日本一強い総合格闘家!堀口恭司の戦績、経歴紹介!年収は?UFC復帰?UFC離脱の理由や師匠山本KID選手との関係を徹底調査!

Bellator

 

「日本人は強いんだよ」って言うのを見せたい

 

そう語り、日本を盛り上げるためUFCを離脱しRIZINへやってきた総合格闘家・堀口恭司選手の経歴や生い立ちについて紹介します。

 

MMA戦績26勝2敗という総合格闘技界では、あり得ないような好戦績を残している堀口選手。

 

なぜ彼は、そんなにも強いのか?

その強さの秘密について迫っていきたいと思います!

最強のMMAファイター堀口恭司の経歴

引用:https://twitter.com/kyoji1012

堀口恭司のプロフィール

名前堀口恭司
生年月日1990年10月12日
出身群馬県高崎市
身長165cm
階級フライ級、バンタム級
所属ジムKRAZY BEE→アメリカントップチーム
バックボーン空手
戦績 26勝2敗
主な獲得タイトル

現RIZIN世界バンタム級王者

元修斗世界バンタム級王者

堀口恭司の生い立ち、空手を始めてからMMAプロデビューまで

堀口選手は群馬県の高崎市に生まれます。

 

父が空手を習っていた影響で、

父に「空手をやらないか?」と誘われ「そんなのやりたねぇ」と言ったそうですが半強制的に空手を始めさせられます

空手を始めたのは5歳です。

 

堀口選手が習っていた空手は伝統派空手という寸止めを流派とする空手です。

 

「寸止め」と言いますが、顔面を突きます。

 

ですが「打ち抜いてはいけない」というよく分からないルールなのです!(笑)

 

堀口選手がテレビ番組のジャンクスポーツに出演した時、伝統派空手について、こう語っていました。

空手の師匠(二瓶さん)からは「寸止め」は「当てて引くことだ!」と教えられました。

この発言に対して司会の浜田さんは

寸止めちゃうやん!!!

と思わずツッコみを入れていましたw

 

 

堀口選手は中学1年生の時に先に空手を始めていた兄の薦めで

「一期倶楽部」という先ほど名前のあがった師匠の二瓶さんが主催する空手道場に通うようになります。

 

驚くことに堀口選手の実家から「一期倶楽部」まで車で片道2時間かかっていたそうです。

 

子供のために、ほぼ毎日、送迎できる両親も凄いですね!汗

 

堀口選手は空手で群馬県で1位の成績だったそうですが、「一期倶楽部」では強い選手が多く、いつもボコボコにやられていたそうです。

 

その後、スポーツ推薦で栃木県の作新学院高校へ進学します。

 

全寮制で空手漬けの毎日を送っていました

 

高校2年生の時にK-1HERO‘Sで活躍していた山本KID徳郁選手に憧れ、

高校卒業と同時に上京、山本KID選手主催のジムKRAZY BEEに入門します。

 

堀口選手がKRAZY BEEを選んだ理由は、単にKID選手への憧れだけではなく、身長が小さいKID選手と自分を重ね合わせて、

 

「こういうファイトスタイルなら自分にも出来るかもしれない。」

 

と思いKRAZY BEEを選んだそうです。

ちゃんと考えてジムを選んでいたのですね。

 

ちなみに、KID選手に初めて会った時に思い切って内弟子にしてくだい!と言ったところうん、いいよーと軽い感じで弟子入りが決まったそうですw

 

この軽い感じKID選手らしくていいですよね!!!(笑)

 

その後、ジムのトレーナーと一緒に住み込み、練習を重ねます。

 

2009年にアマチュア修斗で圧倒的な強さを見せ、プロへ昇格

 

2010年にプロデビューし、プロ初勝利を収めています。

堀口恭司の修斗での実績

引用:https://twitter.com/kyoji1012

堀口選手は修斗(しゅうと)という国内の格闘技団体でプロデビューを果たします。

 

デビューから6連勝(うち5KO)と快進撃を続けますが、7戦目で上田将勝(うえだ まさかつ)選手に判定0-2で敗れ、プロ初黒星を喫してしまいます。

 

ですが、その後、3連勝し2013年には修斗フェザー級のタイトルマッチに抜擢されます。

 

