します。

 

彼はアベノ改め、物怪庵(もののけあん)の主である安倍晴齋(あべの はるいつき)と名乗りました。

 

安倍は初対面の花繪に対し見下したようなオレ様気質。

 

花繪はモジャモジャを祓ってもらうため、イラつきを抑え安倍に相談します。

 

しかし、安倍からの返事は

 

「帰れ貧弱」

 

他の客が立て込んでいるらしく、10日後に予約することになる花繪。

 

花繪が名乗ると、安倍は「気が変わった」と今から祓ってくれることになります。

 

部屋を出るとまさかの屋上に繋がっていました。

 

屋上に出た途端、モジャモジャは花繪を包み込むほど大きく成長してしまいました。

 

今にもモジャモジャに押しつぶされそうな花繪を前に、安倍は真剣な顔で何かに息を吹き込みます。

 

しかしそれはビーチボール。

 

「これで遊ぶんだよ」と言い出す安倍に、花繪は怒ってしまいます。

 

安倍はそんな花繪に

 

「人のためじゃない。俺は妖怪(こいつ)のために祓うんだ」

 

と言い、モジャモジャを遊びに誘いました。

 

すると、花繪にのしかかっていたモジャモジャはすんなり花繪から離れたのです。

 

モジャモジャは、人に飼われていた動物が死んで妖怪になったものでした。

 

自分を無視しない花繪に出会い、嬉しくてしがみ憑いていたのです。

 

それを聞いた花繪は、安倍にできることはないか、と尋ねます。

 

本来いるべき「隠世(かくりよ)」に帰すため、「遊びたい」という望みを叶えて小さくしなければなりません。

 

5時間ビーチボールで遊んだ2人と一匹。

 

安倍は屋上の壁に手を当て、隠世の扉を出現させます。

 

「お前のこと誤解しててごめん。叩いてごめん」

 

と花繪がモジャモジャを撫でると、モジャモジャは嬉しそうに尻尾を振りました。

 

花繪がモジャモジャにお別れを言うと

 

「アリガトウ」

 

と花繪の脳に直接言葉が流れ込みました。

 

モジャモジャは安倍にもお礼をするようにすり寄ると、ニコッと笑い扉から帰っていきました。

 

花繪が安倍にお礼を言うと、安倍は

 

「礼は要らねえから今日のお代100万払え」

 

と言い放ちます。

 

花繪が焦っていると、仕事を手伝ってバイト料から返せと言う安倍。

 

思わず花繪は拒否してしまいます。

 

しかし、安倍が請求しているのは隠世の通貨で100万怨(えん)。

 

花繪はハメられてしまい、妖怪と借金まみれの高校生活をスタートすることになりました。

 

2話

花繪の家は花屋です。

 

開店準備をしている母に声をかけると、体調のよくなった息子に花束をつくります。

 

花繪の母は気持ちを花束で表現するクセがあるのです。

 

しかし、きちんとお礼を言う花繪はいい息子なのでしょう。

 

登校後、母がお礼の気持ちを表現した花束を担任の先生に渡す花繪。

 

今まで保健室登校だったため、転校生のような扱いに花繪は気合がはいります。

 

友達を作るため、後ろの席に声をかけると、そこに座っていたのはまさかの寝ている安倍。

 

起こしてしまい不機嫌な安倍でしたが、花繪は知り合いがいて少し安心しました。

 

しかし、少し目を離したすきに安倍は再び眠ってしまい、安倍は4限まで爆睡していました。

 

そのとき、一つ目のスズメのような妖怪が教室に入ってきます。

 

勢いよく起き上がる安倍。

 

祓わないのかと聞く花繪に、安倍は

 

「俺が命令した妖怪以外は見えても見えないフリしてろ」

 

と昼食のパシリを花繪に命じます。

 

購買前は大行列。

 

そんな中、一人の女子生徒が足を抑えてうずくまっていました。

 

その足にはさっきの妖怪がしがみついています。

 

安倍の言葉を思い出す花繪ですが、その妖怪を掴み女子生徒の足から離してあげました。

 

その場を離れたとき、花繪は全身に寒気を感じます。

 

モジャモジャのときとは比べものにならないその感覚に焦る花繪。

 

