モンキーピーク4巻無料ネタバレ!タダで全巻読む方法伝授!氷室が不可解な行動をとった理由が明らかに!

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『モンキーピーク』4巻を無料で読む方法とネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

今回ご紹介する『モンキーピーク』を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してくださいね。 

『モンキーピーク』は漫画アプリ『マンガBANG!』『マンガTOP』にて無料で読める

『モンキーピーク』4巻は、こちらの株式会社Amaziaが運営する漫画アプリマンガBANG!と漫画アプリマンガTOPにて無料で読むことができます。

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガBANG!』は株式会社Amaziaが運営する国内最大級の漫画アプリです。

『マンガTOP』は日本文芸社が運営する漫画アプリです。

『マンガBANG!』『マンガTOP』共に公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『モンキーピーク』4巻が『マンガBANG!』『マンガTOP』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最終巻まで全巻無料で読むことができます

 

このように『マンガBANG!』『マンガTOP』では『モンキーピーク』を全巻無料で公開してくれています。

 

また『モンキーピーク』の続編であるモンキーピークTHE ROCK』『モンキーサークルも無料で読めます。

 

安心安全に、そしてタダで『モンキーピーク』『モンキーピークTHE ROCK』『モンキーサークル』を全巻無料で読破したい方は『マンガBANG!』『マンガTOP』を使う方法が最もお得です。

 

『マンガBANG!』『マンガTOP』共に1日に無料で読める話数に上限がありますので、2つのアプリをダウンロードして併用して読んだ方がすぐに全話読めるためオススメです!

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営するマンガワンや集英社が運営するヤンジャンも特にオススメです。

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

『マンガワン』で無料で読める主な作品一覧
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • ゴールデンカムイ
  • GANTZ
  • キングダム
  • BUNGOーブンゴー
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • 来世ではちゃんとします
  • ここは今から倫理です。
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • シャドーハウス
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガBANG』『マンガTOP』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

ヤンジャン!マンガアプリで集英社の面白いマンガが読める!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『モンキーピーク』4巻 ネタバレ紹介!

【第31話 カニ歩き②】

中岳頂上から三ッ倉小屋に向かう途中にある通称”カニ歩き”と呼ばれる断崖絶壁で、鬼猿に襲われた宮田たち。

 

“カニ歩き”という名の通り、崖は非常に狭く横向きに歩くのが精一杯です。

 

岡島は迫り来る猿への恐怖から足を滑らせ、崖から転落してしまいました。

 

なんとか鎖にしがみつくことで一命を取り留めたものの、崖下で身動きが取れない岡島は猿から見て恰好の的(かっこうのまと)。

 

そんな絶体絶命の状況で早乙女が現れました。

 

「挟み撃ちだ宮田!」

 

猿の背後から現れた早乙女は、宮田と猿を挟み撃ちにします。

 

猿はふたりから逃げて崖下の鎖に掴まりますが、岡島と猿の重さで、鎖を繋ぐ杭は今にも抜けそうになります。

 

杭が抜ければ岡島は崖から転落してしまいますが、猿を倒すことは出来るでしょう。

 

「ここで猿が死ねば俺は助かる」

 

極限状態のなか、岡島を犠牲にすることも頭によぎった宮田でしたが、杭が抜けた瞬間、反射的に鎖を掴みました。

 

「見殺しに…できるかっ」

 

ここでは宮田の信念の強さが伺えます。

 

せっかく猿を追い詰めた早乙女たちでしたが、猿のすぐ下には岡島がいるため岩を投げることも出来ません。

 

このままでは猿に逃げられてしまう。

 

そんな時、早乙女はひらめきました。

 

「2人共ちょっと待っててくれ」

 

宮田と林が鎖を握りしめる傍ら(かたわら)で、早乙女は猿にひと泡吹かせるための準備をします。

 

石を詰めた上着を鎖に結びつけることで、確実に猿に石を当てる。

 

