青のオーケストラ7巻を無料で読む方法とネタバレ紹介!最新刊8巻の発売日はいつ?漫画アプリでタダ?zip,rarは危険|3年生が引退で新体制を迎えるが問題が山積み?

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『青のオーケストラ』7巻を無料で読む方法とネタバレ、8巻の発売日が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

余談なのですが、違法な無料漫画サイト(zipやrarファイルを含む)では、ウイルスによる感染率が年々高くなっています

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。

『青のオーケストラ』7巻は漫画アプリ『マンガワン』で読める

いきなり、結論です。

 

『青のオーケストラ』第7巻は、こちらの小学館が運営する漫画アプリマンガワンにて無料で読むことができます。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『マンガワン』は大手総合出版社・小学館が運営する公式の漫画アプリです

『マンガワン』は公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『青のオーケストラ』第7巻が『マンガワン』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在(2020年)では第1巻から第7巻に収録されているエピソードよりも先の最新話まで読むことができます

 

というのも『青のオーケストラ』は、『マンガワン』で独占連載されている作品だからです。

 

安心安全に、そしてタダで『青のオーケストラ』を最新巻(最新話)まで読破したい方は『マンガワン』を使う方法がベストです。

 

また『マンガワン』では、『青のオーケストラ』以外にも

  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど、名作と呼び声高いマンガを数多く無料で読むこともできます。

半端ない量の有名マンガを随時、無料配信してくれるので、マンガ好きの私は、とても重宝しているアプリです!

 
マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 
 
 
同じく小学館が運営する漫画アプリサンデーうぇぶりも特にオススメです。
 
 
以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。
  • 名探偵コナン
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • YAIBA
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師

などなど!

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガワン』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

また新作マンガを読むならU-NEXTの「31日間無料体験」がオススメです。

以下のリンクから「U-NEXT31日間無料体験」に申し込むと今だけマンガの購入に使える600円分のポイントがタダで貰えます

この600円分のポイントを使うことで『ONE PIECE』『鬼滅の刃』『進撃の巨人』などお好きなマンガを1冊タダで購入できてしまいます。

読みたい新作マンガがあれば、U-NEXTの「31日間無料体験」を活用しお得に読むことをオススメします。

いつ600円分のポイントが貰えるキャンペーンが終わるか分からないのでお早めにどうぞ。

 

👇こちらの記事では実際に無料体験登録時に付与された600円分のポイントを使ってタダで漫画を購入した手順を画像付きで解説しています。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

U-NEXTへの登録方法についても詳しく説明しているので、U-NEXTへの無料体験をご検討している方は、ぜひ一読ください。

 

またU-NEXTでは、国内外の名作映画人気アニメが13万本以上見放題です。

無料期間の31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、気軽に無料体験してみてくださいね。

『青のオーケストラ』7巻 ネタバレ&感想

第41話(曲) 新世界より第4学章 

ドヴォルザークの新世界第4章の演奏がついに始まります。

 

序奏は弦楽器が低音を走らせます。

 

弦楽器の音は次第に速度を上げ、管楽器がその音を迎えた瞬間、様々な音が混ざり合い、一斉にはじけ飛びます。

 

熱と轟音を生む。と書かれていますが、次のコマでしっかり熱と轟音を絵のみで表現しています。

 

作者の画力の高さが窺える場面です。

 

聴衆が圧倒される中、立石部長や羽鳥先輩は、練習に明け暮れた日々を思い出し、クライマックスに向けて気持ちを高めていきます。

 

そして最後に、全てを出し切るかのように、全員の音が1つになって響き渡り、新世界の演奏は鮮やかに終わります。

 

聴衆から拍手が一斉に送られる瞬間は、ゾクゾクして、思わず身震いしてしまいました。(≧◇≦)

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第42話(曲) ほころび

演奏会から2日、その日はオーケストラ部の練習もなく、一にとって束の間の休日。

 

一はまだ演奏会の高揚感を忘れられずにいました。

 

晴れやかな気分で出かけた帰り道、一は小桜を見つけて話しかけます。

 

3年生が抜けて、いよいよ新体制になるオーケストラ部。

 

不安を感じる一でしたが、それに反して小桜は不安よりも期待が大きいようです。

 

一が感じる不安は漠然としたものではなく、ちゃんとした理由がありました。

 

演奏会からの帰り道、電車の中で原田先輩が次期コンマスの羽鳥先輩に壊れてほしくないと言っており、一はずっとその言葉が引っかかっていました。

 

一はまっすぐ帰るつもりでしたが、小桜と秋音がカフェに行く約束をしていると聞いて、一緒に行くことにしました。

 

数少ない休日だというのに、早速2か月後のコンクールに向けて話始める3人。

 

その時、同じカフェに来ていた、2年の滝本先輩が顔を出します。

 

新体制になって1stヴァイオリンから2ndヴァイオリンのパートリーダーになった滝本先輩。

 

滝本先輩の表情に何か違和感を感じた一ですが、気のせいかと思いこの時はスルーします。

 

次の日、朝練に向かうと、弦のパートはほとんど人がいません。

 

そこに2年の佐久間先輩が入ってきて、嫌味を連発。

 

一気に部屋の雰囲気が悪くなってしまいます。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第43話(曲) 嫌い

険悪な雰囲気を変えるため、仲介に入った一ですが、佐久間先輩に君のこと嫌いだなと言われてしまいます。

 

その後、佐久間先輩は一通り嫌味を言い終わり、空気を最悪にして、自分の練習に戻っていきました。

 

昼休み、朝のことを思い出して憤りを隠せない佐伯。

 

どうやら一に対する嫌味が気に入らなかったようです。

 

もっと言い返した方が良いと言う佐伯でしたが、一はこれ以上険悪になりたくないと尻込みしてしまいます。

 

