暁のヨナ全巻無料で読む方法を紹介!漫画アプリで最新巻までタダ?作者・草凪みずほの経歴も調査

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『暁のヨナ』を全巻無料で読む方法が知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

ご紹介する方法は、登録不要もちろん合法です。違法手段ではないので、安心してください。 

結論!『暁のヨナ』は漫画アプリ『マンガPark』で読める

いきなり、結論です。

 

『暁のヨナ』はこちらの白泉社が運営する漫画アプリマンガParkにて無料で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』は、大手出版社の白泉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『マンガPark 』では、『暁のヨナ』1巻から最新巻に収録されているすべてのエピソードを無料で配信してくれています。

 

安心安全に、そしてタダで『暁のヨナ』を最新巻まで読破したい方は『マンガPark』を使う方法が最もお得です。

 

ここまでのまとめ
  • 『暁のヨナ』は漫画アプリ『マンガPark』にて最新巻まで無料で読める
  • 『マンガPark』は白泉社が運営する漫画アプリなので安心安全
  • マンガPark』をダウンロードする際にも一切お金はかからない

以上がここまでのまとめです。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

また小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • 今日から俺は
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • 土竜の唄
  • アイアムアヒーロー
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • アフロ田中
  • ブラックジャック
  • 火の鳥
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • 青のオーケストラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガPark』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

次に『マンガPark』の使い方(システム)を簡単にご説明します。

 

『マンガPark』の基本的な使い方

『マンガPark』に掲載されているマンガを無料で読むには、アプリ内アイテムである『FREEコインボーナスコインを活用することになります。

 

(左がFREEコイン、右がボーナスコイン)

 

簡潔に言うと『FREEコイン』『ボーナスコイン』などを使うことで、1日1作品において、13話分以上のマンガを無料で読むことが可能です。

 

要するに1日に最低でも単行本1冊分に値する量のマンガを『マンガPark』にてタダで楽しむことができるということです。(かなり大盤振る舞い!)

 

『暁のヨナ』も例外なく1日に13話分以上の話数を読み進めることができます。(もちろんタダで)

 

以下では『マンガPark』で使うアプリ内アイテム『FREEコイン』『ボーナスコイン』のそれぞれの使い方、取得方法を詳しく説明していきます。

 

※2分程度で読めるので、かるく目を通しておいてください。

『マンガPark』のFREEコインとは?取得方法と使い方を解説

FREEコインとは?
  • FREEコインとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • 朝6時、夜9時に120FREEコインずつ配布される(1日に計240FREEコイン)
  • 30FREEコイン消費で好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る

以上が簡単なFREEコインの取得方法と使い方の説明です。

 

1話につき30FREEコインが消費されるということは、

1日に配布される240FREEコイン÷1話につき消費される30FREEコイン=8話分

つまり毎日、配布される計240FREEコインを使って1日に8話分の作品をタダで読めるシステムがFREEコインです。

 

但し1点だけ注意があり、FREEコインを120以上貯めこむことは出来ません

 

朝6時に120FREEコインが配布され、その120FREEコインを使わずに夜9時を迎えたとしても新たに120FREEコインが加算されることはありませんので注意が必要です。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

『マンガPark』のボーナスコインとは?取得方法と使い方を解説

MP+(マンガポイントプラス)とは?
  • ボーナスコインとは、アプリ内でマンガを無料で読むために必要なアイテム
  • FREEコインがなくなってしまった場合でもボーナスコインを使うことで好きなマンガを1話分、無料で読むことが出来る
  • 『マンガPark』新規ダウンロード特典で900ボーナスコイン(30話分)が付与される
  • 毎日、短い広告動画を見るだけで30ボーナスコイン(1話分)が付与される(1日に2回このシステムが使える)

以上が簡単なボーナスコインの取得方法と使い方の説明です。

 

👇下の画像のように『マンガPark』新規ダウンロード特典では、900ボーナスコイン30話分)が無料配布されます。

 

そして毎日、短い広告動画を視聴することで30ボーナスコイン1話分を取得することが出来ます。

毎日0時と12時の2回、広告動画を見てボーナスコインを獲得できます。つまり毎日、60ボーナスコインを取得できるということです。

短い広告動画の見方は、アプリを起動すると画面右下にピンク色のプレゼントマークが出てくるので、それをタップします。

するとCMを見てコインをGETというボタンが表示されるので、タップして短い広告動画を視聴します。(広告を見ずに流してるだけでもOK!)

