暁のヨナ ジェハがかっこいい!ヨナが好き?過去や正体・死の予感について調査!

おすすめスマホアプリ

 

花とゆめ連載中『暁のヨナ』で高い人気を誇る緑龍ジェハ。

 

色気のある見目麗しさだけでなく言動の格好良さも魅力的なキャラクターです。

 

美しいものと自由を愛し、己の宿命を拒み続けたジェハが何故ヨナの仲間になったのか。

 

この記事では、その理由やジェハの正体や過去、ヨナへの胸に秘めた想いなどジェハのかっこいい魅力に迫りたいと思います。

 

また『暁のヨナ』を1巻から最新巻まで無料で読みたい!という方に『暁のヨナ』を合法的に全巻無料で読む方法も併せてご紹介しています。

 

本題の前に『暁のヨナ』を全巻無料で読む方法です。👇

『暁のヨナ』を無料で読む方法は?

『暁のヨナ』はこちらの白泉社が運営する漫画アプリマンガParkにて無料で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』は、大手出版社の白泉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

この記事を執筆している現在では第1巻から最新巻まで無料で読むことができます

 

『暁のヨナ』1巻から最新巻までを安心安全にそして無料で読みたい方は、『マンガPark』を活用することをオススメします。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶりやスクウェア・エニックスが運営するマンガUP!も特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • switch(スイッチ)
  • からかい上手の高木さん
  • 銀の匙
  • ドロヘドロ
  • だがしかし
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • お茶にごす
  • 天使な小生意気
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • マギ
  • 烈火の炎
  • H2
  • タッチ
  • 信長協奏曲
  • 結界師
  • トニカクカワイイ
  • 魔王城でおやすみ
  • よふかしのうた
  • 葬送のフリーレン

などなど…

 

マンガUP!
  • 無能なナナ
  • 遺書、公開。
  • 幸色のワンルーム
  • 薬屋のひとりごと
  • 俺ガイル
  • 渋谷金魚
  • ハイスコアガール
  • 咲-saki-
  • アカメが斬る!
  • ゴブリンスレイヤー
  • 魔王学院の不適合者
  • クズの本懐
  • 好きな子がめがね忘れた
  • 魔女の旅々
  • 神達に拾われた男
  • 裏世界ピクニック
  • 地縛少年 花子くん
  • 不器用な先輩。
  • ダンジョンに出会いを求めるのは間違っているだろうか
  • ホリミヤ
  • 弱キャラ友崎くん

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガPark』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガUP!

マンガUP!

SQUARE ENIX無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています。「無料で多くの漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 


『暁のヨナ』は、アニメ化されており、アニメも大好評です。

 

こちらの「U-NEXT31日間無料体験」では、無料&高画質で『暁のヨナ』を視聴できるだけではなく、新作マンガや新作映画の購入に使用できる600円分のポイントがタダ貰えるので、特にオススメです。

 

安心、安全に『暁のヨナ』を無料で視聴した方は、「U-NEXT31日間無料体験」一択です。

 

「U-NEXT」の登録の仕方については、こちらのページをご参照ください。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

無料体験は31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、ご安心ください。

ジェハってどんなキャラ?その正体に迫る!

ジェハとの出会い その正体と能力

ジェハの初登場は第5巻、《四龍の戦士》を捜す旅をするヨナは、緑龍の気配を追いますが中々見つからず、地の部族の港でようやく出会います。

 

ヨナが探し求めていた緑龍こそがジェハの正体だったのです。

 

「生まれた時から決まった宿命など 僕の美学に反するね」

 

緑龍ジェハは龍の力を右脚に宿し、その驚異的な脚力によって跳ぶ姿はまるで空を舞っているかのようです。

 

ヨナはジェハに仲間になってほしいと頼みますがきっぱり断られてしまいます。

 

「僕は守るべき人は自分で選ぶし 死ぬ場所も自分で決める」

 

ジェハは四龍としての宿命を強く拒んでいたのです。

打倒クムジ!ジェハとの共闘

ジェハに断られてしまったものの、ヨナはジェハの所属している海賊のギガン船長に会わせてほしいと頼みます。

 

