赤髪の白雪姫 白雪の正体は?過呼吸の病気で倒れる?過去や父母親は誰?ゼンに刺される?怪我や結婚・告白を調査!

おすすめスマホアプリ

 

『赤髪の白雪姫』はクラリネス王国を中心に繰り広げられる王国ファンタジーです。

 

今回はヒロインである「白雪」に焦点を当て、プロフィールや名場面を解説していきます。

 

彼女は、とある出来事から故郷を離れることになり、道中でクラリネス王国第二王子・ゼンに出会います。

 

2人は徐々に思いを通わせますが、身分違いの恋に多くの困難が立ちはだかります。

 

しかし仲間とともに困難を乗り越え、成長しながら共に歩みを進めていくストーリーです。

 

また漫画『赤髪の白雪姫』を1巻から最新巻まで無料で読みたい!という方に『赤髪の白雪姫』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

 

Contents

『赤髪の白雪姫』は漫画アプリ『マンガPark』で全巻無料で読める?

『赤髪の白雪姫』はこちらの白泉社が運営する漫画アプリマンガParkにて全巻無料で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』は、大手出版社の白泉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

安心安全に、そしてタダで『赤髪の白雪姫』を1巻から最終巻まで読破したい方は『マンガPark』を使う方法がベストです。

 

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』は課金してもお得に読める!

『マンガPark』では基本的に無料で読める作品が多いですが、最新刊が発売されたばかりの作品などはアプリ内で購入できる『コイン』が必要です。

 

↓『コイン』が必要な作品。

 

実は、この『コイン』はアプリ内でお得に、そして簡単に購入することができます!

 

例えば、1100円分の『コイン』を購入した場合、1100円分の『コイン』に加えて、アプリ内で使用できるボーナスコインが200円分付与されます

 

つまり課金しても、お得に漫画を読めるのです!

 

購入方法もキャリア決済で簡単に購入できるため、わざわざ書店に行って漫画本を購入する手間が省けます。

 

『マンガPark』では1日に無料で読める話数に限りがあるので、うまく『コイン』を購入して読む方がストレスなく読み進められますよ!

オススメ漫画アプリ紹介

漫画アプリに関していうと、集英社が運営するマンガMeeや双葉社が運営するマンガがうがうも特にオススメです。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • ヒロイン失格
  • ハニーレモンソーダ
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • 俺物語
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • ごくせん
  • アシガール
  • 椿町ロンリープラネット
  • NANA
  • アオハライド
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • 乙女椿は笑わない
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • これは経費で落ちません
  • ハル×キヨ
  • 悪魔とラブソング
  • 雛鳥のワルツ
  • きょうは会社休みます
  • ストロボエッジ
  • デカワンコ
  • 高台家の人々
  • G線上のあなたと私
  • ママレード・ボーイ
  • 菜の花の彼-ナノカノカレ-
  • 花より男子
  • 消えた初恋
  • 銀魂
  • 宇宙を駆けるよだか

などなど…

 

『マンガがうがう』で無料で読める主な作品一覧
  • 監獄実験プリズンラボ
  • 復讐の未亡人
  • 王様ゲーム
  • クレヨンしんちゃん
  • ミイラの飼い方
  • 漂流ネットカフェ
  • 復讐教室
  • 走馬灯株式会社
  • ミスミソウ
  • orange
  • 恋空
  • オオカミ王子の言うとおり
  • 京都寺町三条のホームズ
  • リベンジH
  • クラス転移で俺だけ…
  • 進化の実
  • 魔王様、リトライ
  • 小林さんちのメイドラゴン
  • 異世界召喚は二度目です
  • 勇者パーティーを追放された白魔導師
  • 勇者パーティーにかわいい子がいたので、告白してみた

などなど…

また異世界系や令嬢系の漫画も豊富に読めます!

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は、ぜひダウンロードしてみてはいかがでしょうか?

 

もちろん、ダウンロードする際もお金はかかりません。

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

異世界漫画・悪役令嬢まんが読むなら『マンガがうがう』

Futabasha Publishers Ltd.無料posted withアプリーチ

 

かわいくて・かっこいい主人公「白雪」の年齢や身長・プロフィールを解説!