たったこれだけの労力で、30ボーナスコイン(マンガ1話分)が手に入ります。

 

やらない手はありませんよね(^^)/

短い広告を見てボーナスコインを獲得できるシステムは毎日、夜0時と昼12時に回復します。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

『FREEコイン』『ボーナスコイン』以外で1日3話分のマンガを読む方法

先ほど紹介した『FREEコイン』『ボーナスコイン』が0ポイントになってしまった場合でも1日に3話分のマンガを無料で読むアプリ内システムがあります。

 

その仕組みがコチラ。

 

読みたい”話(はなし)”のページへ飛ぶと、「CMを見て無料で読むと表示されます。これをタップし広告動画を視聴することで新たに1話分のマンガを無料で読むことが可能となります。

3回分この仕組みを使ったら翌日0時にリセットされ、また利用できます。

 

ここまでを簡単にまとめると

ここまでのまとめ
  • FREEコインを利用して1日8話分のマンガを無料で読む
  • 新規ダウンロード特典で貰える900ボーナスコインを利用して30話分のマンガを無料で読む
  • 毎日、獲得できる60ボーナスコインを利用して2話分のマンガを無料で読む
  • FREEコイン、ボーナスコインがなくなった場合でも、短い広告動画を最大3本見て、毎日3話分のマンガを無料で読む

以上の事から『マンガPark』は、1つの作品において、1日に最低でも13話分以上ののマンガを無料で読むことのできるかなり気前の良い漫画アプリであることが分かります!

 

ぜひ、この機会に遠慮なく無料で読ませていただきましょう!!(^^)/

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『暁のヨナ』の世間の評価は?

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『暁のヨナ』見どころ紹介!

「暁のヨナ」の舞台は空・風・火・地・水の5つの部族から成り立つ高華王国。

 

緋龍城で父王イルに大切に育てられた皇女ヨナが物語の主人公です。

 

ヨナと専属護衛のハクと従兄のスウォンの3人は幼なじみで、ヨナはスウォンに長年片思いしています。

 

そして十六歳の誕生日に起きた悲劇により皇女ヨナの運命は動き出します。

 

誕生日の夜、父の寝所を訪れると父王はすでにこと切れていました。

 

その傍らには血濡れた剣を手にしたスウォンの姿が———

見どころ① 過酷な運命と皇女ヨナの成長

スウォンの裏切りにより父を弑逆されたヨナ。

 

皇女である自身も命を狙われ、すんでのところでハクによって助け出され城の外へ命からがら逃げ延びます。

 

一夜にして全てを失ったヨナは生きる気力を失ってしまいます。

 

優しい父王に守られ育ったヨナはあまりにも無力でした。

 

そして逃亡の途中、火の部族からの追手からハクを守るために生まれて初めて剣を取ります。

 

長い赤髪を切り捨て、ハクに守られるだけでなく自らも戦う覚悟を決めたシーンには思わず息を飲みます。

 

過酷な運命に翻弄されながらも必死に生きようとするヨナに目が離せません。

 

何も知らず、知ろうともしなかった自分を変えようともがく姿は胸を打ち、その姿は仲間だけでなく周囲の人々の心を動かします。

見どころ② 四龍・仲間たちとの絆

ヨナは建国神話になぞらえた神託を受け《四龍》の戦士を探す旅に出ます。

 

この《四龍》の戦士は個性的でしかもイケメン揃いなんです。

 

最初は仲間になることを反発した者もいますが、ヨナの優しさや窮地に陥った時の凛々しい姿に魅了されていきます。

 

しだいにヨナにとって仲間たちは家族のように大切な存在になっていきます。

 

「暁のヨナ」ではお互いに大切に思い、力になりたいと願う仲間たちとの絆が丁寧に描かれています。

 

《四龍》それぞれが仲間になるエピソードはどれも素敵なので是非とも実際に読んで確かめてみてください。

見どころ③ スウォンの真意

謀反を起こした理由は父ユホンの敵討ちだと思われていましたが、そう単純な話ではありませんでした。

 

スウォンにはイル王による治世で弱体化した高華国を再び強い国にしたいという強い思いがあります。

 

また、人の世を変えられるのは人の力だけという信念を持ち、緋龍王伝説や《四龍》に対し一貫して無関心です。

 

ヨナを溺愛していたイル王が唯一スウォンだけは与えられないと断言していることから、イル王との間に確執があった可能性もあります。

 