の町は領主クムジの悪行に苦しめられ、それを目の当たりにしたヨナは一緒に戦いたいと願い出ます。

 

そんなヨナを見てギガン船長はある試練を与えます。

 

それは断崖絶壁の岬からという治癒力の高い薬草を一人で採ってくるというもの。

 

不安定な足場を進むヨナは、あまりの高さに足がすくみ恐怖から涙と震えが止まりません。

 

ジェハの本能はヨナを緋龍王だと認めましたが、目の前にいるのは特別な力を持たないか弱い少女です。

 

ジェハはもう止めるよう説得しますがヨナは泣きながらも震える足を一歩、また一歩と進めます。

 

『この僕が もっと君の声を 姿を 感じていたいと思うなんて』

 

ヨナの弱くても諦めない強さに胸を打たれます。

 

しかし、これも自分の体に流れる四龍の血のせいだと気持ちを打ち消します。

 

その後、ギガン船長に認められたヨナは海賊たちと共に打倒クムジへと挑みます。

そして仲間に

激戦の末に悪徳領主クムジを討ち果たし、阿波には平和が訪れます。

 

盛大な宴がひらかれ皆で喜び合うなか、ジェハはギガン船長と祝杯をあげながら一つの覚悟を決めていました。

 

ジェハは自分を仲間に迎えてくれたギガン船長たちをとても大切に思っています。

 

ヨナは特別な力を持たない普通の少女、しかし窮地に陥った時に見せる強さに魅せられていました。

 

「今はただ君を放っておけなくてね 連れてって ヨナ」

 

四龍とは関係なく、ジェハは自分自身の意志でヨナの側にいることを選んだのです。

ジェハと仲間たち

改めて仲間になってみるとジェハの色々な面が見えてきます。

 

ヨナ一行のなかでは最年長の25歳(不老不死のゼノを除く)で、人の心の機微に聡く面倒見のいいお兄さん的存在になっていきます。

 

強さと美しさを併せ持つハクに一目置いていて、ハクのヨナへの想いに真っ先に気づき、それをからかってはハクに殴られています。

 

惚れ薬騒動の時には率先して悪ふざけをするお茶目な一面も。

 

もともと女性を見れば砂を吐くような甘いセリフで口説く軟派な言動も目立ちます。

 

本人曰く女性に対しては「真綿で包むように大事にする主義」で、「踏まれても蹴られても追いかけるが、追われると冷める」という面倒くさいタイプの変態です。

 

旅をするうちにジェハにとって仲間は大切な存在になっていき、いつしかヨナや仲間たちのいる場所が帰る”家”だと思うようになります。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

ジェハの過去とは?今後死ぬ?

四龍の宿命に抗う理由

四龍の血を継ぐ一族はそれぞれ隠れるように暮らしています。

 

緑龍の里で生まれ育ったジェハは枷を付けられ監禁状態で幼少時代を過ごしていました。

 

四龍の能力が露見したことで里をされた過去があり、その化け物じみた能力を外に漏らさないためです。

 

ジェハは鎖を壊して脱走しては先代の緑龍ガロウに連れ戻され、ずっと自由をしていました。

 

ジェハが12歳になると緑龍の力は先代ガロウからジェハへと完全に継承され、外の世界へ飛び出します。

 

その時にジェハの脱走を助けてくれたのはガロウでした。

 

その後も自分の自由を奪う四龍の宿命を拒み続け、四龍に出会うことを避けながら放浪の旅をしていました。

 

このような過去があるなら自由にこだわるのも納得ですね。

四龍の宿命 忍び寄る死の影

四龍の力は強大ですが決して無敵ではありません。

 

緋龍城から離れすぎるとその力は弱まり、免疫や治癒力が著しく低下するという弱点があります。

 

戒帝国で四龍が病になった時に気になるエピソードがありました。

 

本来四龍はその里に新しい龍が生まれると先代の龍は力と寿命を失う運命にあります。

 

ジェハの先代は27歳で亡くなり現在ジェハは25歳、いつ新しい龍が生まれてもおかしくないのです。

 

また、それ以外にも真国編で囚われていた時に意味深なモノローグがあります。

 

『そうかもしれない でも僕はここに囚われてから度々夢を見る それは僕の脚が奪われてもう二度と泣いている彼女のもとへ飛んでいけない夢だ』

 

ジェハが緑龍の力を失うフラグとも取れます。

 

しかしそれはジェハの死を意味するのでどうか杞憂であってほしいですね。

 

ジェハはヨナが好き?関係は?

