暁のヨナ31巻を無料で読む方法とネタバレ紹介!zip,rarは危険?漫画アプリでタダ?重症のハクと声が出ないヨナ

おすすめスマホアプリ

 

悩んでいる人
『暁のヨナ』31巻を無料で読む方法とネタバレが知りたい。

 

本記事はこんな疑問を解決します。

 

余談なのですが、違法な無料漫画サイト(zipやrarファイルを含む)では、ウイルスによる感染率が年々高くなっています

 

ご紹介する『暁のヨナ』31巻を無料で読む方法は、登録不要もちろん合法です。

 

違法手段ではないので、安心してください。

『暁のヨナ』31巻を無料で読む方法は?

『暁のヨナ』31巻はこちらの白泉社が運営する漫画アプリマンガParkにて無料で読むことができます。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

『マンガPark』は、大手出版社の白泉社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

『暁のヨナ』31巻が『マンガPark』にて無料で読めると言いましたが、この記事を執筆している現在では第1巻から最終巻まで無料で読むことができます

 

『暁のヨナ』1巻から最新巻までを安心安全にそして無料で読みたい方は、『マンガPark』を活用することをオススメします。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

また集英社が運営する漫画アプリヤンジャンマンガMeeも特にオススメです。

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

『ヤンジャン』で無料で読める主な作品一覧
  • 東京グール:re(東京喰種:re)
  • キングダム
  • GANTZ
  • BUNGOーブンゴー
  • DINER ダイナー
  • 高校鉄拳伝タフ
  • TOUGH-タフー
  • かぐや様は告らせたい
  • テラフォーマーズ
  • リクドウ
  • 久保さんは僕を許さない
  • TIEMPO-ティエンポー
  • 干物妹!うまるちゃん
  • サラリーマン金太郎
  • 息子がかわいくて仕方がない魔族の母親
  • 群青戦記
  • 元ヤン
  • ハチワンダイバー
  • ウマ娘-シンデレラグレイ-
  • LIAR GAME
  • 地獄先生ぬ~べ~
  • ゴールデンカムイ
  • 推しの子
  • 九龍ジェネリックロマンス
  • ジョジョの奇妙な冒険
  • 少年のアビス
  • 明日ちゃんのセーラー服
  • シャドーハウス

などなど…

 

『マンガMee』で無料で読める主な作品一覧
  • この音とまれ!
  • 悪魔とラブソング
  • 美食探偵 明智五郎
  • ダメな私に恋してください
  • 雛鳥のワルツ
  • 虹色デイズ
  • 高校デビュー
  • ごくせん
  • ストロボエッジ
  • アオハライド
  • NANA
  • 青空エール
  • 素敵な彼氏
  • デカワンコ
  • G線上のあなたと私
  • センセイ君主
  • シュガーズ
  • 僕に花のメランコリー
  • ひるなかの流星
  • メイちゃんの執事
  • 初×婚(ういこん)
  • ハニーレモンソーダ

などなど…

 

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マンガPark』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

ヤンジャン!

ヤンジャン!

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

マンガMee-人気の少女漫画が読めるマンガアプリ

SHUEISHA Inc.無料posted withアプリーチ

 

こちらの記事では、特にオススメする漫画アプリを厳選してランキング形式でご紹介しています。「無料で多くの漫画を読みたい」と思っている方はぜひ一読してみてください。

完全無料!おすすめ漫画アプリをランキング形式で紹介!【お金がかからない読み放題のマンガアプリ!知らなきゃ大損!】

 


『暁のヨナ』は、アニメ化されており、アニメも大好評です。

 

こちらの「U-NEXT31日間無料体験」では、無料&高画質で『暁のヨナ』を視聴できるだけではなく、新作マンガや新作映画の購入に使用できる600円分のポイントがタダ貰えるので、特にオススメです。

 

安心、安全に『暁のヨナ』を無料で視聴した方は、「U-NEXT31日間無料体験」一択です。

 

「U-NEXT」の登録の仕方については、こちらのページをご参照ください。

U-NEXT31日間無料トライアルで貰える600円分のポイントを使って漫画をタダで購入する手順を紹介!U-NEXT登録方法も解説

無料体験は31日間以内に解約すればお金は一切かからないので、ご安心ください。

『暁のヨナ』31巻 ネタバレ&感想

第176話 聞こえた?