ヨナを裏切ったスウォンですが、偶然出会った時には自分のマントに隠して匿ったり、ハクに彼女のことを守るよう頼んだりと情を捨てきれない描写があります。

 

後に緋龍王との意外な関係性も明らかになり、ますますスウォンの動向から目が離せません。

見どころ④ 目が離せない胸キュン恋愛模様

「暁のヨナ」は何と言っても少女漫画なので恋愛模様も最大の見どころの一つです。

 

あらすじを見るとシリアスな作品だと思われるかもしれませんが、コミカルな描写が絶妙に織り交ぜられています。

 

そして胸キュンと言えばやっぱりヨナとハクの関係は外せません。

 

ハクは幼い頃からヨナを思っていましたが、彼女がスウォンに恋していることを知っているためその思いを押し殺していました。

 

永遠に告げるつもりのなかった思いを抱えてヨナを守り続ける姿は健気で、片思い歴が長すぎて拗らせているのを見ると思わず応援したくなります。

 

一方ヨナは城を出てからはとにかく生きることに必死で恋愛にまで目を向ける余裕はありません。

 

ヨナは自分のせいで全てを捨てたハクに自由を返したいと思っていて、お互いを大切に思うゆえにすれ違うのが切ないです。

 

そして旅を続けるうちにハクに認めてもらいたい、笑ってほしいと気持ちが変化しはじめます。

 

恋心に気づいてからのヨナは可愛いの一言です。

 

また、恋愛とは少し違うかもしれませんが《四龍》のヨナへ寄せる思いも作品の魅力になっています。

 

緋龍王としてだけでなくヨナ自身に惹かれながらも、彼女の幸せを一番に願ういじらしさがたまりません。

見どころ⑤ 国を巡る大河ロマン

ハクから教わった弓の腕は確かなもので、ヨナは生きるために自ら戦い成長していきます。

 

仲間と旅をしながら世界を知り、自分なりに高華国を守りたいという気持ちが強くなっていきます。

 

ただ生き延びるための旅が民の苦難と闘うための旅へと変化していくのです。

 

そして高華国の様々な問題をかげながら解決し、隣国との戦にも現れて勝利をもたらします。

 

しだいに《四龍》を従える赤髪の少女の噂は広まり、高華国だけでなく隣国にまで影響を与えはじめます。

 

「暁のヨナ」には水の部族編で隣国・南戒から入ってきた麻薬をめぐって共闘したリリなど、たくさんの魅力的なキャラクターが登場します。

 

高華国を守るために仇のスウォン率いる国軍と共闘したりと熱い展開が目白押しで、「暁のヨナ」という壮大な物語の行きつく先がますます気になります。

『暁のヨナ』登場人物紹介!

ヨナ

 

父王イルに大切に育てられた高華王国のただ一人の皇女。赤いくせ毛がコンプレックスです。

 

幼い頃から従兄のスウォンに恋心を抱いていますが父王からは反対されていました。

 

もともと幼なじみであり、父王や自分に変わらぬ忠誠心をしめすハクは最も信頼できる存在です。

 

ユンや四龍との出会いを経て自分の無知を自覚し、そんな自分を変えようと心身ともに成長していきます。

 

後に黄龍ゼノから緋龍王の生まれ変わりであると明言されます。

ハク

 

風の部族長でヨナの専属護衛も兼任している青年です。

 

高華屈指の武人で”高華の雷獣”と呼ばれるほど並外れた強さを誇ります。

 

幼い頃からヨナへの思いを秘めていますが、同時に彼女の幸せを心から願い、いずれはヨナと結婚して王になったスウォンを支えたいと思っていました。

 

スウォンを誰よりも信頼していたゆえに、裏切りを許せません。

 

ヨナと自分はあくまで主と従者だと最低限の距離を保とうと努力しますが、彼女の言動に振り回されています。

 

ヨナへの恋心とスウォンの裏切りに折り合いがつかないでいますが、後に勢いで告白してしまいそれからは吹っ切れたのか恋心を隠さなくなります。

スウォン

 

ヨナの父方の従兄で、イル王の実兄ユホンの息子です。

 

普段はおっとりとした性格で穏やかな雰囲気ですが広い視野で物事を冷徹に見極め判断するカリスマ性を持ち合わせています。

 

ヨナを妹のように可愛がり、ハクとは互いに信頼と憧れを抱いています。

 