この感情は誰のもの?胸に秘めたヨナへの想い

察しのいいジェハはハクのヨナに向ける想いにもすぐに気づきました。

 

恐らく作中で最も二人の仲を気にかけているのはジェハで間違いありません。

 

ハクの長年の片思いをおちょくったり、挑発するような発言にどこまで本気なの!?とドキドキしちゃいますね。

 

とはいえジェハも自分の気持ちがわからず戸惑っているようです。

 

ヨナに惹かれているのは事実ですが、それが自分のものか四龍の血によるものかの区別がつきません。

 

もしくは無意識に気づかないふりをしている可能性もあります。

 

ハクに対して一歩譲るような言動が目立つのはそのせいかもしれません。

 

そうこうしているうちに、ヨナにハクへの気持ちの変化が訪れます。

 

自分以外の女の子と一緒にいるのを見るとモヤモヤしてしまうのです。

 

ジェハがそれに気づかないはずもなく、戸惑うヨナに「ハクは…とっくに君のものだ」と安心させるように言います。

 

それとは裏腹にジェハの胸は騒めき「こんな時に紛らわしく騒がないでくれるかな」と、これもすべて龍の血のせいだと吐き捨てます。

 

このヨナへの想いの葛藤がジェハの魅力の一つですね。

 

君のそばにいたいんだ——

 

ジェハがはっきりと自分の気持ちを自覚するのは14巻、水の部族領でナダイという麻薬を飲まされた時です。

 

前後不覚で霞む視界のなかで思い浮かんだのは仲間たちとヨナでした。

 

駆けつけたヨナを見た瞬間、凍えていた体の寒さが薄れていくのを感じます。

 

『僕はどうしようもないくらい 君のそばにいたいんだ』

 

ジェハはついに自分の気持ちを認めます。

ヨナが好きだから…大切な人を見守る優しさ

ヨナへの気持ちを自覚したジェハですが、だからといって自分の気持ちを押しつけたりはしません。

 

なぜなら好きな人の瞳に誰が映っているのかを知っているからです。

 

ヨナがハクのことを意識しているのをすぐ側で見るのはしんどいはずですが、ヨナが笑顔でいてくれるならそれ以上は望みません。

 

二人を優しく見守っていて、困っている時にはアドバイスしてあげたりする姿は大人だなと思います。

 

「…僕が君の脚になるよ 君が僕を必要としなくなるまで ずっとね」

 

これはかつてヨナが珍しく弱音を吐いた時のジェハの言葉です。

 

そしてピンチの時には約束どおりヨナのところに跳んできてくれます。

 

このシーンは衣装の優美さも相まってかっこいいですよね。

 

どこまでも献身的で、真綿で包むように大事にするというのはこういうことなのかもしれません。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

まとめ

いかがでしたでしょうか。

 

最初こそはヨナ達を拒んでいましたが、共に旅をするうちに仲間を大切に思うようになったジェハ。

 

仲間内では面倒見のよいお兄さん的存在で、一見軽い言動もその場の空気を楽しいものにしてくれます。

 

ジェハは自分の気持ちに素直になれず、本当の気持ちを冗談でごまかしてしまう不器用な一面もありました。

 

自分よりも他者の気持ちを優先してしまうジェハの優しさが切なく、とても魅力的です。

 

どうか幸せになってほしいですね。これからもジェハの活躍に期待です!

 

以上、『暁のヨナ』大人の魅力が詰まったジェハの解説でした。

おすすめ記事