フルーツバスケット本田透は死亡?過去や正体は?夾と結婚してその後は子供3人?父母親や草摩由希との関係は?名言嫌い

おすすめスマホアプリ

 

1998年から2006年まで白泉社『花とゆめ』で連載された作品「フルーツバスケット」。

 

2001年にアニメ化された後、2019年に再度アニメ化されています。

 

舞台化もされるなど、今も根強い人気を誇っている作品です。

 

今回は草摩(そうま)家に居候することになった主人公、本田透(ほんだ とおる)について紹介していきます。

 

ジャンルこそ「少女漫画」という部類に入っていますが、内容は差別・格差・呪いなど重たいテーマとなっています。

 

そんな暗くなりそうなストーリーの中で、主人公である透がどのように描かれていくのか。

 

魅力いっぱいの主人公、本田透について解説していきます。

 

また漫画『フルーツバスケット』を1巻から最終巻まで無料で読みたい!という方に『フルーツバスケット』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

『フルーツバスケット』は漫画アプリ『マンガPark』で読める

『フルーツバスケット』はこちらの白泉社が運営する漫画アプリマンガParkにて全巻無料で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』は、大手出版社の白泉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

安心安全に、そしてタダで『フルーツバスケット』を1巻から最終23巻まで読破したい方は『マンガPark』を使う方法がベストです。

 

また『フルーツバスケット』の正統続編にあたるフルーツバスケットanotherも『マンガPark』内で連載中です。

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

オススメ漫画アプリ紹介

漫画アプリに関していうと、講談社が運営するマガポケや小学館が運営するマンガワンも特にオススメです。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『マガポケ』で無料で読める主な作品一覧
  • 進撃の巨人
  • フェアリーテイル
  • 新宿スワン
  • ドメスティックな彼女
  • ダイヤのA
  • DAYS
  • ザ・ファブル
  • 頭文字D
  • ベイビーステップ
  • ホームルーム
  • ちはやふる
  • トモダチゲーム
  • カイジ
  • Dreams
  • 十字架のろくにん
  • 可愛いだけじゃない式守さん
  • お願い、脱がシて。
  • 復讐の教科書
  • ハコヅメ~交番女子の逆襲~
  • デスティニーラバーズ
  • 島耕作
  • はじめの一歩
  • 食糧人類
  • 神さまの言うとおり
  • 監獄学園(プリズンスクール)
  • ランウェイで笑って
  • 七つの大罪
  • カメレオン
  • ドラゴン桜
  • 砂の栄冠
  • のだめカンタービレ
  • 亜人
  • ジパング
  • 天空侵犯
  • ハレ婚。
  • マイホームヒーロー
  • ナニワトモアレ
  • 満州アヘンスクワッド
  • 僕たちがやりました
  • カッコウの許嫁
  • ライアー×ライアー
  • GIANT KILLING
  • コウノドリ
  • PとJK
  • 彼岸島
  • エリアの騎士
  • いぬやしき
  • シャーマンキング

などなど…

 

『マンガワン』で無料で読める主な作品一覧
  • 闇金ウシジマくん
  • アフロ田中
  • 土竜の唄
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • 青のオーケストラ
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100
  • 教え子がAV女優、監督がボク。
  • 釣りバカ日誌
  • ゾン100
  • 裏バイト逃亡禁止
  • 美味しんぼ
  • 医龍
  • イキガミ
  • 闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説
  • 九条の大罪

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

本田透の過去は?母親・父親との関係性は?プロフィール紹介!

本田透のプロフィール

女手一つで育ててくれた母親を亡くし、訳あってテント暮らしをしていた高校生。

 

口調は「です・ます」という敬語を使っていて明るく礼儀正しい、一見真面目で大人しそう女の子なんですが意外とタフな面を持っています。

 

シングルマザーである母親と暮らしていたため、家事全般は完璧にこなせます。

 

どこか天然なところがあり、人とは少し違った行動や受け取り方をするときがあります。

 

そこがとても可愛らしいキャラクターでもあります。

 

両親が亡くなった後に揉めに揉めた透の引き取り先。

 

一緒に住むことになったおじいさんの家では、なるべく負担にならないように透は学費と生活費は自分で払うことを約束しました。

 

その後おじいさんが娘夫婦と同居することが決まり、家を改築することになります。

 

改築中に住むところがなかった透が行き着いた先が、バイト生活をしながらテントで暮らすというものでした。

 

そしてそのテントを張っていたのがまさかの草摩家の敷地内で、家主である草摩紫呉(そうま しぐれ)から心配され一緒に住むことになります。

 

十二支にはいないのに、十二支の猫が大好きという変わった思考の持ち主でもあります。

 

うおちゃんこと魚谷ありさは元ヤンキー、はなちゃんこと花島咲は電波人間というかなり濃い親友がいます。

 

二人とも透のことが本当に大好きで、いつでも透の幸せを願っている最高の親友です。

両親との関係性は?