裏切りの後もヨナとハクに対し情を捨てきれない様子が見られます。

 

またイル王を弑逆したのも単純な復讐心からではなく、スウォンの思惑も物語の重要な鍵となります。

 

幼い頃のヨナとハクの3人で過ごしている回想はどれも可愛くて、それと同時にずっと一緒にいられないとわかっているスウォンが切ないです。

ユン

 

神官イクスと共に生活している天才美少年。

 

非常に賢く薬の調合や家事全般を器用にこなします。

 

王族や貴族が嫌いで当初はあまりに無知なヨナにきつく当たっていましたが、彼女の優しさや強さを知り認めていきます。

 

イクスの勧めと広い世界を見たいという気持ちからヨナの旅に同行することに。

 

生活能力が乏しいヨナ達にとって必要不可欠で今やお母さん的存在です。

 

神官イクスとの過去回想はとても感動的でおすすめです。

キジャ(白龍)

 

右手に龍の力を宿し、人間離れした腕力を持っています。

 

白龍の里で大切に育てられ、生真面目で天然な性格です。

 

緋龍王が現れることを待望し、ヨナに対して強い忠誠心を持っていますが、彼女自身を特別に思う気持ちも芽生えています。

 

しかし龍は王の臣下であり、王を縛るべきではないとその思いを胸に秘め、臣下として接するよう努めています。

 

7巻の「龍であり人であり」や先代白龍だった父とのエピソードが収録された12巻の「その背には」「キジャ」では彼の揺るぎない強さを知ることができます。

シンア(青龍)

 

眼に龍の力を宿し、遠視・透視能力を持ち、また眼を見た者の神経を麻痺させることができます。

 

その威力は絶大で、青龍の里で忌み嫌われ畏怖されていました。

 

人を傷つけないために極力人と関わらず生きていましたが、ヨナに手を差し伸べられ旅の仲間になります。

 

青龍の眼を見せることを拒みいつも面を着用しています。

 

普段は青龍の力を使うことを避けるため、先代から教わった剣術で応戦します。

 

性格は大人しく非常に寡黙で、食料が貧しい暮らしだったため食べることに貪欲です。

 

青龍編では先代青龍との過去やシンアの孤独や優しさが描かれています。

 

また青龍の能力が明らかになる9巻も必見です。

ジェハ(緑龍)

 

右脚に龍の力を宿し、驚異的な脚力によって空を跳ぶことができます。

 

自由を愛するため四龍の宿命に抗っていましたが、ヨナ達とクムジを倒したことをきっかけに旅の仲間に加わります。

 

ヨナを女の子として守りたい気持ちを持ちながらも、ハクに一歩譲るような言動が多く見られます。

 

ジェハ自身も龍の感情と自身の感情の区別が明確では無いようで戸惑いがあります。

 

人の心の機微に聡く面倒見のいいお兄さん的存在です。

 

おすすめはジェハが仲間になるまでを描く緑龍編とヨナへの思いに戸惑う水の部族編です。

ゼノ(黄龍)

 

黄龍は一見非力ですが不老不死の体を持ちます。

 

傷を負うごとに鋼のように強くなり、首を落とされようが再生するため無限に戦い続けることができます。

 

びっくりするほどひょっこりと現れてヨナ達の仲間に加わります。

 

無邪気でのほほんとしていますが、勘が鋭く意味深な発言をすることもしばしば。

 

実は建国神話の緋龍王と共に戦った初代黄龍であり、外見は十七歳の姿のままです。

 

緋龍王の生まれ変わりを数千年の時を生きながら待ち続けていました。

 

その能力ゆえに率先して盾になろうとしますが、仲間たちは頑として聞き入れず、そんな彼らを愛おしく思っています。

 

ゼノの能力や過去が明らかになる18巻では緋龍王や他の龍達と死に別れた後、孤独のなかで出会ったカヤとの物語が描かれています。

 

『暁のヨナ』序盤あらすじ紹介!