そんな早乙女の作戦は功を奏し、石がたくさん詰まった上着は猿の顔面に命中しました。

【第32話 カニ歩き③】

大量の石が顔面に命中した猿は、崖から落下しました。

 

しかし、鬼猿と呼ばれるその猿はしぶとく崖をよじ登り、鎖に掴まる岡島に迫ります。

 

早乙女は鎖に沿って崖を下り、猿と戦う覚悟を決めます。

 

宮田もそんな早乙女の覚悟を察して命綱となる鎖を支える覚悟を決めます。

 

早乙女は猿と戦うために崖を下る途中、猿が岡島と早乙女を道連れに崖下に落ちようとしていることに気付きました。

 

鎖を支える宮田が持たないと考えた早乙女は、断崖の窪みに飛び移りました。

 

このままでは岡島が猿の道連れになってしまう。

 

考えを巡らせる早乙女に、余計な事は考えず俺に任せろという宮田。

 

「猿ごとここまで引き上げてやらぁああ」

 

猿の思惑を打ち砕き、岡島を助けることはできるのでしょうか?

 

【第33話 カニ歩き④】

早乙女たちは鎖にしがみつく岡島を助けようとします。

 

しかし、岡島は鎖に掴まるのが精一杯なので早乙女から差し伸べられた手を掴む勇気がありません。

 

「もう手に力が入らない。誰か…ボクを助けて」

 

極限状態の岡島は誰からも助けられたことがなかった辛い過去を思い出していました。

 

そんな過去を持つ岡島は、これまでの人生で初めて自分を助けようとしてくれる人たちが自分のせいで危険な目に遭っている現実を目の当たりにしました。

 

このままでは自分を助けてくれようとしているみんなも死んでしまう。

 

「それだけはイヤだーっ」

 

岡島は自らを犠牲にして猿と一緒に崖から落ちる選択をしました。

 

取り残された早乙女の悲痛な叫びが響き渡りました。

【第34話 カニ歩き⑤】

「あなたは誰よりも戦った…そんなに自分を責めないで」

 

岡島を助けることができなかったことを悔やむ早乙女を、林はそっと慰めました。

 

三ッ倉小屋を目指して再び歩き出した早乙女たちですが、暗い中これ以上進むのは危険だと判断し風をしのげる場所で夜を越すことにしました。

 

早乙女はそこで初めて長谷川が猿の犠牲になったことを知りました。

 

入社して間もない頃、自分に自信が持てなかった早乙女を認めてくれた長谷川との会話を思い出し、込み上げる悔しさとともに涙を流しました。

 

一方、中岳小屋では何者かによって炭酸飲料が盗まれてしまいました。

 

「我々が生き残るにはより一層の団結が必要だ」

 

悪を許さない安斎による犯人探しが始まります。

 

【第35話 凍える夜①】

中岳小屋で炭酸飲料が盗まれました。

 

安斎はルールを破った者を野放しにすることは全体の士気に関わると言い、徹底的に犯人探しをする姿勢を見せました。

 

まずは全員の荷物検査を始めようとした安斎でしたが、犯人を見たという氷室の証言により佐藤の荷物を確認することになりました。

 

見せればいいんでしょ?と強気な姿勢を貫いていた佐藤でしたが、バッグを開けるとそこには盗まれた炭酸飲料がありました。

 

盗ったのは私じゃない。

 

そう主張する佐藤に対して、安斎は力ずくで取り調べを行う姿勢を見せました。

 

「今から拷問をする。知っている事は早く話したほうがいい」

 

佐藤は縄で縛り付けられてしまいます。

【第36話 凍える夜②】

「水泥棒は佐藤だ!」

 

自分が犯人ではないことを証明できない佐藤に対する疑いが強まります。

 

安斎は縛り付けられた佐藤の前に立ち、これから拷問を始めることを伝えました。

 

佐藤は拷問から逃れるために、水泥棒は藤柴だと言います。

 

藤柴にも疑いの目が向けられ、証拠がない犯人探しは難航してしまいました。

 