透が3歳の時に、父親が病死。

 

それから働いて働いて生活を支えてくれた母親は交通事故で亡くなりました。

 

母親が亡くなった日、いつもなら言っていた「行ってらっしゃい」をその日だけ言えなかったことを後悔している、と紫呉に話しています。

 

家が貧乏だったため高校には行かずに働こうとしていた透に「女子高生をやってみたかった」「あんたが代わりに高校生活を楽しんで」という言葉をくれて、透のために朝から晩まで働いてくれていた母親のために高校は必ず卒業したいという強い意志を持っています。

 

母親との絆はとても強くて、愛情いっぱいで育ててくれたことに透は本当に感謝しています。

 

母親に言われた言葉の中に「他人様のことをベラベラ話すのは悪党」というものがあり、由希から十二支のことを話していないのか聞かれた時にはもし破ったら血判状や根性焼きをする、といった発言もしていて真面目な透からそういう言葉が出てくるのが面白いですよね。

 

ちなみに透の敬語口調や穏やかな性格は完全に父親譲りです。

好みが分かれるキャラクター性

透はかなり好き嫌いが分かれるキャラクターです。

 

男ばかりの草摩家に居候することになっているのもそうですし、敬語口調に天然で可愛いという男の人の好みを基に作ったようなキャラクター性に嫌悪感を抱く人もいるようです。

 

意外とグイグイ入ってくる性格も嫌われている要因の一つにあるようですね。

 

ですが透は誰の悪口も言わず、本人の努力で学費や生活費を稼いでいました。

 

「相手からのご厚意」も当然として受けるのではなく、必ず恩返しをするという強い意志を持っています。

 

相手のいいところを見つけるのが上手く、さりげない優しさで接する透はとても魅力的な女の子だと思います。

 

本田透は夾と結婚?なぜ草摩由希ではないの?

結婚する相手

透は由希ではなく夾と結婚します

 

夾はいわゆるツンデレというもので、最初から透を嫌っているという訳ではありませんでした。

 

由希と同じように透のいい面を知り、次第に気になる存在になっていきます。

 

透も最初のころは「猫の物の怪」と仲良くなりたいという気持ちが強く、由希と同じようないいお友達として接していましたが、夾の秘密を知ってから徐々に夾に対して友情ではない初めての感情を持つようになります。

 

透から「十二支の猫が好きだったんです!猫年になりたかったんです!」と言われたことで夾は透に心を許し始めたように思います。

なぜ由希ではなく夾だったのか

物語序盤、由希は透に対して恋心を抱いていそうなシーンがたくさんありました。

 

たぶん夾と同じくらいのタイミングか、それよりも早い段階で透に好印象を持っていたように感じます。

 

ですが、ストーリーが進むに連れて由希が透に対して抱いているのが恋心ではなく、憧れの気持ちや家族に対する愛情に近いものであることが分かってきます。

 

十二支がたくさん出てくる今作ですが透が初めて見た草摩家の物の怪が、猫の物の怪である夾でした。

 

夾は透と違って素直ではありませんが、感謝の気持ちや「ごめんなさい」を言おうとする姿勢があって、由希と同じく魅力がたくさんあるキャラクターです。

 

個人的にはなぜ由希ではなく夾だったのか、の理由は母親に近いものを感じたからではないかと考えています。

 

同じオレンジ色の髪の毛、人見知りだけどハッキリとした性格で意外と友達をすぐ作れるところ、喧嘩上等で負けん気が強いけど他人に対して優しさを持っているところなど透の母親と似た魅力があることも大きいのではないかなと思います。

 

そして夾は透の母親である今日子(きょうこ)と元々知り合いでした。

 

今日子が事故をした現場でたまたま隣にいたのに、今日子を助けるのではなく、自分の物の怪がバレるのを恐れ助けるのをやめてしまった夾

 

最初から透を知っていた夾は、透と少し距離を置くつもりでいました。

 

でもどんどん好きになっていってしまう自分がいて、そんな自分に自己嫌悪の気持ちを強く持ってしまっていました。

 

最終的には呪いからは解放され結ばれるんですが、とにかく紆余曲折がすごいのでぜひ読んで確かめて頂きたいです。

 

本田透は死亡する?透の正体とは?その後は子供3人?

透は死んでしまう?

