転スラ リムルの覚醒の強さや最後は死亡?最終回や正体・結婚調査!四天王・性別も

おすすめスマホアプリ

 

異世界転生転生の漫画でも非常に人気の高い『転生したらスライムだった件』

 

日本でしがないサラリーマンをしていた三上悟が通り魔に刺され、気づけばスライムとして異世界に転生してこの物語は始まります。

 

リムルという名を与えられ、出会ったゴブリンや狼ら魔物達と共に国を興していきます。

 

膨大な力と優しい心を持つリムルは何者なのか。

 

今回は本作の主人公であり、魔物の国の主人であるリムルについてプロフィールや強さ、その後の考察などを解説していきます。

『転スラ(転生したらスライムだった件)』は漫画アプリ『マガポケ』で無料で読める?

『転スラ(転生したらスライムだった件)』はこちらの講談社が運営する漫画アプリマガポケにて無料読むことができます。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マガポケ』では、『転スラ(転生したらスライムだった件)』をこのように無料で公開してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『転スラ(転生したらスライムだった件)』を読みたい方は『マガポケ』を使う方法が最もお得です。

 

『マガポケ』は、講談社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

オススメ漫画アプリ

上記で紹介した『マガポケ』以外にも集英社が運営する漫画アプリヤンジャンマンガMeeも特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • ヒロイン失格
  • ハニーレモンソーダ
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • 俺物語
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • ごくせん
  • アシガール
  • 椿町ロンリープラネット
  • NANA
  • アオハライド
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • 乙女椿は笑わない
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • これは経費で落ちません
  • ハル×キヨ
  • 悪魔とラブソング
  • 雛鳥のワルツ
  • きょうは会社休みます
  • ストロボエッジ
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • ママレード・ボーイ
  • 菜の花の彼-ナノカノカレ-
  • 花より男子
  • 消えた初恋
  • 銀魂
  • 宇宙を駆けるよだか

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は使ってみてはいかがでしょうか?

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

リムルの強さは!?性別や正体、能力や所持しているスキルについて解説!

リムルとは一体何者なのか?リムルの持つスキルは?

リムルのプロフィール

フルネームはリムル=テンペスト。

 

転生後初めて出会ったヴェルドラからリムルの名を貰い、同郷の転生者シズエ・イザワより願いと体を託され、現在の人型に変身できるようになりました。

 

性格は温厚で平和主義者。

 

基本的に争いを望まず、相手との交渉の際は歩み寄りの姿勢から始めます。

 

しかし大切なものを守るためならどんなことでもする非情さも持ち合わせています。

 

リムルの持つスキル紹介

『智慧之王(ラファエル)』

ユニークスキル『大賢者』がユニークスキル『変質者(ウツロウモノ)』と融合して進化した姿です。

 

リムルが転生時獲得したスキル大賢者が更なる知性と自我を獲得したアルティメットスキル。

 

戦闘時から日常生活に至るまで、リムルに的確なアドバイスを授けてくれるリムルの相棒でもあります。

 

リムル以上の知性を持っていますが、彼のそばにいることが至高の喜びと考えており、影から支えてくれる頼もしいスキルでありパートナーです。

『暴食之王(ベルゼビュート)』

ユニークスキル『捕食者(クラウモノ)』がユニークスキル『暴食者(グラトニー)』を経て進化した姿です。

 

捕食や解析、収納など様々な用途があるアルティメットスキル。

 

吸収した相手の能力を獲得したり、アイテムを鑑定や保存したり、非常に便利でテンペストの発展にも戦闘にも欠かせないスキルです。

『暴風之王(ヴェルドラ)』

ヴェルドラを捕食し解析鑑定をした結果、魂の回廊を確立し繋がったことで生み出されたアルティメットスキル。

 

ヴェルドラを呼び出したり暴風系の魔法が使えるようになり、ヴェルドラとは文字通り魂の片割れとなりました。

 

リムルは魔王の中でどれぐらい強い??ランキング形式で強さを考察!!