そのとき、妖怪は奇声をあげて花繪の手から逃げ出します。

 

もちろんその奇声は花繪にしか聞こえません。

 

すると、スズメのような妖怪の群れが花繪に向かって追いかけてくるではありませんか。

 

花繪はそのまま妖怪の群れに乗られ、廊下で身動きができなくなってしまいました。

 

それを見つけた安倍は「物怪庵」を呼び出します。

 

物怪庵は前回も登場した茶室の名前です。

 

なんとか安倍は花繪を物怪庵に入れようとしますが、妖怪の力が強く、てこずります。

 

花繪が少し物怪庵の扉に触ると、妖怪は花繪からすばやく離れました。

 

その隙に物怪庵に入ると、妖怪は扉の外から花繪を見つめています。

 

物怪庵から出ればまた妖怪たちに追いかけられると言われ、花繪は安倍に隠世の扉を出してくれと頼みます。

 

しかし、安倍が扉を開けるのは1日2回が限度であり、群れを祓うのは数日かかってしまうのです。

 

落ち込む花繪に、安倍はある推測を話します。

 

スズメサイズの妖怪は分身であり、本体が別にあるというものでした。

 

本体を祓いに行こうとする安倍を心配する花繪。

 

その姿を見て安倍は、花繪と自分の違いを感じます。

 

その姿はどこか寂し気で、花繪は本体祓いに囮になると言い出しました。

 

「“違う”部分より“同じ”部分の方が多いですよ」

 

という花繪に、安倍は迷いながらも囮を任せることにしました。

 

一方妖怪は、ある教室を拠点に本体が力を蓄えていたのです。

3話

花繪が物怪庵の扉を開けると、妖怪は先ほどの3倍ほどに増えていました。

 

思わず怯む花繪に、安倍は自分の首に下げていた印籠(いんろう)を渡します。

 

「その印籠が妖怪の本体に喰われたら困るから、花繪が喰われる前に必ず助けに行く」

 

大事なものだと言う安倍に、思わずそんな直訳をしてしまう花繪。

 

安倍は慌てて花繪を蹴り飛ばしてしまいます。

 

花繪が倒れた先には妖怪の群れ。

 

花繪はそのままライブのダイブのように連れていかれてしまいます。

 

それを追いかける安倍の頭上にはまたしても妖怪の群れが天井に張り付いていました。

 

花繪が目を覚ますと、目の前に本体のお出ましです。

 

2人の身長よりも大きく、教室の天井に根をはっており、3つの目が花繪を見つめていました。

 

安倍も妖怪たちに連れてこられている中、本体は話しかけてきます。

 

本体は二人に、

 

「ある妖怪のウワサを知らんか?」

 

と問いかけます。

 

「物怪庵の主をしとる妖怪を」

 

物怪庵は、安倍が呼び出すことができる茶室です。

 

花繪が混乱する中、安倍は隠世の扉を呼び出しました。

 

それを見た本体は、人間は頼りないが自分たちを隠(かくり)へ祓ってほしいと頼みます。

 

分身たちを祓ったあと、花繪は本体の番だと話しかけます。

 

しかし、安倍は扉を閉めてしまいました。

 

本体は教室の天井に根が張ってしまい、現世から離れられなかったのです。

 

この根は妖怪に取り憑いて動けなくし、力を吸い取って成長するものでした。

 

「不治の病」ともいわれる根に取り憑かれた本体は、分身を隠世に行かせるまで気を張っていたのでした。

 

「これで安心して最期を迎えられる」

 

と零す本体。

 

分身にはこのことを伝えていませんでした。

 

それを聞いた花繪は、

 

「その根全部切ってでもオレが隠世へ祓う!!」

 

とやる気を出します。

 

本体の望んだ別れ方は、分身たちが望む別れ方じゃないはずだ、と語る花繪。

 

本体は分身たちの成長を見届けたかった、と本音を打ち明けました。

 

それを聞いた安倍は、花繪に渡していた印籠から薬を出します。

 

その薬は、一時的に根を弱らせることができるが体に激痛が走り、痛みで息絶えるかもしれないような、リスクのある薬でした。

 

それでも本体は薬を飲むことを決断します。

 

