シャーマンキング面白い?漫画アニメはおすすめ?続編の評価評判や感想調査

おすすめスマホアプリ

 

アニメ化もされた人気漫画『シャーマンキング』。

 

そんな『シャーマンキング』は本当に面白いのか?オススメで買う価値があるのか?などについてまとめました!

 

また漫画『シャーマンキング』を1巻から最終巻まで無料で読みたい!という方に『シャーマンキング』を合法的に無料で読む方法も併せてご紹介していきます。

『シャーマンキング』を全巻無料で読む方法は?

こちらの講談社が運営する漫画アプリマガポケでは、『シャーマンキング』を無料で読むことができます。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『マガポケ』は講談社が運営する公式アプリなので安全に利用できます。アプリをダウンロードする際もお金は一切かからないので安心してください。

 

このように『マガポケ』では『シャーマンキング』を無料で読むことができます。

 

 

安心安全に、そしてタダで『シャーマンキング』を読みたい方は『マガポケ』を使う方法が最もお得です。

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

オススメ漫画アプリ紹介

また漫画アプリに関していうと、小学館が運営する公式漫画アプリサンデーうぇぶり』『マンガワンも特にオススメです!

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

以下のような有名作品が随時、更新され無料で読むことができます。

 

サンデーうぇぶり
  • 名探偵コナン
  • YAIBA
  • MAJOR(MAJOR2nd)
  • からかい上手の高木さん
  • あしたは土曜日
  • ふだつきのキョーコちゃん
  • 恋に恋するユカリちゃん
  • くノ一ツバキの胸の内
  • ドロヘドロ
  • GS美神 極楽大作戦
  • だがしかし
  • よふかしのうた
  • 犬夜叉
  • らんま1/2
  • 境界のRINNE
  • うる星やつら
  • MAO
  • 今日から俺は
  • 天使な小生意気
  • お茶にごす
  • 今際の国のアリス
  • 焼きたて!!ジャぱん
  • うえきの法則
  • からくりサーカス
  • 月光条例
  • マギ
  • 烈火の炎
  • ダンスダンスダンスール
  • H2
  • タッチ
  • MIX
  • クロスゲーム
  • ラフ(ROUGH)
  • 信長協奏曲
  • BE BLUES!~青になれ~
  • 結界師
  • スプリガン
  • 名探偵コナン ゼロの日常
  • 湯神くんには友達がいない
  • アオイホノオ
  • 葬送のフリーレン
  • トニカクカワイイ
  • ハヤテのごとく!
  • 九条の大罪
  • 魔王城でおやすみ
  • 古見さんはコニュ症です
  • 土竜の唄
  • チ。地球の運動について
  • アオアシ

などなど…

 

マンガワン
  • 闇金ウシジマくん
  • アフロ田中
  • 土竜の唄
  • ケンガンアシュラ
  • ケンガンオメガ
  • 今際の国のアリス
  • 青のオーケストラ
  • 薬屋のひとりごと
  • からかい上手の(元)高木さん
  • ダンベル何キロ持てる?
  • めぞん一刻
  • プロミスシンデレラ
  • おやすみプンプン
  • 灼熱カバディ
  • 送球ボーイズ
  • 出会って5秒でバトル
  • モブサイコ100
  • 教え子がAV女優、監督がボク。
  • 釣りバカ日誌
  • ゾン100
  • 裏バイト逃亡禁止
  • 美味しんぼ
  • 医龍
  • イキガミ
  • 闇金ウシジマくん外伝 肉蝮伝説
  • 九条の大罪

などなど…

「無料でマンガを楽しみたい!」という方は『マガポケ』と併せて使ってみてはいかがでしょうか?

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

マンガワン-小学館のオリジナル漫画を毎日配信

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

サンデーうぇぶり

サンデーうぇぶり

SHOGAKUKAN INC.無料posted withアプリーチ

 

『シャーマンキング』のあらすじ紹介!

現世を離れられぬ死者、自然をつかさどる精霊、世を見守る神仏。

 

人には見えぬそれら超常的存在を認識し、交流することのできる人々・シャーマン。

 

ある日の深夜、塾帰りに近道をするため墓場を通り抜けようとした小山田まん太(おやまだ まんた)は、墓の上に座って幽霊と話す謎の少年と出会います。

 

彼の名前は麻倉葉(あさくら よう)。

 

500年に一度行われる『シャーマンキング』を決める戦い、シャーマンファイトのために上京してきた葉との出会いによって、まん太もまたシャーマンたちの戦いに巻き込まれることになっていきます。

 

漫画アニメ『シャーマンキング』は面白い?おすすめ?見どころ紹介!

先に結論、『シャーマンキング』は全巻読む価値アリに面白いです!

 

『シャーマンキング』の見どころを4つご紹介いたします!