当時、修斗フェザー級王者だった扇久保博正(おおぎくぼ ひろまさ)選手と対戦し、

2ラウンド、スリーパーホールドで1本勝ちを収め修斗フェザー級王者に輝きました。

 

この時、堀口選手は

『修斗は踏み台』 

と豪語し、さらなる『高み』を目指していました。

その『高み』とは世界最高峰のMMA団体UFCへの参戦です

2013年、そのチャンスが巡ってきます。

 

2013年、パンクラスの絶対王者石渡伸太郎選手と王者同士の対戦をします。

勝った方が「UFC」と契約できる可能性があると言われていた試合です。

 

王者同士の威信をかけた闘いは大激闘の末、堀口選手に軍配が上がりました

 

石渡選手も後一歩の所まで堀口選手を追い詰めますが、

最終ラウンドにパンチを連打され、TKO負けとなりました。

 

王者同士の闘いに勝った堀口選手は同年10月にUFCと契約し、

UFCデビューを飾ります。

 

堀口選手と激闘を演じた石渡選手のプロフィール紹介記事です!

石渡伸太郎の経歴、戦績紹介!怪我で休養中?ONEへ移籍?RIZIN復帰は?UFC参戦?石渡伸太郎のプロフィール紹介!

 

堀口恭司のUFCでの実績 

引用:https://twitter.com/kyoji1012

2013年からUFCに参戦。

 

世界最高峰UFCの舞台で驚異の4連勝を飾ります!

 

UFC5戦目では、UFCフライ級の絶対王者のデメトリアス・ジョンソン選手とのタイトル戦に抜擢されます。

嫁がセクシーすぎる!デメトリアスジョンソンの経歴、戦績紹介!堀口との再戦は?元UFC絶対王者が何故ONEに移籍したのか徹底解説!

 

UFCでは日本人選手が過去に3人タイトル戦に挑戦しているのですが、今まで誰もチャンピオンになったことがありません。

 

そのため、堀口選手の日本人初のUFCベルト奪取に期待がかかっていました。

 

ですが、当時の堀口選手では総合的にデメトリアス・ジョンソン選手に劣っており、最終ラウンドの残り1秒で腕ひしぎ十字固めを極められてしまい、UFC初黒星を喫してしまいました。

 

王者獲得は出来ませんでした

 

敗戦後、3試合行い、

3戦とも判定勝利を収めています。

 

その後、RIZINへ電撃移籍を果たします。

UFC戦績は驚異の7勝1敗です。

UFCでこのような好成績を収めたのは堀口恭司選手のみです。

UFC離脱の理由 空手の師匠・二瓶弘宇さんとの関係

 

引用:https://twitter.com/kyoji1012

堀口選手のUFC離脱の理由について元マネージャーの石井さんが語った事を要約すると

 

提示されたファイトマネーが同級の他のファイターと比べて低かった。

ファイトマネーが低い理由は、

  1. 知名度が低い
  2. 英語ができない

知名度が低い=日本人ファンの集客が見込めない。

英語ができない=格闘技を盛り上げるトークができない。グローバルに売り出しずらい。

というものでした。

 

UFC側からするといくら強くても、お金にならない選手はいらない

という事だったのでしょう。

 

UFC側から「契約更新するにあたり、いくら欲しいんだ?」

と石井さんにメールで連絡があり

石井さんが欲しい金額を書いてメールを返信したところ

「ふざけるな!」と返信が返って来たそうです。汗

 

妥当な金額を提示したそうですが、受け入れてはくれなかったそうです。

 

さらに試合がなかなか組まれないことも相まって、堀口選手はUFCを離脱することを決めます。

 

すぐにRIZIN代表の榊原さんのオファーがあり、オファーを承諾。

 

日本で活躍することによって知名度を上げ尚且つ日本の格闘技界を盛り上げる事を決心し堀口選手はRIZINへ移籍します。

 

また堀口選手がUFCを離れ、日本で戦う事を決意した理由はもう一つあります。

ガンで闘病中である空手の師匠・二瓶さんや、いつも応援してくれている方々に「自分の試合を近くで見せたいという理由です。

 

誰にも相談せずにRIZINで戦う事を決めました。

 

師匠の二瓶さんからは、「なんでRIZIN?ジョンソン倒さんかい!」

と怒られたそうです。

 

