青のオーケストラ3巻を無料フルで読む方法とネタバレ紹介!漫画アプリでタダ?zip,rarは危険|青野と秋音がオーディションに参加!羽鳥も登場!

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『青のオーケストラ』3巻を無料で読む方法とネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

余談なのですが、違法な無料漫画サイト(zipやrarファイルを含む)では、ウイルスによる感染率が年々高くなっています

 

ご紹介する『青のオーケストラ』3巻を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。

『青のオーケストラ』3巻は漫画アプリ『マンガワン』で読める

いきなり、結論です。

 

『青のオーケストラ』3巻は、こちらの小学館が運営する漫画アプリマンガワンにて無料で読むことができます。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』は大手総合出版社・小学館が運営する公式の漫画アプリです

『マンガワン』は公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『青のオーケストラ』3巻が『マンガワン』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在(2020年)では1巻から最新7巻に収録されているエピソードよりも先の最新話まで読むことができます

 

というのも『青のオーケストラ』は、『マンガワン』で独占連載されている作品だからです。

 

安心安全に、そしてタダで『青のオーケストラ』を最新巻(最新話)まで読破したい方は『マンガワン』を使う方法がベストです。

 

また『マンガワン』では、『青のオーケストラ』以外にも

  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

 

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

 
マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

同じく小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりも特にオススメです。

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

  • 名探偵コナン
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • YAIBA
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師

などなど!

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガワン』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

また新作マンガを読むならU-NEXTの「31日間無料体験」がオススメです。

以下のリンクから「U-NEXT31日間無料体験」に申し込むと今だけマンガの購入に使える600円分のポイントがタダで貰えます

この600円分のポイントを使うことで『ONE PIECE』『鬼滅の刃』『進撃の巨人』などお好きなマンガを1冊タダで購入できてしまいます。

読みたい新作マンガがあれば、U-NEXTの「31日間無料体験」を活用しお得に読むことをオススメします。

いつ600円分のポイントが貰えるキャンペーンが終わるか分からないのでお早めにどうぞ。

 

👇こちらの記事では実際に無料体験登録時に付与された600円分のポイントを使ってタダで漫画を購入した手順を画像付きで解説しています。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

U-NEXTへの登録方法についても詳しく説明しているので、U-NEXTへの無料体験をご検討している方は、ぜひ一読ください。

 

またU-NEXTでは、国内外の名作映画人気アニメが13万本以上見放題です。

無料期間の31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、気軽に無料体験してみてくださいね。

『青のオーケストラ』3巻 ネタバレ&感想

第15曲 羽鳥 葉

ある日の昼休み、青野はお昼ご飯買いに購買へ。

 

マンモス校のため、生徒数が多く買えないかもしれないと思い急いで駆けつけます。

 

案の定ラストひとつの焼きそばパン。

 

手を伸ばすも横から誰かにとられてしまいました。

 

それを取ったのが同じオーケストラ部2年羽鳥葉。

 

焼きそばパンを逃し部活終わりまでメシ抜きになってしまうところでしたが、羽鳥がおすすめのサンドイッチを青野にあげました。

 

そして昼飯に誘われ2人で食べることに。

 

そこでさらに2年の滝本かよと裾野姫子も居てみんなでお昼を食べることになりました。

 

先輩たちを前に青野は緊張しています。

 

それを先輩たちにからかわれさらに緊張してしまう青野。

 

そんな青野ですが2年の先輩たちの間では話題の人、「今年はすごい一年が入ってきたから。」と一目置かれているようです。

 

そして羽鳥は珍しく自主練に行くという。

 

3年の原田さんと一緒に演奏できる最後のチャンスに向けて頑張っているようです。

 

そして放課後。

 

羽鳥の弓の動きや呼吸、身体。その姿から伝わる音。

 

その演奏をみて青野は圧倒されていました。

 

そして部活終了。

 

居残り練習もしていくという羽鳥をみて青野も自主練習をします。

 

そしてそこに佐伯も加わり一緒に練習することになります。

 

その様子を見ていた羽鳥。

 

「今年のオーディションは原田さんが出ないからつまんねーと思ってたけど、前言撤回。めちゃくちゃ楽しみだわ。」と2人を認め気合が入っている様子でした。

 

あらすじネタバレでは書いていませんが羽鳥はダンス部と兼部しています!