見どころ① 個性豊かなシャーマンとその持霊(もちれい)たち!

この作品の中心ともなる存在であるシャーマンたち。

 

彼らにはそれぞれシャーマンキングを目指す理由と、それを支える頼もしい相棒である『持霊』がついています。

 

阿弥陀丸や馬孫のほかにも多数登場する持霊たちの中には、時に人間ですらないものや生前に悲しき逸話を持つもの、それこそ神様や仏様すらも多数登場します。

 

この世のものではない彼らと、そんな彼らが力を貸すにふさわしいと認めたそれぞれの目標を持つシャーマンたち。

 

霊とシャーマン、彼らの関係性こそがこの作品の一番の見所です!

見どころ② 心の強さが勝敗を決める、熾烈で過酷なシャーマンファイト!

世界中からシャーマンキングになるべく集まることになるシャーマンたち。

 

彼らはオーバーソウル(O.S.)と呼ばれる、霊を具現化する技術を使えます。

 

これは様々な道具に憑りつかせた霊に自らの精神力を注ぎ込んで、霊が物理的に世界に干渉できるようにする技術のことです。

 

例えば、侍である阿弥陀丸なら刀と鎧の姿となり葉の武器に、かと思えばシャーマンの中には自らは前線に立たずに実体化させた霊を独自に行動させて戦うものもいます。

 

人の数、そして霊の数だけ存在する様々な戦闘スタイルは作品を面白くする大事な要素の一つでしょう。

見どころ③ 心と心のぶつかり合い!

シャーマンは精神力でO.S.を生み出し戦います。

 

O.S.を何度も破られればそれだけ精神もすり減り、逆に精神が不安定な時には普段通りの力を発揮することはできない。

 

つまり、シャーマンファイトは精神の戦いでもあるのです。

 

圧倒的力で相手の心をへし折る者、卑怯な策で戦う気力を削ぐ者、一切の動揺なく地力のみで圧倒してくる者など敵も一括りにはできません。

 

しかしそれに対して、葉たちもまた心を強く持って相対していくのです。

 

時に相手の夢を奪うことにもなる過酷な戦いの中、彼らがどう相手と向き合うのかをぜひ見届けてください。

見どころ④ 戦いの最中にも挟まれるボケと、まん太の全力ツッコミ!

命と心を削る過酷な戦いの数々、それがシャーマンファイト。

 

しかし中には、それだけじゃないものもたくさんあります。

 

シャーマンたちは普通と違う生い立ちの者も多くおり、わざとにしろそうでないにしろ、しばしば常識とは異なった言動をすることも多いです。

 

シャーマンだけなら軽く流されてしまうこともあるそんな小ボケに対しても、一般人のまん太だけはしっかりとツッコミを入れてくれます。

 

時には言葉だけで軽く、時には全身をくまなく使って。今まさに死にかけている時ですら、ボケを見つけた瞬間にまん太は全身全霊でツッコむのです。

 

そんな彼の職人魂ともいえるツッコミの数々。それがこの作品を支える最も大事な柱の一つになっています!

マガポケ - 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

マガポケ – 人気マンガが毎日楽しめるコミックアプリ

Kodansha Ltd.無料posted withアプリーチ

 

『シャーマンキング』登場人物紹介!

『シャーマンキング』の主な登場人物を簡単に解説します!

麻倉葉(あさくら よう)

本作の主人公で日本の有名なシャーマンの家系『麻倉家』の出身。

 

500年に一度行われる『シャーマンファイト』に参加するため、13歳にして出雲から単身東京にやってきました。

 

『なんとかなる』を口癖にするユルい性格で、いざ荒事になっても動じず悠然と危機を乗り越える胆力を持っています。

 

シャーマンキングになってかなえたい夢は『楽に生きられる世界』を作ること。

 

持霊は600年前の侍の霊・阿弥陀丸で、彼が生前使っていた阿弥陀流剣術を駆使して戦います。

阿弥陀丸(あみだまる)

600年前に『鬼人』と恐れられた侍。

 

現在はふんばりヶ丘で地縛霊となっていたところを、葉の説得で彼の持霊となりました。

 

生前は親友の刀鍛冶の喪助が打った刀『春雨』を愛刀としていましたが、必要とあらば階段の手すりで金属製の貯水タンクを切り裂くことも可能です。

小山田まん太(おやまだ まんた)

葉の親友で世界的なエネルギー開発企業・小山田カンパニーの御曹司。

 

葉に触発されて幽霊が見えるようになります。

 

シャーマンではないので荒事の役には立ちませんが、ユルい葉や現代の常識を知らない阿弥陀丸などの天然ボケに鋭いツッコミを入れてくれます。

 

身長は80センチと驚くほどに小さいですがそれは遺伝的な問題で、嫁いできた母を除いて家族は全員同じような身長です。

恐山アンナ(きょうやま あんな)