第1話 「皇女ヨナ」

あるところに高華王国という国がありました。

 

王が住む緋龍城には世継ぎの皇太子も世継ぎを生む皇后もなく、齢十五の皇女が大切に大切に育てられていました。

 

皇女の名はヨナ

 

お転婆でわがままなヨナは、この日も父であるイル王に愚痴を言っていました。

 

「ねえ父上、私の髪、変じゃない?」

 

ヨナは生まれつきのくせっ毛と赤い髪がとても気に入らないようでした。

 

イルはそんな事はないとヨナの専属護衛であるハクにも意見を求めます。

 

「ええイル陛下。姫様の御髪が変だとだれが申しましょうか。」

 

「あえて申し上げるなら...頭(のうみそ)が変ですね」

 

「お黙り下僕」

 

専属護衛であると同時にヨナの幼馴染でもあるハクは、ヨナに言いたい放題。

 

いつもの2人の掛け合いが始まりました。

 

そこへヨナの従妹であるスウォンがやってきます。

 

ヨナは慌てて照れながらスウォンに駆け寄ります。

 

そう、ヨナはスウォンのことが好きなのです。

 

昔、ヨナの母親が亡くなってしまって、ずっと塞ぎ込んでいたヨナのそばに居続けてくれたスウォン。

 

それからずっとヨナの想い人であるスウォンですが、なかなかヨナの気持ちに気づいてくれません。

 

その後、ひょんなことからスウォンに告白してしまうヨナ。

 

あっさり無視されてしまいヨナは慌てます。

 

「スウォン、私...!」

 

「傍によらないで下さい!」

 

「勘違いしそうになる」

 

どうやらスウォンはヨナの突然の告白に混乱していたようです。

 

真っ赤なスウォンを見てヨナはとても嬉しくなりました。

 

その5日後、緋龍城では16歳になるヨナの、誕生祝いの宴が行なわれていました。

 

スウォンからきれいな花の簪(かんざし)をもらい、ますますヨナは想いを募らせていきます。

 

以前、イル王にスウォンへの想いを伝え、強く反対されていたヨナ。

 

いてもたってもいられず、再度説得しようとイル王の部屋を訪れます。

 

そこで違和感を感じるヨナ。

 

(どうして衛兵が1人もいないの...?)

 

恐る恐るドアを開けると、そこには剣で刺し殺されたイル王の姿がありました。

 

「父上!!?」

 

「まだ起きてたんですか、ヨナ姫」

 

血まみれの剣を持って、そこに立っていたのはスウォンでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第2話 「ちぎれた絆」

血まみれで倒れているイル王。

 

目の前で起きていることに頭が追いつかず、ヨナはスウォンに言います。

 

「スウォン...父上が...早く医務官を...」

 

「私が殺しました」

 

剣を持ってその場に立っているスウォンを見てもヨナは信じられません。

 

「なぜ...」

 

ヨナの問いにスウォンは答えます。

 

スウォンの父でイルの兄、ユホンの死は事故死ということになっていたが実はイル王に殺されたということ。

 

それからの10年間、イル王を殺すためだけに生きてきたこと。

 

今までの優しかったスウォンが本当のスウォンではなかった事実を知り、ヨナは泣き崩れます。

 

そこへスウォン直属の反乱軍が到着し、参謀であるケイシュクがヨナも殺すようスウォンに言います。

 

必死に逃げるヨナでしたが、兵に捕まってしまいます。

 

ヨナは泣きながら死を覚悟しました。

 

瞬間、轟音と共にヨナを取り囲んでいた兵たちが吹き飛びました。

 

「これは一体、どういう事ですか?スウォン様」

 

ヨナの専属護衛であるハクが間一髪間に合ったようです。

 

目の前で起こっていることを信じられない様子のハクでしたが、イル王が殺害された事実を知りハクはスウォンに切りかかります。

 

兵に取り囲まれるハクとヨナでしたが、一瞬の隙をついて脱出します。

 

2人を助けたのはヨナの世話係であるミンスでした。

 

城から脱出するようミンスは促しますが、ヨナは泣きながら言います。

 

「どこへ行くの?」

 

「ここは父上の城なのに...父上を置いてどこへ行くの...?」

 

そんなヨナを抱きしめてハクは言いました。

 

「どこへでも行きますよ、あんたが生きのびれるなら...」

 

ミンスが囮役になり脱出したヨナとハクでしたが、城を出るとき最後に見たのは矢で射られるミンスの姿でした。

第3話 「うしろ手の強さ」

スウォンの反逆により父であるイル王が殺され、緋龍城を追われたヨナとハク。

 

ひたすら山道を歩きますが、ヨナは憔悴しきっています。

 

「私もハクも死ぬのかな」

 

そんなことを言いながら眠りに落ちるヨナ。

 

ひたすら弱っていくヨナを見てハクはつぶやきます。

 

「陛下...どうすればいい...?」

 

ハクは思い返します。

 

まだヨナの専属護衛になる前のことを...