燃え盛る城からジェハに連れられて脱出したヨナ。

 

皆が心配しますが、煙で喉を痛めてしまいうまく声が出ません。

 

手当てをするためにキジャとユンはヨナを連れその場を去ります。

 

ヨナを見送り、残されたテジュンは涙ぐみながら火の部族兵たちに叫びました。

 

「ヨナ姫は無事である!」

 

「我々高華国の完全勝利だぁ!!」

 

ボロボロの兵士たちが勝利を噛みしめ、歓声を上げました。

 

一方ハクを迎えにきたジェハですが、ハクの右手にはゴビが捕まえられています。

 

「どうするんだい?それ」

 

「進呈」

 

そういうとハクはゴビを城の外に投げました。

 

外に待ち構えていたヴォルドとアルギラがしっかり受け止めます。

 

そしてジェハに支えられハクも城から脱出します。

 

空を駆けるキジャたちを黙ってみつめるジュドとケイシュク、歓声を送る火の部族兵たち。

 

千州軍との戦に完全勝利し、高華国はイル王の時代の倍の国土を支配することになったのでした。

 

その後火の部族野営地にて療養中の一行でしたが、ヨナとハクの体調が未だ芳しくないようです。

 

ユンが薬を探しに天幕から出ますが、ユンに治療してもらうために待ち構えていた火の部族兵たちに捕まってしまいます。

 

ユンが出て行ったあとに入れ替わりでヴォルドとアルギラが見舞いにやってきます。

 

ヨナに水を持ってこようとするアルギラを見て、ハクに口移しで水をあげたことを思い出すヨナ。

 

顔が真っ赤になり必死で隠します。

 

肉をほしいとハクが告げると、アルギラが取りに行くため天幕を出ます。

 

しばらくすると天幕の外から宴の音が聞こえてきました。

 

待ちきれんとばかりに外に出ようとするハク。

 

ぐうううううう...

 

どうやらヨナのお腹の音のようです。

 

「一緒に行きますか?」

 

ヨナが顔を真っ赤にしてお腹を鳴らしながら起きました。

 

ヨナを抱えて天幕を出るハク。

 

道中、ハクの体を気遣うヨナですが、喉を痛めてしまっていてうまく言葉にできません。

 

シンアのように今のヨナの言葉をうまく理解できないとハクはぼやきました。

 

逆にヨナは気持ちが読み取られなくてホッとしているようです。

 

宴会場に到着した2人ですが、ハクが火の部族兵たちから熱烈な歓迎を受けます。

 

そんなハクを見てヨナはとても誇らしく感じます。

 

フードを被っていたのですぐには気づきませんでしたが、ヨナの存在に気づき兵士たちが更に歓声を上げます。

 

それに気づき慌てて近寄るテジュン、落ち着けとハクが皆に釘を刺します。

 

そこへケイシュクが空の部族兵を引き連れて現れました。

 

慌てて2人を匿おうとするテジュンですがすでに2人はいません。

 

ケイシュクに会いたくないハクはヨナを抱えて急いでその場を離れたのでした。

 

降ろしてほしかったヨナは出ない声で必死にハクに語りかけます。

 

「お   ろ   し   て...!」

 

思わず耳元で叫んでしまい、びっくりしてヨナを落としそうになるハク。

 

抱きしめる形でハクが受け止めます。

 

1回離しますが再度強くヨナを抱きしめました。

 

ハクの思いを感じ、涙ぐむヨナ。

 

ハクに語りかけようとしますが咳で声が出せません。

 

そこへテジュンがやってきます。

 

どうやらケイシュクからヨナのために喉の薬をもらってきたそうです。

 