本作のヒロインで麻倉葉の許嫁。死人の霊を口寄せするイタコです。

 

見た目はクールかつミステリアスな印象の美少女ではあるのですが、性格は傍若無人で誰に対しても基本的には暴力的です。

 

『シャーマンファイト』で葉をシャーマンキングにして、自分はそのファーストレディーになることを目標にしています。

 

葉をシャーマンキングにするために普段から厳しく接しているものの、彼のことを心の底から愛しており、葉が死にかけた時には年相応に涙を流す場面もあります。

ハオ

葉と瓜二つな顔をした少年。

 

その正体はかつて人類を滅ぼしシャーマンだけの世界である『シャーマンキングダム』を作ろうとした麻倉家の始祖、大陰陽師・麻倉葉王(あさくら はお)。

 

陰陽道を極めたことで自らの輪廻転生すらも自由に操れるようになり、幾度となく転生を繰り返してシャーマンキングにならんと画策する超人です。

 

一見穏やかだが実際は冷酷かつ非道な性格で他者を見下す傾向が強い人物でもあります。

道 蓮(たお れん)

中国出身のシャーマンで感情に合わせて伸びるトンガリ髪がトレードマーク。

 

1800年もの間、中国の歴史の陰で暗躍を続けているシャーマンの名家『道家』の出身です。

 

プライドが高く短気で意地っ張りですが、葉との交流の中でどんな状況でも迷わない強い心を手に入れ成長、『憎しみのない世界』を作るためにシャーマンキングを目指します。

 

まん太ほどではないが低身長で、風呂上りには毎回3本のビン牛乳を飲んでいます。

 

持霊は道家につかえる武将の霊・馬孫です。

馬孫(ばそん)

1800年前の生前から死後の現在、幽霊になってもなお道家に仕え続ける武将です。

 

葉たちと出会った当初は蓮の命令に従う、無口な男でありましたが本来は喜怒哀楽の激しい性格をしており、蓮の成長や苦境に一喜一憂しています。

 

生前は騎馬隊長をしており、同じく霊となっている愛馬の黒桃(こくとー)と連携することで、かつて戦場で無敵とうたわれたその力を最大まで引き出すことができます。

 

『シャーマンキング』アニメ化情報!

 

『シャーマンキング』は今までに2回、2001年と2021年にアニメ化しています。

 

2001年版は原作がまだ終了していなかったこともあり、後半からはアニメオリジナルストーリーで物語が進んでいきました。

 

2021年版は原作の終了、及びその続きを描いた完全版の発売後のアニメ化です。

 

主人公の麻倉葉を含めた数人の担当声優さんがやむを得ない事情で変更になったものの、初めて完結までのすべてが忠実にアニメ化されるということで当時話題になりました。

 

また、アニメの最終回にて放映日は未定なものの続編の決定が告知されたのも記憶に新しいです。

 

『シャーマンキング』の作者・武井宏之とは?

武井宏之は1972年生まれで青森県東津軽郡の出身。

 

代表作はデビュー作の『仏ゾーン』や『重機人間ユンボル』などです。

 

様々な角度から描かれた日本らしさ(シャーマンキングは侍やイタコ、仏ゾーンなら仏教など)に加えメカやロボットなどの細かい作画が魅力的である一方、ストーリーでは一概には割り切れない善悪の戦いや宗教的要素を多数盛り込むことに定評があります。

 

キャラクターのデザインセンスには同業の漫画家からも定評があり、アシスタントをしていた和月伸宏先生の漫画『るろうに剣心』や『武装錬金』には武井先生のアイデアが採用されていました。

 

『シャーマンキング』も元々は週刊少年ジャンプで連載していたものの、長期連載の末にアンケートの低迷に悩み打ち切りという形で一度終了しています。

 

しかし、武井先生本人はこの決定に不本意であり打ち切りの最終回の最後のコマには未完を意味するみかんが描かれていました。

 

しかしその後も人気は続き、2008年には本来描かれるはずだった最終回までを書き下ろした完全版(全27巻)が刊行されました。

 

その後は『ジャンプ改』で続編となる『シャーマンキングFLOWERS』、『ウルトラジャンプ』で『ユンボル -JUMBOR-』を連載していたもののどちらも中断。

 

2015年『機巧童子ULTIMO』の完結以降に集英社から作品が出ることはなくなり、2017年に『シャーマンキング』の出版元が講談社になったことによって、以降は『少年マガジンエッジ』などで漫画を連載しています。

 

ちなみにみかんと未完をかけたシャレは本人もネタにしていて、ファンから20キロものみかんがおくられてきたこともあったそうです。

 

漫画アニメ『シャーマンキング』読者の評価評判や感想は?

おすすめ記事