薬を飲みこんだ途端、本体は激しく燃え始め熱さに苦しみだしました。

 

本体は花繪が抱えられるほど小さくなりました。

 

目を覚ました本体は二人にお礼を告げます。

 

「チビ達が待っとる…。そろそろ隠世へ行くよ」

 

という本体に、安倍は扉の先を指さします。

 

そこには、本体を迎えに来ている分身たち。

 

彼らは無事、隠へ帰っていきました。

 

キャンキャン騒いでいただけだったという花繪に、安倍は

 

「お前があの妖怪に「祓ってほしい」と言わせたんだ」

 

と言葉をかけます。

 

その後、安倍はその場に倒れこんでしまいました。

 

4話

花繪は必死に声をかけるも、意識が戻らない安倍。

 

花繪がパニックになると、安倍は少しだけ目を覚まし、ここで一泊すると伝え終わるとそのまま眠りに落ちていきました。

 

どうにか体を動かして物怪庵に帰ろうとするも、扉におでこをぶつける始末。

 

何とか物怪庵に入ると、安倍は花繪に家はどこかと尋ねます。

 

花繪が答えるとどこからか風鈴の音が。

 

音の方向を見ると、床の間に飾られている掛け軸に文字が浮かび上がっていました。

 

その時、教室の扉だったところには花繪の家の玄関が現れます。

 

掛け軸に「そこを開ければ家に帰れるわ」

 

と浮かび上がり、花繪が「こんにちは」とあいさつすると、

 

「こんにちは」

 

と会話が成り立ちました。

 

安倍によると、この掛け軸は物怪庵の意思を文字にする媒体であり、この茶室自体が妖怪だったのです。

 

眠そうな安倍を横目に、花繪は物怪庵の元主、つまり安倍の前の主について掛け軸に尋ねます。

 

「それは薬を…」

 

と掛け軸が答えようとしたとき、安倍は花繪に「さっさと帰れ」と追い出してしまいました。

 

モヤモヤしながら帰宅した花繪。

 

昼食も食べ損ねていたため、夕食のピザにありつきますが、どっと疲れが押し寄せてそのまま眠ってしまいました。

 

借金返済のために妖怪祓いが続けられるか不安に感じながらも、モジャモジャや本体の嬉しそうな姿に達成感も得ていました。

 

次の日、安倍は学校を休んでいました。

 

少し心配しながらも、クラスメイトがノートを貸してくれたり、下校のお誘いをしてくれたりと普通の高校ライフに感動する花繪。

 

いざ帰ろうと教室の扉を開けると、物怪庵につながっていました。

 

お誘いを断り、シレッと物怪庵に繋ぐ安倍に花繪はマシンガントークを繰り広げます。

 

安倍に「客人に失礼だ」と注意され、花繪は客人の方へ振り向きました。

 

そこにはお地蔵様が服を着たような「ミツチグラ」という妖怪でした。

 

妖怪も依頼に来ると知り混乱する花繪に、安倍は

 

「黙ってこれ読め!」

 

と一冊の絵本を突きつけます。

 

題名は「フランダースの犬」

 

誰もが知る感動の名作です。

 

花繪もラストシーンを思い出し、開始2ページで泣いてしまいます。

 

その姿を見て、今回の依頼に適役だという安倍とミツチグラ。

 

ミツチグラの依頼は、以前安倍に祓ってもらったときに現世に落とした「笑面(わらいめん)」を取りに行ってほしいというものでした。

 

ミツチグラは無表情であり、自身の感情表現をするために3つの面を持っています。

 

その一つである笑面を、祓ってもらったお寺に落としてしまったのです。

 

場所も分かっている中で、なぜ指名されたのか分からない花繪。

 

ミツチグラが言うには、笑面は近づいた者の顔に取り憑いており、面は力業では外せません。

 

面を外すには笑面に泣き面を見せなければならないのです。

 

花繪はその泣き役に選ばれたのです。

 

安倍に「5歳児のお使い」などと煽られた花繪は、威勢よくお寺につながった扉から出ていきました。

 

さすがに簡単な依頼であることから、一人でも大丈夫だろうと考えている安倍ですがやはり不安げ。

 

果たして花繪の「はじめてのお使い」は無事成功するのでしょうか?

おすすめ記事