ケイシュクからの薬を警戒するハクをよそに薬を一気飲みするヨナ、瞬間、ヨナが激しくせき込んでしまいます。

 

慌ててユンを呼びにいこうとするハクですが、その袖を捕まえてヨナは言います。

 

「ハクが好き」

 

「聞こえる?」

 

「やっといえた」

 

か細い声で目に涙を浮かべながら笑顔でそう口にしたヨナになにも答えることができず、ただただその場にたたずむハクでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第177話 聞こえましたけど

まだハクが風の集落にいたころ、アヤメが恋人のサキと喧嘩して泣いているのを度々なぐさめてあげていました。

 

アヤメに好きな人はいないのかと聞かれ、ヨナの名前こそ出しませんが片思いの相手がいると打ち明けます。

 

好きだけど...恋人になりたいわけじゃない。

 

思いを告げて関係を壊したくない。

 

ただその人が幸せになればいい。

 

そう思っていたあの頃...

 

ヨナからの突然の告白に頭が追いつかず、走馬灯のようにアヤメとの話を思い出すハク。

 

咄嗟にフクチがテジュンの耳をふさいだため、テジュンはまだ話の内容を理解していないようです。

 

そのままテジュンはフクチに引きずられ退散します。

 

2人きりになりハクが言います。

 

「続けてください。」

 

「続けて...って、聞こえなかったの?」

 

「聞こえましたけど...もう少し聞きたい」

 

「...以上です!」

 

いつもの調子のハクに少しムッとして恥ずかしくなったヨナはその場を離れ、天幕に戻ります。

 

天幕の中にまで2人の会話は聞こえていましたが空気を読んでなにも聞かないキジャたち。

 

ヴォルド、アルギラが明日真国に帰ると知り、自分たちの次の目的地の話になります。

 

その日は決まらず翌日、一緒に彩火に戻ろうというテジュンに対し今一緒に戻ったら騒ぎになるという理由で断ります。

 

昨日から戻っていないユンの居場所を探していると、どうやら空の部族の医療部隊のところにいるようです。

 

さらっと昨日のヨナの告白をテジュンにばらすフクチと、動揺するテジュンをよそにユンの所に向かう一行。

 

ユンと合流したヨナたちでしたが高華国の医療技術を知り、もう少しここにいたいとユンが言います。

 

ヨナは承諾しますが、ハクとヨナは重症なんだから安静にしろとユンから怒られてしまいます。

 

再び2人きりになり話していると、ユンと性格が似ているアヤメを思い出して懐かしくなったとハクが言います。

 

アヤメの話に嫉妬するヨナでしたが、まさか自分が嫉妬されるわけないとハクが不思議に思います。

 

「姫さんって、アヤメに嫉妬する...とか...あるんですか?」

 

ないと思いながら試しにハクが聞きます。

 

「あるよ...モヤモヤが止まらないの。ごめんね。」

 

顔を赤くさせてヨナが答えます。

 

状況が理解できず、ハクは固まってしまいます。

 

ヨナからそんな言葉が聞けると思っていなかったので、ハクは思わず顔をそらしてにやけてしまいました。

 

一方、空の部族の医療部隊を手伝うユンでしたがジュドに見つかってしまいます。

 

四龍の存在を警戒しているジュドは、ユンに空の部族の医療技術を教えることを拒みます。

 

そのままその場から離れようとする一行でしたが、「構いませんよ」ケイシュクが現れそう言います。

 

問題はないとする一方で、そろそろ緋龍城に戻ることをケイシュクがヨナたちに告げます。

 

残念がるユンを見て一緒に緋龍城に来ることを提案するケイシュク。

 

あからさまな誘導にヨナたちは警戒します。

 

「あなたの狙いは何?」

 

「では申し上げましょう」

 

「手を組みませんか?ヨナ姫」

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第178話 提案の形で問われた立場

「何のつもり?」

 

手を組まないかとケイシュクから提案されたヨナたちでしたが、その言葉を信用できません。

 