ですが、堀口選手が2017年のRIZINバンタム級グランプリで優勝した後、

闘病中の二瓶さんの元へ挨拶に行った際、泣くところを一切、見せた事のない二瓶さんが

俺の誇りだ。

と堀口選手に泣きながら言ったそうです。

 

それを聞いた堀口選手は

日本に帰ってきて良かった。RIZINで戦えて良かった。

と思ったそうです。

2018年、堀口選手の師匠・二瓶さんは癌でお亡くなりになりました。

 

RIZINでの実績 RIZIN初代バンタム級王者になるまで

引用:https://twitter.com/kyoji1012

ここから堀口選手は一気に知名度人気をあげていきます

 

2017年4月にRIZIN初出場を果たすと、

日本軽量級のエース元谷友貴選手と対戦。

 

KOとまではいかなかったものの、終始圧倒しフルマークの判定勝利。

 

同年、RIZINは堀口選手を主軸としたRIZINバンタム級グランプリを開催。

 

初戦の相手はベテラン所英男選手。

 

所選手に何もさせずに圧巻のKO勝利を飾ります。

 

そこから2回戦、準決勝と、それぞれKOと1本で勝ち決勝へ進みます。

 

決勝の相手は過去、熱戦を繰り広げ勝利している石渡伸太郎選手。

 

4年半越しのリベンジに燃える石渡選手でしたが、堀口選手のストレートパンチからのパウンドで失神KO負け。

 

堀口選手がRIZINバンタム級グランプリを制覇しました

 

石渡選手は、この堀口戦後、

堀口選手と闘ったことすら覚えていない部分的な記憶喪失になっていました。

 

2~3日の間、入院していた時にその時の記憶が蘇ったそうです。

むちゃくちゃ恐ろしいですね 😥 汗

 

このグランプリで優勝した事により、堀口選手の実力が世間に証明され、

RIZINの『ニュースター』となります!

 

2018年5月のRIZIN.10では、堀口選手がUFCで敗れたデメトリアス・ジョンソン選手と引き分けた事のある実力者、イアン・マッコール選手と対戦します。

 

苦戦を強いられると思われたのですが、

なんと衝撃の9秒でKO勝ち!!!

 

イアン・マッコール選手が不用意に突っ込んで来たところに左フックを合わせました。

 

試合後、堀口選手はキックボクシングのスーパースター那須川天心選手に対戦を要求します!

那須川くん、やろうよ!

 

総合格闘家である堀口選手がキックボクサーの那須川選手にキックボクシングでの対戦を要求しました。

 

総合格闘家は全部があって総合。ジャンルごと破壊しなきゃダメかな。

 

この対戦が2018年9月に実現することになります。

引用:https://twitter.com/kyoji1012

ファンの間では、かなり望まれていた試合だけに当日の来場者数はRIZIN過去最多である2万7千人を記録しました。(さいたまスーパーアリーナが超満員)

 

魔裟斗VS山本KIDを彷彿とさせ、世紀の1戦と銘打たれた闘いでした。

 

試合結果は、那須川選手の判定勝利

相手の土俵で闘い総合格闘家の強さを見せつけた堀口選手にも沢山の賞賛の声があがりました。

 

女優の川口春奈さんも

翌日のインスタで「那須川選手のせいで寝れない!」と呟くほど注目された1戦でした。

那須川選手羨ましすぎるぞぉぉぉ!!!!くそぉぉぉ!!!!(笑)

 

2018年の大晦日には、VS那須川天心以上のBIGカードが組まれます。

 

堀口恭司VSダリオン・コールドウェルです。

ダリオン・コールドウェル選手については、こちらの記事を読んでみて下さい↓

Bellator王者ダリオンコールドウェル経歴、戦績紹介!堀口恭司との再戦はベラトール?レスリング王者・コールドウェルの生い立ちも紹介!