白雪はかわいいだけでなく、行動力や度胸などたくさんの魅力あふれる主人公です。

 

まずは基本プロフィールや白雪の過去についてご紹介していきます。

プロフィール解説

白雪はタンバルン王国の山中で生まれ、街で酒場を営む祖父母のもとで育ちました。

 

酒場育ちのため料理もでき、好物のジャムは手作りするようです。

 

噛み応えのあるパンも好きな食べ物のひとつ。

 

苦手なものに海藻、芸術鑑賞を挙げています。

 

生活リズムは早寝早起きが基本で夜はぐっすりと寝て、朝はすぐに行動できるタイプ。

 

身長も気になる項目ですが、明確な記載はありませんでした。

 

作画をみると、やはりゼンより身長は低いもののそこまで差がありません。

 

ゼンは体格に恵まれていないことをコンプレックスにしているため、白雪は160㎝前後といったところではないかと予想されます…

白雪の魅力あふれる内面をさらに詳しく紹介!

白雪は珍しい赤髪を生まれ持ったことで、度々災難に遭うことになります…

 

しかしおかげで、物怖じしない少女へと成長していきます。

 

育ての親である祖父母から「人に頼らなくても自分で出来ることは何度でも頑張れる」と教えられ、頑張りすぎてしまうこともしばしば…

 

自分で決めた道に向かい、困難に対しても真っすぐ向き合っていく姿に応援したくなるはずです。

 

ゼンとの距離を縮めていくほどに、白雪の前にはゼンと近しい関係にあることを快く思わない人物からの圧力が立ちはだかります。

 

そのような人々に対してもひるまずに真っすぐ向き合う姿勢で、白雪は周囲に認められ始めます。

 

そしてゼンの味方になる道を進みたいという思いから、宮廷薬剤師を目指します。

 

宮廷薬剤師としても成長していく白雪の姿に注目です。

 

白雪の正体は本当に街娘?父親や母親・過去のエピソードを紹介!

白雪は国を出た後、クラリネス王国第二王子であるゼンと出会います。

 

偶然にも王族との関わりをもつようになった白雪は、本当に街娘なのでしょうか?

 

白雪の生まれや育ちがわかるエピソードから解き明かしていきます。

故郷では第1王子の愛妾候補?!白雪の生まれは?

ゼンのいるクラリネス王国の隣国、タンバルン王国が白雪の出身地です。

 

白雪が故郷を出たきっかけ…

 

それはタンバルン王国第一王子・ラジに目をつけられ、愛妾候補となってしまったから。

 

1巻では故郷を離れた理由が詳しく描かれています。

 

ラジは色町で言葉を覚え、金貨を食べて育ったと例えられる悪評高い王子。

 

ラジは珍しく美しい赤髪を気に入り、白雪のもとに家臣を送り一方的に城に迎え入れると告げます。

 

白雪は「私のような街娘が髪色を理由に愛妾にだなんて 王子の恥になります」と断ろうとします。

 

しかし、王子相手に断れません。

 

白雪は他人に自分の人生のゆく道を決められることが嫌であったため、国を出る決意をします。

 

ここからも白雪が街娘であるからこそ、国を出なければならないほどの決断を迫られたことが分かります。

もっと知りたい!白雪の過去エピソードを紹介

さらに白雪の幼少期を詳しくみていきましょう!

 

エピソードが出てくるのが7巻です。

 

白雪はラジから夜会に招待され、タンバルン王国の王城で過ごしていたところを攫われます。

 

ゼンたちは賊退治で有名な自治集団「山の獅子」と手を組み、白雪が海賊集団「海の鉤爪(かぎづめ)」にいることを突き止めます。

 

無事に白雪を救い出し、「山の獅子」の本拠地での宴会に参加した白雪とゼンたち。

 

「山の獅子」の大将・武風(むかぜ)が白雪の父親であることを告白します。

 

そこで白雪がなぜ祖父母の元で育てられたのかが明かされています。

 

武風は、婚約者(白雪の母)が武風の叔父に嫁がされることを知り、取り返したところ、故郷を追われます。

 

2人は「山の獅子」で過ごすようになり、そこで白雪が生まれます。

 

その後母は亡くなり、祖父母のもとで暮らした方が安全だろうということで白雪は預けられたのです。

 

白雪は父・武風と別れる際、ある言葉をかけられます。

 

「…自分でちゃんと笑って選べる場所を見つけてるなんてなあ 父ちゃんは誇らしい ありがとうな白雪!」

 

この言葉に白雪は清々しい表情をみせます。

 

離れ離れであっても、お互いを大切に思う親子関係が素敵ですね!