ケイシュクは淡々と説明します。

 

今回の戦でハクとは同盟関係にあり、その関係を今後も続けた方がお互いに利があること。

 

高華国を守るためという点において目的が一致していること。

 

同盟が成立すれば必要な衣食住を提供すること。

 

ユンにも望むだけの知識を教えること。

 

それでも信用できないとヨナは言いますが、「これはもうあなただけの問題ではないのです」ケイシュクは更に続けます。

 

「今後も四龍を狙う者が国内外問わず現れますよ」

 

途端にヨナの顔が強張ります。

 

「僕らの事は背負わなくていい」

 

ヨナを気遣いジェハたちが言いました。

 

「イル陛下が暗殺された夜を覚えているか?」

 

今まで黙っていたハクが口を開きました。

 

ケイシュクが答えます。

 

「...忘れるはずもない」

 

「歴史的な勝利の夜だ」

 

瞬間...ハクの大刀がケイシュクの顔をかすめます。

 

「ハク!」

 

ヨナの制止により大刀を下げますが怒りでハクの手は震えています。

 

臆することなくケイシュクは続けます。

 

イル王暗殺がなければ高華国は滅ぼされていたこと。

 

スウォンが陛下でなくては高華国は守れないこと。

 

明後日、緋龍城に戻るまでに決断するようにヨナに告げその場を去るケイシュクたち。

 

天幕に戻ってきた一行でしたが、皆と話し合い緋龍城に行く事を決意するヨナ。

 

外で見張りをしていたハクにそのことを告げます。

 

しかしハクは反対します。

 

「信用出来るとおもうか!?」

 

「どんな理由があろうとも、俺は一生許すことは出来ない!!」

 

「このまま逃げた先に危険が伴うなら...俺が絶対みんなを守るから...!」

 

「俺にもっと...力があれば...」

 

俯いてしまうハク。

 

ハクの思いを知り、胸が押し付けられる気持ちになったヨナ。

 

ハクを抱きしめながらヨナは今までの旅を思い返しました。。

 

ハク、ユン、キジャ、シンア、ジェハ、ゼノ。

 

皆との出会い、苦しくも楽しかった旅の思い出。

 

そんな日常が終わりを告げることを知り、ただ空を見つめるヨナでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第179話 虚しい歓声

空都の酒場にて久しぶりに再開したリリとオギ。

 

ヨナが緋龍城に帰還するとのうわさで空都が騒ぎになっていることを知り、オギから情報を聞き出そうとしています。

 

以前まではイル王は現王家に殺害されヨナは追放されたとのうわさが空都にはありました。

 

オギの話によるとそのうわさは改変され、すべてを千州の仕業だったことにしてヨナを悲劇の姫に仕立て上げたというのです。

 

そんなヨナをリリは心配します。

 

一方、空都にきたヨナたち。

 

ヨナはハク、四龍たちとは離されて綺麗な服に着替えされられます。

 

ケイシュクは大々的に民衆にヨナの帰還を知らしめるのが目的のようです。

 

ケイシュクの素性が気になるヨナでしたが、ケイシュクはスウォンの父ユホンに拾われ、ユホンが王になることを夢見てきた人間とだけ答えます。

 

いよいよ空の部族軍の凱旋の時間がやってきました。

 

軍の凱旋に声をあげる民衆でしたが、ヨナの姿を見つけ更に歓声を強めます。

 

しかしヨナは無表情のままです。

 

そして緋龍城に到着します。

 

ゼノ以外の四龍たちは緋龍城は初めてですが、なにか不思議な感覚に包まれます。

 

そのまま城に入る一行でしたがハクだけは入城を許されません。

 

ざわつく一同でしたがユンもハクと共に残ると言ったことで事態は沈着します。

 

一安心したヨナでしたがこれからスウォンと会うということでイル王暗殺の夜を思い出し、気持ちが高鳴ります。

 

しかしケイシュクはヨナは休ませ、四龍だけスウォンに会わせると言います。

 