ダリオン・コールドウェル選手について簡単に言えば他団体のメジャー総合格闘技団体の現役王者です。

対戦の概要は、コールドウェル選手のプロフィール紹介記事に詳しく記載しています↑

堀口恭司のアメリカでの過酷な住み込み生活

 

「日本の技術ではUFCチャンピオンには勝てない」

 

そう思い、デメトリアス・ジョンソン選手との敗戦後、

所属ジムをアメリカの名門ジムATT(アメリカン・トップ・チーム)へ移籍します。

 

アメリカントップチームは150名以上のプロ選手が所属し、UFC王者を含む各団体の王者クラスの選手が所属する超名門ジムです。

※MMAジム・オブ・ザ・イヤーという格闘専門誌のファン投票に2年連続選ばれている(要するに最強ジムw)

 

堀口選手曰く、

ATTは1つのジムで様々な技術が学べる。日本では、どうしても他のジムへ柔術を習いに行ったりレスリングを習いに行ったりしなければならない。さらに選手一人一人に専属コーチが数名ついてくれる。そこがATTのいいところ。

とATTへ移籍した理由を語っています。

 

ですが、かなり精神的に厳しい環境だそうです。

 

堀口選手はジムの2階にある選手部屋で生活しています。

 

ほぼ毎日、朝、昼、夜の練習をこなし、ジムの部屋に戻る事の繰り返し

練習は好きだから続けられるそうですが、アメリカでは暇な事がとにかく辛いそうです。

 

アメリカでは車を持っていないので、ジムの近くの池で趣味の釣りをすることが息抜きだとか。

でも、アメリカの池は簡単に釣れてしまうので、やりがいがないそうですw

たまに、ジムの所属選手と買い物に行くこともあるそうですが休日は部屋でゲームをしている事が多いそうです。

 

このような誰にも頼る事の出来ない過酷な環境に4年間も身をおくストイックさ、

そして厳しい練習にも耐え続けられる忍耐力継続力

それらが、堀口選手の強さの源ではないでしょうか?

 

堀口選手の専属コーチであるマイクブラウンさんも

彼の最も素晴らしい所は練習に対する姿勢だ。ATTには世界中からトップの選手が集まるんだけど、彼の様なファイターを今まで見た事ないよ

と堀口選手の練習姿勢を賞賛しています。

堀口選手の部屋が!!堀口ホール!!(笑)

 

ちなみにアメリカでの生活は好きではないそうです!(笑)

堀口恭司のファイトマネーと年収は?!

引用:https://twitter.com/kyoji1012

最後に堀口選手のファイトマネーと年収を予想していきます!

間違いなく日本の格闘家で一番稼いでいるのが堀口恭司選手だと思います!

 

まず、UFC時代のファイトマネーを紹介します。

 

堀口選手の場合、単純なファイトマネー(勝利ボーナス含む)だけで1試合600~700万円ほどのファイトマネーがあったと思います。

※UFCはファイトマネーを公開しています。

 

堀口選手のUFC離脱の理由は同級のランキングが近い選手と比べ堀口選手のファイトマネーが低いことが原因で離脱しています。

そのため、

RIZINと契約した際には、それよりも高いファイトマネーで契約をしているはずです。

 

ここからは、私の予想ですが1試合800万円~1000万円程度の契約だったと予想します。

 

2017年にはRIZINで5試合行っており、単純なファイトマネーだけで4000万円から5000万円はあると予想します。

 

さらにRIZINバンタム級グランプリで優勝し賞金の1500万円もあることから5500万円6500万円もの大金を稼ぎ出していると計算しました!

 

さらにReebokHALEOJOYSOUNDと言った名だたる有名企業がスポンサーについています。

それらも加味すると、、、1億円?!

は、なさそうですね 😥 

 

ですが、2018年は1億円を突破したと予想します!

 

那須川天心選手との世紀の1戦。

ベラトール王者との奇跡の対戦。

 

名実ともに成長した堀口選手には多くのスポンサーもついています。

 

テレビ出演やイベント出演なども合わせると年収1億円はあるのではないかと予想します!!!

 

めっちゃ夢がある職業ですね!!

※ジムへ渡すお金や税金もあると思うので手取りはもっと少ないと思います。

※あくまで、予想です!!!

まとめ

いま、最も世界で戦える総合格闘家・堀口恭司選手のプロフィールでした。

 

2019年、格闘技ブームは始まったばかりです。

 

その格闘技ブームで先頭を走り続けているのが堀口恭司選手です。

 

多くの人が言います「日本人はスポーツで他の国に勝てない」

「日本人格闘家は世界に通用しない」

ですが、堀口選手が

日本人は強いんだよと勝ち続けて証明してくれています。

そんな堀口恭司選手をもっと皆さんに知ってほしいと思い、堀口選手のプロフィールを書かせて頂きました。

長くなりましたが以上です!最後まで読んで頂いた方ありがとうございました!