 

両方できるのはすごいですよね~!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第16曲 初心者と経験者

6月下旬の土曜日。

 

オーディションまで残り一週間を切りました。

 

ハル、青野、佐伯の演奏を見て圧倒される秋音。

 

最近の音楽室はオーディションも近いせいか、空気がピリピリしている様子。

 

ハルや青野たちをみて「自分も頑張んなきゃー」と思う秋音は初心者で自分が上手くなっているのか、焦りを感じていました。

 

同じ初心者の仲間から「上達、早いね~」と言われますが立花さんはそれを認めていない様子でした。

 

立花さんは強豪の北中学校の管弦楽部で部長を務めていた。それもあり少し厳しい様子。

 

中学では1stヴァイオリンだったらしいが今は2ndヴァイオリンを務めている。

 

そして、そんな話をしていて「1stにいってくれてたら2ndは平和だったのにね~」と冗談を言っていたらそれを聞かれてしまいました。

 

それを聞いてしまっていた立花さんは「今は練習の時間でしょ?くだらないこと喋ってる暇あったら練習したら?」と怒っている感じで言います。

 

さらにそれに反撃する秋音2人は今にも喧嘩が始まりそうな雰囲気です。

 

この際だからお互い言いたいことはっきり言おうよとのことで、立花さんに「基本ができていないのにオーディションなんて出てる場合?」と核心をつかれたことを言われます。

 

それに反撃するも言い返せない様子。

 

そこに米沢先輩が止めに入ります。

 

2人はその日、自主練習をします。

 

立花さんの練習を秋音がこっそり覗きます。

 

そこに米沢先輩がやってきます。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第16曲 初心者と経験者(後編)

米沢先輩に秋音とのことを聞かれている立花さん。

 

どうやら自分のことしか見えていない、周りの音を聴けていない。

 

そんな秋音を中学生の時の自分と重ねていてイライラしているのでした。

 

それを聞いて「みんながみんな、同じスピードでは走れないよね。

 

立花さんは足が早い子だからみんなに走り方を教えることもできる。

 

だから息切れしている子がいたら助けてあげてね」と米沢先輩にアドバイスをもらいました。

 

翌日、秋音ときまづい様子であったが教えてほしいという秋音にヴァイオリンを教えるようになりました。

 

この気まずさあるあるですよね!笑

 

青春だな~ってかんじで見ていて微笑ましいですね!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第17曲 「放課後」

6月下旬火曜日。

 

オーディション3日前。

 

勉強や課題に手がついていない青野。

 

青野、佐伯は小テストで赤点をとってしまい補習を受けることになります。

 

補習中ふと隣を見ると佐伯の用紙は真っ白でした。

 

問題文の漢字が読めないという佐伯。

 

とんでもないアホかと思いきや、12歳までドイツにいたという。

 

おじいちゃんがドイツ人という家庭です。

 

そんな佐伯に振り仮名を振ってあげる青野。

 

そしてなんとか補習を終わらせる2人。

 

急いで練習に向かいます。

 

途中から合奏に参加しようと入る2人。

 

顧問の先生に「なんだお前ら、まだいなかったのか。佐伯とお前、名前は?」と名前すら覚えられてなかった青野はとても悔しそうに絶対見返してやると意気込んでいます。

 

その後の職員室。原田さんが顧問の鮎川先生に「青野くんのこと知らないわけないですよね?」と聞きます。

 

鮎川先生ははっぱをかけていたようです。

 

佐伯と青野、人は良いライバル関係にありそうですね!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第18曲 決戦前夜

オーディション前日。

 

同じ電車に乗っていた秋音と青野。

 