ヨナは拒否しますが四龍たちもヨナを案じ、ヨナに休むよう促します。

 

ヨナは納得しジュドと共にその場を後にします。

 

王の間に入る四龍。

 

スウォンと対峙し、以前顔を会わしたことのあるキジャとジェハは少しばつの悪い顔をします。

 

ケイシュクの此度の功績を称えるとともに勝手な行動を咎めるスウォン。

 

長々と経緯と理由を話すケイシュクにスウォンは結論を促します。

 

ケイシュクの目的は伝説の四龍の帰還を民衆に伝えること。

 

そして年に一度行われていた武術大会に出場させることだったのです。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第180話 お披露目

「僕らを見せ物にしようって?」

 

四龍を武術大会に出場させるといったケイシュクにジェハが噛みつきます。

 

健全な祭りだとケイシュクは言います。

 

話の中でゼノの不死身の能力にスウォンは興味を抱きます。

 

そして見せ物の大会には出場しないと息まくキジャでしたが、スウォンの口車に乗せられて結局出場することになってしまいます。

 

話が終わりその場を後にした4人でしたが、自分たちを犠牲にしてゼノを守ろうとするキジャたちをゼノは叱ります。

 

感情的になるのが珍しいゼノを見て笑うジェハとシンアでしたが、シンアもよく喋るようになったとゼノはつっこみました。

 

一方ジュドに連れられ、久々に自分の部屋に戻ってきたヨナ。

 

部屋の隅に亡き父イル王の姿を重ね、ヨナは言います。

 

「ただいま帰りました...父上...」

 

物音がして振り返ると、そこにはヨナが城にいたときに世話係だったミンスの姿がありました。

 

ミンスから武術大会のことを知らされ、四龍を心配するヨナ。

 

ハクの事も心配します。

 

そして武術大会の日がやってきました。

 

席に案内されるヨナでしたが席を見て足が止まります。

 

用意された席はスウォンの隣、つまり本来ならば王妃の席だったのです。

 

ただの同盟関係だからそんなのは関係ないとケイシュクに促され座るヨナでしたが、やはり民衆はそうは受取りません。

 

「御婚約おめでとうございます!スウォン陛下!ヨナ姫様!」

 

次々と民衆から声が上がります。

 

ユンが慌てて否定しますがその声は届きません。

 

その状況を遠くから黙って見つめるハク。

 

ヨナも黙ってただ前を睨みつけています。

 

かつてイル王が隣にいた時のような無邪気な笑顔はもうそこにはありませんでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

第181話 開幕戦

スウォンとヨナが婚約したと勘違いして歓声をあげる民衆に困惑するリリたち。

 

ケイシュクのやり口に憤りを感じるリリですが、状況を知った上で参謀としては優秀だとグンテは言います。

 

ヨナを案じるリリでしたが、その気持ちは四龍たちも一緒です。

 

もちろんユン、そしてハクも...

 

いよいよ武術大会が始まります。

 

どうやら初戦はジュドとキジャ、グンテとジェハが戦うようです。

 

控室にてジュドと合流したグンテでしたが、この戦いが四龍のお披露目のための八百長試合だと聞かされ落胆します。

 

渋々了承したグンテでしたが「くそ、ユウノ(妻)連れて来るんじゃなかったぜ」愚痴をこぼします。

 

いよいよ試合の場にキジャのジェハが姿を表し、その美しい姿に観衆が驚きます。

 

そして試合が始まると右手の爪でリングを破壊するキジャ、そして空を駆けるジェハに更に歓声をあげます。

 

試合を見て八百長試合だと気づくハク。

 

イル王の時代にはまとまらなかった五部族がスウォンには従順であることに憤りを感じます。

 

そしてスウォンの横で屈辱に耐えて座っているヨナを見て、更にその思いを強めていくのでした。

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

マンガPark-話題作多数!人気漫画が毎日更新で読める

HAKUSENSHA.INC無料posted withアプリーチ

 

おすすめ記事