 

『ハク!こらハク!!』

 

ハクを呼ぶ声がします。

 

ハクを呼ぶのはハクの前の風の部族長であり、祖父のソン・ムンドクです。

 

その日ハクは、五部族会議に出席するムンドクと一緒に緋龍城を訪れていました。

 

血のつながりはありませんが、ハクとムンドクは実の家族以上に家族のような間柄でした。

 

いつものように喧嘩のようなじゃれあいをしているとそこへイル王が現れます。

 

当時からハクはイル王のお気に入りで、城に来るたびにイル王からヨナの専属護衛になるように頼まれていました。

 

ハクは毎回断っていましたが、それには2つの理由がありました。

 

1つは王家と貴族にはなるべく関わりたくないということ。

 

そしてもう1つは...

 

『ハク!!』

 

赤い髪の小さな女の子が走ってきてハクの後ろに隠れました。

 

そう、ヨナです。

 

ハクはヨナといるとどうも調子が狂ってしまうようなのです。

 

ヨナが隠れた理由を聞くと、火の部族の貴族に言い寄られていて困っているとハクに相談します。

 

適当に仲良くしろとハクはヨナをあしらいます。

 

『ハクは冷たい...スウォンならそんなこと言わないわ』

 

ヨナは俯いてつぶやきます。

 

ハクはそんなヨナにイライラして更に冷たくしてしまいました。

 

イライラしてしまった自分にも腹を立てるハク。

 

そんなハクのところへ果物を持ってヨナが訪れます。

 

『昼間はごめんなさい』

 

『私がふがいないから怒ったんでしょ』

 

『私は誇りある高華国の姫なのだから自分でなんとかしてみる!』

 

『果物は仲直りの賄賂(わいろ)ね』

 

そう言うとヨナは行ってしまいます。

 

ヨナを想うハクは、だからヨナとは関わりたくないと思うのでした。

 

次の日、ハクが空を見ていると火の部族長の息子、カン・テジュンがヨナに言い寄る姿を発見します。

 

ヨナは必死に抗いますが、強引に言い寄るテジュンになす術がありません。

 

周りの兵士も火の部族を恐れ、見て見ぬふりのようです。

 

『いい加減になさいませ、カン・テジュン殿』

 

ハクが止めに入ります。

 

ヨナの婚約者だと嘘をつくハクでしたが、テジュンは言います。

 

『認めん!たとえ事実だとしても貴様のような者が姫の婚約者など...貴様はどこのだれだ!?』

 

ハクは答えます。

 

『俺は...風の部族次期将軍。ソン・ハク』

 

『陛下直々にヨナ姫様専属護衛を命ぜられた者』

 

貴族とは関わりたくない。

 

それでもヨナを想うハクは覚悟を決めたようです。

 

『ならばその実力、今ここで見せてみよ!』

 

テジュンが剣を抜こうとしたその時...

 

『いけませんよ』

 

テジュンの抜こうとした剣を手で止め、イル王が言いました。

 

『陛下!?』

 

『お、お許しを...』

 

慌ててテジュンはその場を去ってしまいました。

 

『ハク、やっとヨナの護衛をする気になったんだね』

 

『高いですよ、俺は...』

 

ハクは皮肉を言いますがこの親子には敵わない、そう思いました。

 

平和を望むが故に政治も消極的なイル王は、城の兵士からも「臆病な王」と言われる存在でした。

 

しかしテジュンの剣を素手でとめ、血まみれになった手を隠しながら微動だにしないイル王をハクは臆病だとは思いませんでした。

 

そんなイル王を思い出しながらハクは誓います。

 

(あなたの心残りは俺が守る)

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第4話 「遠い空」

ヨナは夢を見ていました。

 

そんなに経っていないのに遠い遠い昔のような思い出。

 

ヨナの母親が殺されて、イル王が泣いています。

 

ヨナも泣いていました。

 

でもヨナは平気でした。

 

スウォンがいたから...

 

雪が積もるある日のこと。

 

『ヨナ!ほら見て!雪ですよ!』

 

母親がいなくなったヨナを元気づけるために、その日もスウォンはヨナの元を訪れていました。

 

もちろんハクも一緒です。

 

少し元気が出たヨナでしたが、風邪をひいてしまいます。

 

元気なふりをしていたハクとスウォンでしたが、2人も風邪をひいた様子。

 

仲良く3人で一緒に寝ることになりました。

 

1人帰ろうとするハクでしたが...