結論から言ってしまうと、透は死にません

 

慊人は透に嫉妬していました。

 

嫉妬という言葉ではくくれないほどに心が壊れてしまっていたんです。

 

置いていかれる気持ち、置いていかれる寂しさが頂点に達し透に刃物を向けます。

 

透が居場所を奪い、慊人を仲間外れにしてみんなから好かれているのに、自分は独りぼっちで間違いで悪者なのかという思いを透にぶちまけます。

 

大嫌いだと叫び、嫌だと泣き続ける慊人に透も泣きながら寄り添います。

 

ハッピーエンドかと思ったその時、透が崖から落ち怪我を負ってしまいます。

 

ですが意識があり無事だったことで夾がようやく透と結ばれることになります。

透の正体

読者の方の中には透が呪いを解いたと思っている方も多いようですが、それは違います。

 

呪いは勝手に解けたんです。

 

愛する人と結ばれた時でもなく、透がみんなに接してきたからでもなく突然解けました。

 

いろんな要素が重なりあって解けたんだと解釈できますが、その中に透の存在がほんの少しだけあったように思います。

 

由希も夾も透がきっかけとなり、草摩家から自由になりたいという思いを抱くようになります。

 

この「自由」というのが大きなテーマなような気がしていて、主人公は透ですが慊人が自由を得るための物語にも見えてくるんです。

 

この漫画の素晴らしいところは誰しもが主人公である、ということ。

 

透も由希も夾も紫呉も、そして慊人も。

 

それぞれが自分の想いのために行動していて、それぞれの物語を作っています。

 

やがて結婚した夾と透には男の子が2人産まれています。

 

続編となる「フルーツバスケットanother」に登場しますのでこちらもおすすめです。

 

草摩家の闇って?慊人(あきと)はなぜ透が嫌いなのか?

草摩家

草摩家とは何百年もの昔から、十二支と同じ十二の物の怪が憑かれた一族です。

 

各々の動物の意思が伝わったり、体が弱ったり異性に抱きつかれると変身してしまうという特性があり、時間が経てば勝手に人間の姿に戻ります。

 

物凄い広い敷地の中一帯に草摩家全体が暮らしていて、外側に約100人、内側に約50人の人がいます。

 

内側に住んでいるのは十二支やその秘密を知っている人だけです。

 

人の記憶を無くせる草摩はとりからは草摩家が奇怪で陰湿で呪われているという理由からそんな楽しいモノではないと、透に草摩家を出ていくように言われます。

 

当主は草摩慊人(そうま あきと)。

 

十二支である草摩家の人間が、一般人と結ばれることを執着と言えるレベルで嫌っています。

 

人一人の人格を崩壊させるほどに責め立て、このことを十二支たちが「それが呪い」と言うほどに狂った姿になります。

 

慊人の言うことは絶対であるがゆえに十二支の物の怪のほとんどが彼のことを恐れ、敵意を見せています。

 

慊人がこの作品の中で一番闇が深いキャラクターかもしれません。

透が慊人に嫌われる理由

はとりから「慊人は君を利用しようとしている」と言われ、出ていくように言われた透。

 

慊人と透が初めて会ったのは透が草摩家に行ったときですが、この時は言葉を交わしていません。

 

その後、透が高校2年生になった際に突然学校に慊人が現れます。

 

最初は慊人に対してやわらかくて優しいイメージのした透でしたが、由希に話しかけている慊人の目が笑っていないことに気付きとっさに慊人を止めます。

 

透には「可愛い」「安心した」などの言葉をかけた慊人でしたが、帰りの車の中では紫呉に「すっごいブス」「頭も悪そう」など嫌悪感を出していました。

 

先ほども書いた通り、草摩家に一般人が介入してくることを殊の外嫌っていて、この「嫌い」の感情が常軌を逸したものになっているのが慊人です。

 

人を壊すことを楽しみにしているようなところがあり、透のことを放置しているのは由希がどうせ自分のところに戻ってくるという絶対の自信があったからというものがあります。

 

本田透の『フルーツバスケット』での名言紹介!

この作品は本当に名言が多いのでいくつかに絞りたいと思います。

 

「疑うよりは信じなさいってお母さんが言っていました。人は良心を持って生まれてこないんだよって。生まれながらに持っているのは食欲とか物欲とかそういう欲だけなんですって。つまり生きる本能ですよね。」

 

透の考え方の軸になっているのは全て、母親の言動です。

 

元ヤンキーだった母親は他人を信じず、尖っていた時期がありました。

 

そんな時、透の父親と出会い優しさや思いやりに触れ人として成長していきます。

 

透も父親と同じように素直で優しい子に育っているのがよく分かる言葉です。

 

「例えば人の素敵というものがオニギリの梅干しのようなものだとしたら、その梅干しは背中についているのかもしれません」

 

透らしい温かい言葉です。

 

世界中の誰の背中にも様々な種類の梅干しがついていて、でも背中にあるから自分からは見えない。

 

他人からはその梅干しはよく見えるから、誰かを羨ましいって思うのかもしれない。

 

この言葉で救われた人は多いと思います。

おすすめ記事