膠着した状況を打破するために、安斎は藤柴にスコップを差し出しました。

 

「これで佐藤を殴れ」

 

佐藤を殴らなければ次は自分が佐藤の立場になってしまう。

 

安斎は藤柴の恐怖を利用して佐藤を殴らせました。

 

安斎の拷問はエスカレートし、佐藤を殴らない者は猿の仲間と見なす姿勢を見せ全員に佐藤を殴らせました。

 

そんな中、階段から猿が現れました。

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

【第37話 凍える夜③】

中岳小屋の2階から突如現れた猿。

 

安斎はスコップで応戦します。

 

中の騒ぎを聞きつけて、小屋の外で見張りをしていた八木兄弟がやってきました。

 

初めて猿を目の当たりにして、なぜか興奮する八木兄弟。

 

しかしそれも束の間。

 

背後から伸びた槍は、八木妹の心臓を貫きました。

 

田中は早乙女からの伝言を思い出します。

 

「猿は1匹じゃない」

 

安斎は必死に抵抗しますが、2匹の猿は隙を見て黒木を殺します。

 

猿は姿を消しましたが、またしても彼らは猿の犠牲となりました。

【第38話 凍える夜④】

鬼猿が去った後、社員たちが戦う姿勢を見せなかったことに怒りを覚えた安斎は、彼らを叱責(しっせき)し殴りました。

 

また、天井に縛り付けられたまま身動きが取れず猿に襲われた佐藤も、助ける素振りすら見せなかった彼らを責め立てました。

 

安斎に縄を解くよう求めた佐藤でしたが、縄を解くのは氷室と取引した後だと断られてしまいます。

 

安斎は、知っている事を全て話せば、縄を解き氷室を逃すという条件を持ちかけました。

 

「猿のことは知らないが、辻を殺したのは俺だ…」

 

氷室は本当のことを話し始めました、接待費の私的流用をネタにゆすられていたため、猿騒動に乗じて辻を殺したこと。

 

辻と同じ経理部の佐藤もこの話を聞いているかもしれないとの疑念から佐藤も殺そうとしたこと。

 

そして炭酸飲料を盗んだ犯人は田中だということ。

 

氷室が怪しい行動をとった理由は明らかになりましたが、結局猿の情報は手に入りませんでした。

 

「この中に猿の仲間がいるかもしれない」

 

彼らはますます疑心暗鬼に陥ってしまいました。

 

【第39話 凍える夜⑤】

三ッ倉小屋へ向かう途中で、厳しい寒さをしのぐ早乙女たちでしたが、薄着の宮田は意識が朦朧(もうろう)としており限界の様子でした。

 

「地上と比べて、体感温度は25度以上下がっているはず…」

 

早乙女たちは宮田を守るため石で風よけを作りました。

 

極寒のなか厳しい状況であることに変わりはありませんが、早乙女は3人で生き残る事を考えようと言って2人を勇気づけました。

 

場面は変わり中岳小屋。

 

猿が複数匹いることが分かり、やみくもに救助を待っていても助からないだろうと考えた安斎は、自力で下山する以外に残された道はないと告げました。

 

そして妹を失った八木兄も下山する意を示しました。

【第40話 4日目①】

うっかり寝てしまった早乙女が目を覚ますと、そこに宮田はいませんでした。

 

「足手まといの自分がいなければ、早乙女と林は生き残れるだろう」

 

宮田は自分の服を早乙女に着せて、2人のいる場所を後にしました。

 

宮田が出て行ったことに気がつかなかった早乙女は、自分を責めました。

 

暗闇のなか、絶望感に包まれた2人でしたが、林は灯が近づいてくることに気付きました。

 

なんと出て行った宮田は、八木兄を連れて戻ってきたのでした。

 

八木は”反撃開始”だと言い、猿と戦う意思を見せました。

マンガBANG!

マンガBANG!

Amazia, Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガTOP(漫画トップ)

マンガTOP(漫画トップ)

NIHONBUNGEISHA Co.,Ltd.無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事