 

『ハクーッ!!!!!』

 

『じっちゃん!?』

 

ムンドクが現れます。

 

『ヨナ姫に雪をぶつけて病にしたらしいな...』

 

『ムチ打ちじゃあ!』

 

ムンドクは女官に怒られて帰ってしまいますが、ハクは今日は帰らないことを決意しました。

 

ムンドクが帰った後、また部屋を訪れる人がいました。

 

スウォンの父、ユホンです。

 

『病など早急にぶち殺せ』

 

言葉は荒いですが、ユホンが見舞いに来てくれたことに感激しスウォンはとても嬉しそうでした。

 

そんな2人をうらやましく思い、イル王が来ないことを不安に思うヨナ。

 

そんなヨナをハクとスウォンは心配し、励まします。

 

2人に感謝してヨナは眠りにつきました。。

 

夜もふけたころ、ヨナはお腹が空いて起きてしまいます。

 

するとヨナの大好きな鶏がゆが運ばれてきました。

 

一口食べてみると...

 

『...びっくりするほど、まずい』

 

『そうか、まずいか...』

 

『料理日誌通りに作ったんだがなあ...』

 

そこにはイル王の姿がありました。

 

そんなイル王を見てヨナは満面の笑みでバクバク食べ始めました。

 

『すっごくまずい!』

 

風邪もすっかり治り、元気な3人に戻りました。

 

ヨナは笑顔で2人に言います。

 

『スウォン、ハク、ずっとずっと遊びに来てね!!』

 

笑顔で空を一緒に見ていた3人。

 

もう同じ空を見る事は出来ない。

 

ヨナはそう思い泣きじゃくりました。

 

ハクはそんなヨナをただ見ていることしか出来ませんでした。

第5話 「ただ息をしているだけ」

ハクは焦っていました。

 

時間が経つにつれヨナが弱っていくのが目に見えてわかったからです。

 

ヨナはこの先ずっとこのままかもしれないという不安と、ヨナにこんな思いをさせたスウォンに対する憤りを同時に感じるハク。

 

そんな時、スウォンがヨナに贈った簪(かんざし)が落ちているのを見つけます。

 

ひとまずヨナに返さず預かることにしたハク。

 

2人はまたひたすら山道を歩きます。

 

その夜、簪(かんざし)を落とした事にヨナは気づきます。

 

(あんなものいらない)

 

そう思えば思うほど優しかったスウォンの顔が浮かんでします。

 

いてもたってもいられず、1人で夜の森へ探しに行くヨナ。

 

そんなヨナが足を踏み入れてしまったのは...毒蛇の巣でした。

 

間一髪ハクが助けますが...

 

「死にたいのか!?」

 

ハクは怒ります。

 

簪(かんざし)のために自ら森に入って行ったヨナ。

 

そんなヨナにハクは複雑な思いで簪(かんざし)を渡します。

 

(スウォンは許さない...でも今はヨナを繋ぎとめられるならなんでもいい...)

 

簪(かんざし)を取り戻し、少し元気を取り戻したヨナはハクに尋ねます。

 

「今どこに向かっているの?」

 

そこはハクにとって唯一頼れる場所。

 

「風の部族、風牙の都」

 

「俺の故郷です」

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『暁のヨナ』の作者・草凪みずほの経歴と作成秘話をご紹介!

草凪みずほの経歴

『暁のヨナ』の作者は、草凪みずほ先生という女性の漫画家さんです!

 

草凪は、”くさなぎ”と読みます。

 

最後に草凪みずほ先生の経歴と『暁のヨナ』の作成秘話をご紹介して終わりたいと思います!

 

草凪みずほ先生は、1979年2月3日生まれでの熊本県出身です!

 

草凪みずほ先生は、小学生の時からマンガを読んだり、マンガのように絵を描いて物語を作ることを趣味として遊んでいたと言います。

 

この頃から漫画家になるという夢を徐々に抱き始めたそう。

 

子供の頃には、後に連載雑誌となる「花とゆめ」に連載されていた『ガラスの仮面』や『グリーン・ウッド』などを好んで愛読していたと言います。

 

草凪みずほ先生は、2002年に漫画家としてデビューすることになりますが、18歳から22歳までは松下容子先生のアシスタントを務めていました。

 

その頃、松下容子先生は『闇の末裔』という作品を「花とゆめ」に連載していたことから、草凪みずほ先生も自身の漫画を投稿するなら「花とゆめ」にしようと思うようになり、「花とゆめ」でデビューすることになります!