 

ゼンとの初対面で刺される白雪?!驚きの出会い・告白そしてキスシーンを紹介!

『赤髪の白雪姫』の最大の見どころは、白雪とゼンの恋の行く末です!

 

ここでは、ゼンとの出会いから告白までをおさらいしていきます。

 

2人の今後の展開が気になること間違いなしですよ。

森での偶然の出会い

ラジの愛妾になることから逃れるべく、国を出る決意をした白雪。

 

道中、森の中の古い一軒家を見つけ、そこで休もうとしたところゼンと出会います。

 

ゼンは家の塀を越える際、着地に失敗しケガをしていました。

 

薬剤師の仕事をしていた白雪は、ゼンに薬を差し出そうとします。

 

しかしゼンは白雪に剣を突きつけ、こう告げます。

 

「毒かもわからんものをいきなり差し出されて使えるか!森の小人じゃあるまいし 他人をあっさり信用はできん」

 

さすが王子…態度が大きいですね…

 

剣を引き抜いていないものの、初対面の相手に剣を突きつけるのもすごいところです。

 

白雪はゼンの剣で自ら傷をつけ、手当することで毒は持ち歩いていないことを見せつけます。

 

そこからゼンはすっかり白雪を信用し、気に入ってしまったようです。

ゼンのそばにいるという意味

白雪はゼンの味方になる道を進むべく、宮廷薬剤師として働き始めます。

 

そんな中、クラリネス王国第一王子・イザナが帰還。

 

白雪がゼンと近しい存在であることを知り、そのままにするわけではなく…

 

白雪に近づき、このように問います。

 

「よほど何か ゼンに必要とされるものがあなたにはあるのだろうね?」

 

この後もイザナは白雪に対し、ゼンと居られる立場かどうか考えろという警告を受けます。

 

そしてゼンに対しても、白雪を近くに置く意味を問います。

 

2人はイザナの言動に対し真っすぐ向き合い、自分の居たい位置そして進むべき道を模索していきます。

2人が想いを確かめ合い、そして通じ合う

そんな中、ゼンの元に領主ブレッカ子爵と領民キハルが王城に訪れ、あるトラブルを持ち込みます。

 

ゼンは両者の話を聞き、キハル側に手助けしたいと思うものの、王族が介入できる事案ではなく思うように動けません。

 

そんな中、オビの提案でユリス島の鳥をクラリネスの連絡手段として検討するアイデアがあがり、試験が実行されることとなります。

 

補佐役としてキハルから指名された白雪は試験に参加することに。

 

しかし途中でブレッカ子爵による妨害で、試験の進行が危機にさらされます。

 

白雪はケガをしながらも、何とか試験は成功へと導きます。

 

ゼンは兵から事件の全容を聞き、白雪の言葉を耳にします。

 

「白雪どのが言っていました ゼン殿下が本心で動けない時があるなら自分は殿下をそんな目には遭わせないと」

 

その後白雪を呼び出し、白雪への想いからキスしてしまいます。

 

突然のキスに驚く白雪…

 

ゼンは次に白雪に触れるときには、白雪の思いも聞かせてほしいと告げます。

 

ゼンへの答えに迷い、不自然な様子の白雪は周囲にも心配をかけてしまいます。

 

気分転換に城内の森に行こうとすると、ちょうどゼンに会い、2人は森で話すことになります。

 

その中で白雪はゼンへの恋心に気づき、想いを吐露します。

 

ゼンも白雪への想いを口にし、2人は想いを通わせるのです。

 

最強の味方オビ!2人の関係性とは?

白雪にとってオビは欠かせない人物の1人です。

 

最強の味方であり、相棒、白雪が1番自然体で居られる相手かもしれません。

 

ここでは出会いから2人の関係性の変化、そしてオビの思いを解説していきます!

元刺客・オビとの出会いは最悪だった?!