とは言いつつも一の足は自然と音楽室に向かい、不運にも佐久間先輩と出くわします

 

一は自分の言いたいことを正直にぶつけますが、またしても先輩は嫌味を連発し、2人の関係はさらに険悪に…

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第44話(曲) 波紋

夏休みが終わってから1週間、新体制になってからは2週間以上経っていますが、全然うまくいっておらず、立て続けに何度もパートリーダーによるミーティングが行われていました。

 

この日も微妙な空気でミーティングが始まり、朝練について話し合われます。

 

まず、佐久間先輩がパートリーダーにもかかわらず、朝練に来ていない滝本先輩を責め始めます。

 

朝練は自由参加なので来なくてもいいのではないかという意見も上がりますが、新部長の筒井先輩がはっきりせず、結局何も決まりません。

 

そんな中、佐久間先輩が放った「テキトーなことばかり言ってると、日向さんみたいになっちゃうよ?」という一言が場を凍り付かせます。

 

日向さんとは一体だれなのか、滝本先輩と関係があるようでしたが、一体どんな関係で何があったのか、今後に注目ですね。

 

場面は変わって、一たちが練習中の音楽室。

 

一と秋音は、なぜ滝本先輩が2ndヴァイオリンのリーダーになったのかという噂を聞きます。

 

その噂によると、元々2ndヴァイオリンのリーダーになるはずだった先輩が、前の年の定演が終わった直後に辞めてしまい、2nd経験者の滝本先輩が代わりになったそうです。

 

この辞めてしまったという人が日向さんなのでしょうか?

 

次の日の放課後、相変わらず朝練に来ない滝本先輩にしびれを切らして、2ndヴァイオリンの部員たちが滝本先輩ともめ始めてしまいます。

 

滝本先輩が朝練に来れない理由は低血圧で起きられないからと伝えられていますが、そんな理由では納得できないのも当然ですよね。(低血圧で起きられないというのは建前で、本当の理由は話していないと思いますが)

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第45話(曲) 仮面

第45曲は滝本先輩の回想で始まります。

 

一たちが入学する少し前、2ndヴァイオリンのリーダーを滝本先輩かもう一人の候補者の福留先輩とどちらにするか相談している場面。

 

福留先輩は私にはできないと断ります。

 

滝本先輩もできそうな感じではありませんでしたが、ここで回想が切れてしまい、実際はどうだったのか分かりません。

 

その日の放課後、滝本先輩は1stヴァイオリンのリーダーの裾野先輩に呼び出され、パートリーダーを辞めるのか、続けるのか問われます。

 

また、朝練に参加できない本当の理由もあるようです。

 

滝本先輩は家業の医者を継がなくてはならないという重荷を背負っており、予備校に通っているのですが、部活との両立がうまくできず、成績も伸び悩んでいました。

 

勉強、部活、お母さんや部員のみんなとの関係、全部頑張っているはずなのに全てうまくいきません。

 

そして、駅のホームで思わず涙がこぼれたその時、一が滝本先輩に声をかけます。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第46話(曲) 中途半端

滝本先輩はお父さんのことやお母さんが倒れたことなど家のことで悩みを抱える一を、少しだけ自分に似ていると思っていました。

 

そして、滝本先輩は不意に「お父さんのこと嫌い?」と一に尋ねます。

 

あっけにとられている一でしたが、滝本先輩にお茶しようと誘われ、質問に答え得ることができませんでした。

 

カフェで一は滝本先輩がオーケストラ部を辞めた日向さんと何か関係があるのか聞いてみます。

 

日向さんは家の事情でやむを得ずオーケストラ部を辞めたそうです。

 

滝本先輩は日向さんと仲が良く、部活に関して相談にのっていたのですが、日向さんが辞めた後、陰で悪く言われているのを聞いてしまい、日向さんの頑張りがなかったことにされたように感じてイラっとしてしまいました。

 

この話を聞いて、一もヴァイオリンから逃げ出した過去を話します。

 

「自分は逃げてしまったけれど、滝本先輩は逃げずにどうにかしようと頑張っている」ということを必死に伝えます。

 

そして帰り道、滝本先輩との別れ際に、電車の中での質問に答えます。

 

父親が嫌いだということ、今度会ったら言いたいことを全てぶつけようと思っていること。

 

これを聞いて、滝本先輩も言いたいことは自分でしっかり言わなければいけないと決心します。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

第47話(曲) ケジメ

一と話してから何かが吹っ切れたのか、滝本先輩は様子が変わり、とてもパートリーダーらしくなってきました。

 

ヴァイオリンのパートは色々トラブルがあって大変でしたが、何とか落ち着きましたね。

 

もちろん、大変なのはヴァイオリンだけではありません。

 

他の楽器のパートでもリーダーが変わったことで、練習方法が変わり、やりづらいようです。

 

しかし、練習方法が変わったということは、新リーダーが前のやり方に縛られていないということでもあるので、良い傾向ですね。

 

場面は変わって、車の中で顧問の鮎川先生と原田先輩が話している場面。

 

先生はコンクールに向けての練習について、前途多難だと言っています。

 

また、原田先輩は相談をしてきた滝本先輩を心配していましたが、コンクールまでは部活に専念すると滝本先輩の中で答えが出たようです。

 

コンクールが終わったら辞めるということなので2ndの部員たちは困惑していたようですが、「自分で決めたことだから」と後悔はしていないようです。

 

滝本先輩がきっちりけじめをつけたところで青のオーケストラ7巻は終わりです。

 

7巻では新体制になったこともあり、不安になる部分が多かったですが、8巻では練習を通して少しずつ1つになっていく姿が見られますよ。

 

気になる方はぜひ、続きも読んでくださいね(^O^)

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事