未だ実力が不明な魔王もいるため、一部は仮の考察になります。

ギィ・クリムゾン(暗黒皇帝-ロードオブダークネス)

暗黒皇帝の二つ名を持つ最古の魔王であり、原初の悪魔の一柱で原初の赤(ルージュ)とも呼ばれています。

 

その力は圧倒的で、レオンとの実力差やミリムと同格であることが様々な描写からわかります。

 

それでいて非常に頭が回るキャラでもあり、戦闘力は同格でも知力など総合的にミリムより強いであろうことが伺えます。

ミリム・ナーヴァ(破壊の暴君-デストロイ)

最古にして最強の魔王の一人でありリムルのマブダチです。

 

その強さは一線を画するものがあり、ユーラザニアの王都周辺を一瞬で塵にしたり、魔王にも匹敵するカリュブディスを一撃で沈めたりと次元が違います。

 

破壊の暴君に恥じない力を持っていると言えます。

ダグリュール(大地の怒り-アースクエイク)

巨人の魔王であり、その強さは未だ不明です。

 

しかしヴェルドラとの戦いが未だ決着がついていないとヴェルドラ本人から告げられており、竜種に匹敵する力を有しています。

 

リムル=テンペスト(新星-ニュービー)

魔王の中では最も新人で、クレイマンを自らの手で倒し魔王になりました。

 

魔王の中でも異例の複数アルティメットスキルを所持し、テンペスト内の強大な軍事力、様々な国や強者との友好関係も築いており魔素数以上の力を持っています。

 

また、ワルプルギスでギィとダグリュール以外の魔王を見た際の反応は冷静だったこともあり、新参でありながらも既に上位の力を有していることが伺えます。

レオン・クロムウェル(白金の剣士-プラチナムセイバー)

リムルの恩人であるシズをこの世界に転移させた張本人。

 

元々は勇者でしたが現在は魔王として君臨し、とある目的のために転移の実験を繰り返しています。

ルミナス・バレンタイン(魔夜の女王-ナイトオブクイーン)

2000年前にヴェルドラによって自らの国の都市を壊滅させられ、ヴェルドラを強く憎むヴァンパイアの魔王。

 

現在は神聖法皇国ルベリオスを治めており、ルミナス教の神でもあります。

 

生と死の権能を操り、まさに神と呼ばれるに相応しい能力を持っています。

ディーノ(眠る支配者-スリーピングルーラー)

常に眠そうにしており、ラミリスとよく小学生レベルの言い争いをしている堕天使。

 

マイペースな性格で、ラミリスと同じぼっちです。

ラミリス(迷宮妖精-ラビリンス)

ギィやミリムとも親交の深い妖精の魔王。

 

性格はお調子者で、ミリムやディーノからよく馬鹿にされています。

 

戦闘能力こそありませんが、ユニークスキル迷宮創造によってなんでもありの空間を作り出すことができ、テンペストの地下ダンジョン構築に深く貢献しています。

 

リムルは誰と結婚するのか??正妻を狙う結婚争いの行方は??リムル周りの色恋を徹底考察!!

リムルに好意を寄せるヒロインたちを一挙紹介!!

シオン

リムルの第一秘書であり、リムルのことが超大好きなのが一目でわかるヒロインの一人です。

 

クールビューティーで圧倒的な戦闘力を有していますが、トラブルメーカーで料理が壊滅的に下手だったり、よくリムルにため息をつかれているポンコツでもあります。

 

また、下記で紹介するシュナとはよくリムル絡みで争っています。

シュナ

元大鬼族の姫でありベニマルの妹。

 

シオンとは対照的に戦闘力はないものの手先がとても器用で、特に裁縫と料理で類まれな才能を発揮しています。

 

また、実務ができないシオンに代わってリムルの秘書業務全般を請け負っていたり、持ち前の上品さや礼儀正しさを買われリムルと共に外交の場へ赴くこともしばしば。

 

シオンとはどちらがリムルに相応しいかとよく争っています。

 

ちなみに怒ると魔王ですら尻込むほどのオーラを放ちます。

 

クロエ

元々不完全な状態で召喚された異世界人で、イングラシア王国の学校に在籍していた元シズの教え子。

 

死期が近かったところをリムルによって助けられ、それ以降リムルのことを慕い特別な感情を抱いています。

ヒナタ

リムルと同じ日本人の転生者で、神の右手と言われている西方世界最強の剣士。

 

初対面時は問答無用でリムルを殺そうとしていましたが、誤解が溶けたことで良好な関係になりました。

 

リムルが推し進めている日本文化の再現率の高さに衝撃を受けつつ、やりすぎだと呆れた様子も見せています。

 

一方、心を開く中で徐々にツンデレ属性が強くなってきています。

ミリム

最古にして最強の魔王の一人。リムルとはひょんなことから親友(マブダチ)になります。

 

リムルのことは相当気に入っており、事あるごとにテンペストに遊びに来ています。

 

リムルの結婚観は??結婚の可能性はあるのか?