ゼンの友人として城に出入りするようになった白雪。

 

白雪にいい印象を持たない人物も出てきます。

 

ハルカ侯爵もその一人です。

 

何でも屋をしていたオビを雇い、城に出入りする白雪に脅すよう仕向けます。

 

城の役人に変装し、白雪を城内に通さぬよう伝令を通したり、城内にいた白雪に退くよう矢にメッセージをつけ脅したり…

 

白雪はこれらの脅しに対して退くことなく、本当にゼンの言葉なのか確かめようとします。

 

直後にオビはミツヒデと木々に捕まり、白雪の言動を称賛します。

 

そしてゼンの従者として、ともに行動するようになります。

 

白雪とオビの出会いは標的と刺客というまさかの関係…

 

白雪はオビにいい印象は抱けませんよね…

第二王子付伝令役、そして白雪の相棒に

ゼンたちに捕まって以降、自称従者となったオビ。

 

ともに行動する中で、少しずつゼンの信頼を得ていきます。

 

ゼンは白雪をうまく守れるようになりたいという思いから、オビを白雪のそばに置くことを考えます。

 

白雪にとっては元刺客であるオビ、やはり最初は白雪に少し距離を置かれてしまうことも。

 

しかしお互いに、少しずつ距離を縮めていきます。

 

その後オビは、ゼンから第二王子付伝令役という肩書きを正式にもらい、城に入ることになります。

 

こうして表向きでは伝令役ですが、白雪の護衛という役割も担うことになります。

 

ゼンの伝令役そして白雪の護衛として動く中で、白雪との信頼関係も築かれ、オビの心境にも変化が見られます。

オビの想いの変化

「主」であるゼンに従うことを誓っているオビ。

 

そして白雪の護衛・味方としてそばにいるオビ。

 

2人の間で彼はどんなことを思っているのでしょうか。

 

白雪は2年間のリリアスへの赴任が決まり、ウィスタル城を旅立ちます。

 

13巻では白雪の赴任にあたり、ゼンはオビもリリアスへ行く意志があるかオビに問います。

 

オビなら了承するかと思いきや、答えは「保留」

 

ゼンも驚きますが、今後の視察が終わるまでと期限を与え保留を認めます。

 

そしてゼンとオビの対話のとき…

 

ゼンは白雪のことが好きか、オビに問います。

 

「俺は お嬢さんの事が好きですよ」

 

とオビは正直に答え、ゼンは驚きの表情を見せます。

 

オビとしてはゼンに隠し事をつくるのが嫌だったようです。

 

そしてオビはさらに保留にしていた理由を打ち明けます。

 

「俺としては 望んで同じ場所に身を置くことを決めるのは結構覚悟がいったんですよ」

 

オビは飄々としていてどこか感情が読めないですが、白雪とゼンとともにいたことで心境に大きな変化があったようです。

 

1人で突っ走ってしまう白雪には頼りにできる存在が不可欠。

 

そんな役目をオビは担い、白雪も自然体でいられる関係を築いているようです。

 

今後も白雪とオビの活躍に注目です!

 

賊の連れ去りで白雪は過呼吸で倒れる?!数々の困難を乗り越える白雪の活躍シーン3選!

恋する乙女な表情の白雪もかわいいですが、かっこいい白雪の活躍も見どころです。

 

ここでは白雪が鋭い洞察力と行動力で困難を突破するシーンを厳選して解説していきます。

砦の兵士が次々に倒れる…?その原因とは

2巻ではゼン管轄のラクスド砦からの連絡が途絶えます。

 

現地に赴くと兵士や治療士が次々を倒れ、寝込んでしまう、謎の現象が起きていました。

 

中々原因がつかめない中、近くで薬草の調達をしていた白雪が応援に呼ばれます。自身も症状が出始めながらも、燃やしていた薪が原因であると突き止めます。

 

無事に兵士たちも復帰し始める中、白雪は過労で体調を崩しながらも兵士の体調管理をし続けます。

 

ついにオビに呼吸が乱れていることを見抜かれてしまいますが、「何事もなく一緒に締めたいだけだよ」と周囲に明かさないようしてほしいと告げます。

 

頑張りすぎないでほしいですが、白雪の行動力と洞察力が活かされた場面ですね!

故郷での夜会、突如さらわれる白雪

白雪はラジから夜会に招待されます。

 

オビとともにタンバルンの王城で過ごす中、白雪を狙う美少年・鹿月(かづき)の情報がゼンの元に入ります。

 

白雪らにもその情報が入った最中、白雪は鹿月とその仲間に攫われます。

 

しかし道中で鹿月と白雪はさらに別の連中に攫われてしまい、白雪は二重でさらわれることになります。

 

鹿月は「ここから抜け出すまででいい 俺を信じて白雪」といいます。

 

二重でさらわれ、怖さで体も動かないような場面でも白雪は決して歩みを止めることはありません。

 

「…もちろん!」と力強い表情で脱出を試みます。

 

どんなときにも決して歩みを止めず、あきらめない白雪の姿に勇気をもらいますね!