 

そんな草凪みずほ先生は、上京して漫画を描いているわけではなく今も熊本県で原稿を作成しているようです。

 

こちらの草凪みずほ先生のTwitterをご覧ください。

記憶に新しい2016年4月に起きた熊本地震の被害に遭われ、一時期は、休載を余儀なくされていました。

 

先生にもしものことがなく、今現在は『暁のヨナ』の連載をスタートされています!

 

そんな草凪みずほ先生は2002年、当時23歳の頃に『御神兄弟がゆく⁉』で白泉社新人大賞を受賞し、翌年2003年には『よいこの心得』という読み切り作品が「花とゆめ」に掲載され漫画家デビューを果たします!

 

2004年からは読み切りで人気を博した『よいこの心得』の連載を「花とゆめ」でスタートさせます。

 

しかし、人気が振るわずに全2巻で打ち切りに、2004年に『夢幻スパイラル』そして2005年に連載を始めた『ゲーム×ラッシュ』も全2巻で打ち切りになってしまいます。

 

『夢幻スパイラル』の連載が打ち切りになってしまったことは、漫画家人生で一番辛かったと述べるほどです。

 

草凪みずほ先生は『夢幻スパイラル』の登場人物たちへの思い入れが強く、連載打ち切りはとても悲しかったとインタビューで語っています。

 

漫画家として連載する難しさを知った草凪みずほ先生は、諦めることなく『NGライフ』という作品の連載を2006年からスタートさせます。

 

『NGライフ』は、まずまずの評価を得て2009年まで連載され全9巻が発売されました。

 

そして同年の2009年に草凪みずほ先生の大大大ヒット漫画となる『暁のヨナ』の連載をスタートさせます!

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『暁のヨナ』の作成秘話

今でこそ、アニメ化や舞台化もされる人気マンガへと成長した『暁のヨナ』でしたが、連載当初は、まったく人気がなくいつ打ち切られても不思議ではなかったと言います。

 

個人的には、序盤から面白い展開で楽しく読めましたが、最近の読者の目は厳しいようですね。泣

 

草凪みずほ先生も、打ち切られる恐怖と共に1話でも多く描けるように努力したとインタビューで語っていました。

 

また連載当初は、不安でため息が多く漫画のネームが上手く描けずに泣きながらネームと向かい合っていたとも話されています。

 

漫画家という職業がいかに大変かが伝わるエピソードですね。

 

この頃は、自宅のある熊本県から担当編集者との打ち合わせのために東京に行き来するなどもしていたそう!

 

いやー、熊本県から東京って遠すぎですwww

 

『暁のヨナ』のストーリーについては、緑龍編が一番印象に残っていると言います。

 

特にラストシーンのヨナが巨悪のクムジに弓を放ち倒すシーン。

 

今までは、城で何も不自由することなく大事に育てられてきたヨナが一夜にしてすべてを失い、従事者のハクに助けられ何とか生き延びてきました。

 

そんなヨナが苦難を乗り越え、巨悪クムジにとどめを刺すラストは、作者だけではなく読者も心惹かれたエピソードでしたね。

 

そんな緑龍編が『暁のヨナ』のエピソードの中で一番印象に残っているのだとか。

 

『暁のヨナ』を途中で読む事をやめてしまった読者は騙されたと思ってここまで読んで欲しいものです。

 

また、『暁のヨナ』の世界観について言及されていらっしゃいます。

 

『暁のヨナ』は、高華国という架空の国を舞台にしています。

 

その世界観は、東洋風ファンタジーと言われ、『暁のヨナ』の世界観のファンも多くいます。

 

なぜ東洋風ファンタジーにしたのかというと、作者が思い描く『暁のヨナ』の世界観にあう現実の世界がなかったからだと言います。

 

人物、髪色、洋服、建物、すべて作者・草凪みずほ先生が考え生み出したこだわりが『暁のヨナ』にはとことん詰まっているのです。

 

そんな作者のこだわりが沢山つまった『暁のヨナ』は、こちらの漫画アプリ『マンガMee』で全巻無料で読むことができます!

 

この機会にダウンロードしてみてはいかがでしょうか?(^^)/

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事