結論から言うと、結婚の可能性はあまり高くないと思います。

 

リムルは無性であり、作中内で色恋に関する描写が一度もないことから恋愛や結婚の願望がない可能性も伺えます。

 

度々起こるシュナとシオンのリムル争奪争いも半ば呆れながら事の顛末を見守っていました。

 

また、不滅で不老の存在になったことで後継を作る必要性も少ないため、結婚に対してあまり積極的で無いようにも思います。

 

もしあるとしたら配下たちから結婚はいつするのかと迫られ、半ば流れに身を任せる形で進んでいき、上記で紹介したいずれかのキャラクターと結婚、もしくは一夫多妻制になるのではないでしょうか。

 

本編最終回でリムルは死亡してしまうのか??リムルの最後を徹底考察!!

最終回でリムルはどうなってしまうのか?

結論から言うと、作中最強格の存在でありながら人望も厚い世界の中心的な立ち位置になると思います。

 

この世界には最強の魔王たちや竜種、原初の悪魔など、圧倒的な力を持つキャラクターがたくさんいます。

 

最終的には彼らと肩を並べるほどの力を有しながら、魔国を更に発展させ世界の中心的な国になっていき、結果的に世界の中心になっていくのではないでしょうか。

最終回で世界はどうなっているのか?

結論から言うと、各国の王や魔王たちが手を取り合い、一致団結して世界が平和になっていくのでは無いかと思います。

 

人間たちの脅威である魔王たちは人間を襲ったり略奪をしたりといった攻撃的な野心を持っているキャラは少なく、脅威的な力を人間たちが勝手に恐れているだけだと思われます。

 

特に様々な国や魔王と親交のあるリムルは、平和的に色んな種族が共存できる世界を目指しています。

 

そんなリムルが中心となり、最終的には種族問わず皆が笑って酒を飲み交わせる世界になるのでは無いでしょうか。

 

ただのスライムが覚醒魔王に!!魔王に至った経緯は!?

最弱のスライムがどうして成り上がれた??

絶対に欠かせないのがヴェルドラの存在です。

 

リムルが転生後初めて顔を合わせたのがヴェルドラであり、圧倒的な強者から名付けをしてもらったこと、ヴェルドラを捕食し魂の回廊を確立したことで圧倒的な魔素量を手に入れました。

 

その魔素があったからこそ、数多の魔物たちに名を与え国を興すに至りました。

 

また、その過程でオークロードと戦いこれを捕食。

 

その結果オークロードが所持していた魔王種を獲得し、実質魔王と同等の存在になりました。

悲しみの中で。二万の生贄により爆誕した覚醒魔王!

ファルムス王国がテンペストに侵攻し、数多の住人が命を落としました。

 

それを目の当たりにし失意のどん底に堕ちるリムルですが、真なる魔王に覚醒することで蘇らせることができるかもしれないと言う話を聞きます。

 

一縷の望みに賭けファルムス兵2万人を虐殺し、その膨大な量の魂を生贄に収穫祭(ハーベストフェスティバル)が始まりました。

 

そしてリムルは真なる魔王へと覚醒進化し、圧倒的な力を手に入れ住民の蘇生に成功します。

 

その後開催された魔王達の宴(ワルプルギス)にて魔王クレイマンを倒し、無事魔王(八星魔王)に仲間入りを果たしました。

 

リムルが作る国とはどんなところ??魔国テンペストについて解説!

多様な種族が暮らす魔物の国の正体とは?

正式名称はジュラ・テンペスト連邦国。

 

ジュラの大森林にて守神であったヴェルドラが消失したことで、他の土地に住む魔物や人間達から侵略されるのを防ぐべく共生・共闘関係を築くためにリムルが集落を作り、それが徐々に拡大することで国になっていきました。

 

自分達が過ごしやすい場所を作るために前世の記憶や技術を流用し、気づけば他国にも劣らぬほど裕福な国になりました。

 

特に料理や娯楽の発展が著しく、ヒナタからやりすぎだと指摘を受けるほどです。

リムルが掲げる理想の国とは?