秋音が「これからあんたン家行っていい?」と青野の家で習することになります。

 

曲はドヴォルザーク交響曲第9番「新世界より」。

 

曲の背景を勉強しています。

 

そして楽器で練習。

 

「ちょっと合わせてみるか」と2人で練習を始めます。

 

その後、青野の母親も帰宅し三人で明日のオーディションのためにとカツ丼を食べます。

 

一方で、佐伯やハル、羽鳥それぞれが思い思いに夜を過ごしていました。

 

そして夜が明けいよいよオーディション

第19曲 「オーディション」

いよいよオーディション当日。

 

みんな緊張しています。

 

裾野先輩も緊張していました。

 

廊下に響くヴァイオリンのおとがより一層緊張させます。

 

そしていよいよ青野の番です。

 

青野は鮎川先生を父親に重ねてどこか苦手だと思っていました。

 

そして名前も覚えられていなかったためやられっぱなしじゃ気が済まないと演奏に気合が入ります。

 

青野の演奏にカーテン審査ではあるがその場にいる全員が、誰のものによる演奏なのかを瞬時に理解しました。

 

それぐらい圧倒していてさらには原田さんを思わせるかの様な演奏でした。

 

演奏をしながら幼い頃を回想しています。

 

俺を見ろ!!!そう言わんばかりの演奏です。

 

オーディションシーンは青野の凄さに鳥肌が立ちました。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第20曲「次への一歩」

オーディション当日。

 

緊張の中、いよいよシーティングの発表です。

 

当日の朝、青野は嫌な夢で起こされます。

 

学校に着き、音楽室入るや「お前すげーじゃん!」と羽鳥先輩。

 

なんと、青野のシーティングは原田さんの真後ろの席でした。

 

一年で普通コンサートマスターの後ろの席はありえません。

 

秋音の方はだめだったようです。

 

その後鮎川先生から今回のオーディションのことで青野と羽鳥先輩が呼び出されます。

 

そこで羽鳥は「お前は口も演奏も軽い」と言われてしまいます。

 

他にもかなりきつめに言われてしまいます。

 

青野の方は褒められましたが、今後の演奏次第では佐伯と入れ替えるつもりだと油断ができません。

 

さらに「お前の演奏にはお前だけの音色が俺には見えてこない。昔のお前の音色はそんなものではなかったはずだ。」と期待をかけられています。

 

青野と佐伯が次期コンサートマスターの候補にしているからです。

 

そして一ヶ月後演奏会前に佐伯と青野のどちらがオーケストラにふさわしい演奏をするか見極める。と一言。

 

今後の展開に目が離せませんね!読んでいるこっちまでドキドキと緊張しています。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第21曲 自分の音色

定期演奏会前に定期テストがあります。

 

テスト勉強をしていますが、なかなか手につきません。

 

鮎川先生の言葉が引っかかっている様です。

 

そして息抜きにとヴァイオリンを練習しに行きます。

 

練習中、「あれは全力の演奏だった?」と佐伯が青野に聞きます。

 

手を抜いてなんかいないと弁明するなか羽鳥先輩がやってきます。

 

青野が「俺の演奏どう思いました?」と単刀直入に聞きます。

 

それに羽鳥は「もっと曲のイメージを伝える努力をすればいいのになーと思う。曲のイメージを膨らまし心に訴えかける。」とアドバイスをもらいます。

 

「答えは演奏の中で探せばいい」と。

 

そしてその後の帰り道。

 

佐伯に「全力だったよ」とはっきり言いました。

 

さらにはヴァイオリンを辞めてたこともうち明かしました。

 

「まぁ、また今度話すよ。」と2人の距離は縮んでいる様に見えました。

 

この巻で登場の羽鳥先輩。めちゃくちゃ先輩らしくてかっこいいですね!

 

青野も自分に向き合い前に進んでいっていますね。

 

また最大のライバルの佐伯との距離が縮んでいくのもみどころでした!

 

続きが気になります!!!

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事