北の地・リリアスでの謎の病…白雪とリュウの活躍!

リュウは白雪の上司で12歳の天才宮廷薬剤師です。

 

9巻では白雪とリュウを中心に物語が進みます。

 

白雪とリュウは出張先のリリアスで謎の病が流行し始めていることを知ります。

 

続々と患者が増え、原因究明が急がれる中、2人も対応に追われることに。

 

謎の病と似た症状の記述がある古文書を読み解き、少しずつ原因に近づいていきます。

 

さらにリリアスに住む少年・キリトの証言から白雪とオビは、原因を探るべく雪深い森へ入っていくことに…

 

オビが険しい道中を切り開き、白雪は持ち前の洞察力で原因であり治療薬となる種子を突き止め、採取にこぎつけます。

 

白雪はリュウに種子を渡し、治療薬の完成を託します。

 

そしてオビとともに種子を生んだ植物を探しに、再び調査へ出ます。

 

無事に原因となった植物を解明、リュウもリリアスの仲間とともに治療薬を完成させ、事態は無事収束に向かいます。

 

白雪を中心にオビ、リュウが互いに信頼し合い、仲間とともに謎の病に立ち向かう姿に引き込まれるシーンです。

 

ネタバレ!白雪は『赤髪の白雪姫』最新刊まででどうなっている?ゼンとの結婚は?最終回予想!

現在『赤髪の白雪姫』は、単行本が25巻まで発売されています。

 

物語の中心となる舞台はリリアス。

 

白雪とリュウ赴任先のリリアスで灯りを放つ新種の植物「フォスティリアス」を完成させます。

 

そして冬の灯りとして植えてもらえるよう、白雪・リュウ・オビは各地を巡る旅に出ます。

最新刊25巻までで白雪はどうなっている?

25巻では目的地のひとつ、オリオルド関所を尋ねます。

 

騎士団長と話すものの許可が下りず、領主に話を通すことになります。

 

白雪たちは領主であるエイセツ・ルギリア直接会うことを試み、無事に約束を取り付けます。

 

しかしルギリア邸での滞在中、思わぬ事件に巻き込まれることになります。

 

ルギリア邸を訪ねた客人の依頼から、北の貴族が開催する「仮面騎士の夜会」で、人を惑わす危険な香水が裏取引されていることが判明するのです。

 

薬剤師の知識とオビの人脈を活かし、3人は真相解明に動くことになります。

 

しかし裏取引の真相解明の最中、リュウはさらわれてしまいます。

 

白雪とオビ、エイセツはゼンたちの力も借りながら、リュウを救い出し、裏取引も真相も明らかになります。

 

無事に事件も終息し、ルギリア家はゼンとともに北の地の安定に尽力することを誓います。

 

そしてしばらく時が経ち、白雪ら3人は再びルギリア邸を訪ねます。

 

ここで白雪はエイセツにこう問いかけます。

 

「エイセツ様 植物はお好きですか?」

 

25巻はここで終了しています。

 

エイセツは白雪の提案を受け入れてくれるでしょうか。

 

この先の旅の行く末も気になりますね!

最終回はゼンとの結婚?気になる結末を予想!

白雪とリュウはリリアス赴任が決まった際、イザナからリュウは北の城・ウィラント城の薬室を任せる予定であることも告げられます。

 

リリアスでの任務が始まろうとする中、白雪はリュウとともにウィラント城を目指すことを指針とします。

 

その頃ゼンも、イザナからウィラント領領主補佐に任命されます。

 

偶然にも白雪の目指す道と、ゼンの進む道が重なったのです。

 

2人は変わらずともに歩む道を目指しています。

 

やはりゼンと白雪の結婚式が挙げて最終回を迎えるのではないかと考えられます。

 

これまでのストーリーを考えると、2人はウィラント城でともに暮らす可能性が高いといえそうです。

 

きっと白雪はゼンの妃となっても、変わらず宮廷薬剤師として働き続けていそうですね!

 

今後の『赤髪の白雪姫』のストーリー展開に目が離せません!

おすすめ記事