「種族問わず楽しく快適に過ごせる国を作りたい」と言うのがリムルの想いです。

 

そこでは人間も魔物も、王族や魔王すらも差別せず平等に楽しめる場を作りたいという純粋で平和的な理想がありました。

 

発展していったテンペストでは、まさにその理念通り様々な種族が行き来し交流する都市になっていき、そこにいる住人から観光客まで笑顔あふれる国になっています。

 

ここから更にどのように発展するのか目が離せませんね。

テンペストの四天王とは??テンペストの内側を徹底解説!!

テンペストが誇る巨大な軍事力と四天王とは??

ディアブロ

原初の悪魔の一人であり、テンペスト最強と呼び声も高い悪魔公。

 

熱狂的なリムル信者で、リムルにもう帰っていいと言われた際には心に多大なるダメージを負うほど。

 

しかしその力は、その名だけで他国を尻込みさせ長くファルムス王国を支えてきたラーゼンや、神聖法皇国ルベリオス重鎮の七曜の老師を簡単にあしらうほど。

 

また、原初の赤であり最古の魔王ギィと同格とも言われています。

ベニマル

リムルから全軍の指揮権を預かる、テンペストが誇る侍大将です。

 

やや短気で好戦的ですが冷静で的確な判断力を有しており、リムルからの信頼も厚いです。

 

その実力は本物で、クレイマン配下との戦いでは魂が不安定とはいえ魔王級の怪物カリュブディスを一撃で葬りました。

 

間違いなく現在のテンペストで1.2を争う実力者だと言えます。

シオン

リムルの第一秘書兼護衛。

 

ワルプルギスで魔王クレイマンを簡単に倒してしまうほどの実力を持っており、不死身の部隊「紫克衆ヨミガエリ」の長でもあります。

ゴブタ

リムルに一番最初に名付けしてもらったゴブリンの一人。

 

普段はお調子者ですが、ハクロウに鍛えられたことで高い戦闘力を有しておりゴブリンライダーの隊長を任されています。

 

クレイマン配下で最も強いヤムザから驚愕される動きを見せるが、本人は偶然が重なっただけだと思っている無自覚な天才でもあります。

テンペスト陣営のその他主要キャラ徹底解説!!

ガビル

リザードマン長の息子で、オークロードの件で王国から追放されリムルの配下に加わりました。

 

性格はお調子者でその度に何かやらかしますが配下からの人望は厚く崇拝されています。

 

普段はベスターと共に研究開発に取り組んでおり、彼らが開国祭で発表したフルポーションの秘密に各国の研究者は驚愕していました。

ソウエイ

リムルから隠密の役割をもらい、分身を使い様々な土地にて情報収集をする影の仕事人。

 

その仕事ぶりは圧倒的で、リムルからは仕事ができるイケメンと度々驚かれます。

 

また、部下のソウカだけでなく敵として戦った聖騎士のリティスなど気づいたら周りの女性陣から惚れられることが多く、非常にモテモテなキャラクターです。

ハクロウ

剣鬼の異名を持ち、テンペストの戦闘指南役でもある妖鬼。

 

リムルやヨウム、ベニマルやゴブリンライダーの面々など多くの実力者を育成しています。

 

朧流剣術の使い手で、魔素的には格上の相手にも圧倒するほどの技術を持っています。

ランガ

元々ゴブリンを襲いに来た牙狼族族長の息子であり、リムルが族長を討伐したのち忠誠を誓いました。

 

リムルを背に乗せることが何よりの喜びであり、普段はリムルの影に隠れて護衛をしつついつでも乗せれるようにスタンバイをしています。

 

また、いざという時には影から姿を表して黒い雷を放って戦います。

ゲルド

元はジュラの森に侵攻したオーク軍将軍の一人。

 

主人である豚頭帝ゲルドがリムルに敗れたのち、オーク共々リムルに忠誠を誓っています。

 

性格は真面目で義理堅く、非常に漢気に富んでいます。

 

普段は街道整備など肉体労働を指揮するのが主ですが、戦争時はオークの集団「黄色軍団イエローナンバーズ」の指揮をとっていて、様々な場面でテンペストを支えている縁の下の力持ちです。

おすすめ記事